このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チンゲン菜ともやしで簡単料理!副菜からスープまで自由自在!

チンゲン菜ともやしで簡単料理!副菜からスープまで自由自在!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年1月20日

チンゲン菜ともやしは、スーパーなどで手に入りやすい食材である。だからこそ、いろいろなレシピを覚えれば、料理のバリエーションを増やすことができるだろう。それではもやしとチンゲン菜を使ったレシピとは一体どんなものがあるのだろうか。ここではナムルやおひたし、炒め物、スープに分けて紹介していこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チンゲン菜ともやしのナムルやおひたし

仕事が忙しいときなどに、帰ってから手の込んだつまみを作って酒を飲むというのは大変だ。しかしチンゲン菜ともやしのナムルのように、手軽に作れるものなら作ってみようと思えるときもあるだろう。そこで酒のつまみにもなる、チンゲン菜&もやしのナムルの基本的な作り方を紹介していこう。

基本的なナムルやおひたし

チンゲン菜ともやしを、まずは鍋で茹でる。火が通ったら水気をよくきろう。ボウルにおろしにんにく、鶏ガラスープ、ゴマ油、醤油などを混ぜ、チンゲン菜ともやしを入れてよく絡める。まんべんなくなじんだら完成だ。おひたしの味を和風にしたい場合は、カツオ出汁などを合わせるとよいだろう。

中華風ナムル

チンゲン菜ともやしを使ったナムルを、少し中華風にしたい人にはラー油がおすすめ。ピリッと辛いアクセントが入り、少し大人向けになる。

チンゲン菜&もやしと錦糸卵のナムル

もやしとチンゲン菜を電子レンジで加熱し、粗熱をとったところで錦糸卵を入れる。ゴマ油と鶏ガラスープの素、醤油、酢、砂糖を合わせた調味料で味付け。彩りの豊かなナムルの完成だ。

2. チンゲン菜ともやしのシャキシャキ炒め

チンゲン菜ともやしを使う場合は、2種の歯ごたえがたまらない。そのシャキシャキ感を楽しみたいときには、炒め物を作るのがおすすめだ。ここではチンゲン菜ともやしを使った、炒め物レシピをまとめていこう。

卵と豚肉のシャキシャキ炒め

チンゲン菜ともやしは、豚肉や卵と相性がよい。合わせ調味料にはオイスターソース、中華出汁などを使って混ぜておく。スクランブルエッグを作ったらフライパンから一度取り出しておき、次に同じフライパンで豚肉とチンゲン菜、もやしを炒める。スクランブルエッグを戻して調味料になじませたらできあがり。

もやしとチンゲン菜炒め

チンゲン菜ともやしを使い、さらにしめじを使った炒め物。フライパンでニンニクと唐辛子を入れて炒め、そこにチンゲン菜としめじ、もやしを入れよう。酒、鶏ガラスープの素などで味を調えるだけで簡単だ。

3. チンゲン菜ともやしのスープ

チンゲン菜は炒めるだけではなく、スープとしても美味しい。とくにもやしのように歯ごたえがある野菜と一緒に食べたい。ここでは、チンゲン菜ともやしを使ったスープの作り方を紹介。明日には思わず家族にふるまいたくなるような、チンゲン菜ともやしのスープなので参考にしてほしい。

シンプルなチンゲン菜&もやしスープ

チンゲン菜ともやしを使ったスープを作るには、おそらく最もポピュラーでシンプルな作り方がこれだ。鍋の水を沸騰させ、カットしたチンゲン菜ともやしを入れて煮立たせる。味付けは鶏ガラスープの素で、塩、コショウで調整したい。片栗粉でトロミを付けると、子どもも大好きなスープに仕上がるだろう。

卵をプラスしたチンゲン菜&もやしスープ

よりふんわりとしたスープにしたいときは、シンプルなスープのレシピに卵を入れよう。最後に溶いた卵を回し入れることで、卵の風味を楽しめる。

中華風にしたいチンゲン菜&もやし

より中華風にしたい場合は、上にゴマ油をかけるのがよい。一緒に出す料理に合わせて、味付けなどを変えてもよいだろう。

結論

ここではチンゲン菜ともやしを使った、ナムルやおひたし、炒め物、そしてスープなどの作り方を紹介してきた。チンゲン菜ともやしは歯ごたえがあり、食感を楽しみたい人にはもってこいだ。そのためにシンプルで美味しいレシピを探し、素材そのものを味わってみるのもいいかもしれない。ぜひ、休日に家族と作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月20日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ