このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チンゲン菜とエビは万能コンビ!炒め物から作り置きやスープにも挑戦

チンゲン菜とエビは万能コンビ!炒め物から作り置きやスープにも挑戦

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年1月21日

チンゲン菜を使った料理を作りたいが、そこにエビも一緒に合わせたら海鮮の味わいも楽しめる。しかしチンゲン菜とエビの料理には、どんな種類があるのかを知らない人も多い。ここではチンゲン菜とエビを使った炒め物やアレンジ法、作り置きおかずなど、いろいろなレシピや料理を紹介していこう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チンゲン菜とエビ炒めの作り方

チンゲン菜だけを炒めるのは少し物足りないという人は、エビを使ってボリュームを出すのはいかがだろうか。しかしどんな味付けにするのかは悩むところ。ここではチンゲン菜とエビの炒めで定番の作り方とアレンジ味付けレシピを紹介したい。

定番の中華風炒め物

チンゲン菜とエビを使ったら、中華風の料理にするととても合う。下味付け用の袋を用意し、そこでむきエビに片栗粉と塩などをふり、少しだけサラダ油を入れてもみ込む。フライパンで千切りにした生姜を炒めたら、そこにチンゲン菜とエビを入れて炒め、鶏がらスープで味付けをしたら完成だ。

マヨネーズ味の炒め

エビはマヨネーズとも相性バツグンだ。フライパンで炒める際にニンニクを最初に炒め、チンゲン菜とエビをマヨネーズで炒めて塩、コショウで味付けをしたらできあがり。

味噌味の炒め

少しコクを出したい人には味噌を使うのもおすすめ。作り方はほかの炒め物と変わらず、最後にチンゲン菜とエビに田楽味噌を混ぜるだけの簡単さが嬉しい。

2. チンゲン菜とエビ炒めに豆腐や肉をイン!

エビ、チンゲン菜などで炒め物を作るのに、あと一品何かを足したいという場合はどんな食材が合うのだろうか。ここでは炒め物のアレンジをしたい人の参考になるように、チンゲン菜とエビに合うものを紹介していこう。

エビ+チンゲン菜+豆腐

使いやすいのが木綿豆腐だ。エビだけではなく、シーフードミックスを使い手軽で具沢山の炒め物を作ろう。チンゲン菜やニンジンを合わせて、鶏ガラスープの素でシンプルに味付けをするのがおすすめだ。

エビ+チンゲン菜+ホタテ

より海鮮のボリューム感を出したいときには、ベビーホタテを使おう。しいたけなども合わせ、中華出汁、バター、醤油で味付けをして、しっかりコクのある風味を出したい。

エビ+チンゲン菜+トマト

彩りを考えたいときには、トマトを選ぶとキレイに仕上がる。エビ、チンゲン菜、トマトの順番に炒めていき、鶏ガラスープの素、醤油で味付けをする。卵も一緒に加えるとより
鮮やかさが際立つだろう。

エビ+チンゲン菜+もやし

スーパーなどで手に入りやすいもやしは、ボリュームアップをするのにも使える。シャキシャキとした歯ごたえを楽しみたい人にもおすすめだ。

エビ+チンゲン菜+豚肉

子どもにも嬉しい豚肉は、鶏がらスープの素とオイスターソースで味付けをしたい。おかずとして白いごはんともぴったりだ。

3. チンゲン菜とエビの作り置きおかず

チンゲン菜、エビを使った料理をせっかく作るのなら、作り置きにできたら便利だ。ここでは弁当にもできる、作り置きおかずを紹介していこう。

桜エビ&チンゲン菜の炒め

フライパンでチンゲン菜とニンジンを炒め、オイスターソースをメインにした合わせ調味料で炒め、最後に桜エビを入れたらできあがり。彩りもキレイなので、弁当にも最適である。

簡単炒めで本格的中華

最初にフライパンにニンニクや生姜を入れ香りを出し、次にエビ、しめじを入れて炒めよう。チンゲン菜を入れたらオイスターソース、鶏がらスープの素で作った調味料で炒める。チンゲン菜のシャキシャキ食感を楽しめるおかずだ。

チンゲン菜&エビのナムル

酒のつまみとしても、作り置きをしておくと便利なのがナムル。チンゲン菜は電子レンジで加熱し、水に浸したらよく絞って水気をきる。鶏がらスープの素や白ゴマなどと、エビを合わせるだけの手軽な料理だ。

4. チンゲン菜とエビの料理いろいろ

チンゲン菜、エビを使うと、炒め物や煮物以外にもたくさんレシピがある。いつも同じ物ばかりになってしまうという人は、ぜひ参考にしてほしい。ここではアレンジした料理を紹介していこう。

エビ+チンゲン菜のクリーム煮

もてなし料理としておすすめなのが、オシャレなクリーム煮だ。難しいと思いがちだが、実はクリーム煮は簡単に作れるのが魅力である。エビとチンゲン菜を炒めたら、オイスターソースや鶏がらスープの素などで味付けをし、牛乳を入れていく。煮立ったら水溶き片栗粉でトロミを付けて完成だ。

エビ+チンゲン菜でスープ

チンゲン菜とエビ、えのきを鍋に入れた出汁で加熱し、オイスターソースなどで味付けをするだけ。何か一品足したいというときには、スープが手軽でおすすめである。

エビ+チンゲン菜であんかけ丼

休日の昼などにもぴったりのボリュームメニューは、エビとチンゲン菜で作ったあんかけ丼はいかがだろうか。最初にエビとしいたけを炒め、チンゲン菜を入れたらオイスターソース、鶏がらスープの素などで味付けをしていく。片栗粉であんかけにしたら、白いごはんにかけてできあがり。

結論

ここではチンゲン菜、エビを使った料理を定番の炒めからアレンジ、さらにはつまみや弁当にできる作り置きなども含めて紹介してきた。中華風や和風など、いろいろな料理に挑戦できるチンゲン菜とエビは、その日の気分でクリーム煮などのもてなし料理を作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月21日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ