このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シーフードミックスでスープを作れば旨味凝縮!おすすめレシピを紹介

シーフードミックスでスープを作れば旨味凝縮!おすすめレシピを紹介

投稿者:ライター 加藤展子(かとうのぶこ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年1月26日

スープにシーフードミックスを入れれば、手軽にタンパク質を摂取できるだけでなく、魚介の旨味とコクで格段に美味しくなる。冷凍庫にストックしておけば、いつでも好きなときに使え、解凍するだけで手軽に調理できるのもメリットだ。ここでは、シーフードミックスを使ったスープのレシピを和風、洋風、中華風と厳選して紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シーフードミックスで作る贅沢チャウダースープ

シーフードミックスを入れるだけでいつものチャウダースープが贅沢な一品に変化する。
まず、シーフードミックスはザルに入れて、流水で素早く洗い流し解凍しておく。次にジャガイモやニンジンなどの好きな野菜を1cm角に切っておこう。玉ねぎは繊維方向に垂直に1cm幅に切るとよい。耐熱容器に切った野菜を入れ、オリーブオイルを回しかけて、ラップをして600Wの電子レンジで約5分加熱する。
鍋に電子レンジで加熱した野菜と水、コンソメを適量入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら解凍しておいたシーフードミックスを加え、さらに煮立たせよう。シーフードミックスで作るチャウダースープでは牛乳または豆乳が味の決め手だ。煮立った鍋に牛乳や豆乳を入れたあとは、沸騰させないよう弱火で温め、器に盛りつける。パセリや粗挽き黒コショウ、粉チーズなどをふれば、チャウダースープの完成だ。

2. メインになる!シーフードミックスで作る具沢山ポトフ

シーフードミックスを使ったスープでメインにもなる、コンソメを使ったポトフの作り方を紹介しよう。まず、ジャガイモやニンジン、カブなど好きな野菜を食べやすい大きさに切る。次に鍋にバターを溶かして、みじん切りにしたニンニクを入れ加熱し、香りが立ったら解凍したシーフードミックスを入れ炒める。白ワインを加えて、鍋にふたをして1分たったら中の具材を取り出しておく。
鍋に食べやすい大きさに切った野菜を入れ、水とコンソメを加えて弱火で約15分煮て、取り出したシーフードミックスが入った具材を戻し入れる。温めて器に盛ったら具沢山なポトフスープのできあがりだ。ポトフはシーフードミックスや野菜の旨味を存分に味わえるスープといえるだろう。

3. シーフードミックスで手軽に作れるブイヤベース風スープ

シーフードミックスで作るブイヤベース風スープなら、トマト缶で手軽に作れて来客時のおもてなしとしても喜ばれるだろう。セロリと玉ねぎを千切りに、ジャガイモは食べやすい大きさに切っておく。鍋にオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れ、香りが立つまで弱火で加熱したら、セロリと玉ねぎを加えてしんなりするまで炒める。
白ワインと裏ごししたトマト缶、水、ジャガイモ、ブイヨン、ローリエ、サフランを入れて中火で約5分煮込み、解凍したシーフードミックスを加えよう。スープが煮立ってから、さらに2~3分ほど煮込み、塩コショウして器に盛りつける。シーフードミックスで作ったブイヤベース風スープが余ったら、パスタを入れても美味しいだろう。

4. シーフードミックスで旨味の詰まったとろとろ中華風スープ

シーフードミックスを使ったスープは中華風にしても手軽にできて美味しい。鍋に、スープの材料となる、鶏ガラスープの素と醤油、片栗粉、水、さらに千切りにしたニンジンを入れ、混ぜながら強火で煮立たせる。ひと口大になるよう手でちぎった豆腐と解凍したシーフードミックスを入れ、さらに混ぜながら煮立たせよう。
シーフードミックスなど具材に火が通ったら、ひと口大にちぎったレタスとごま油を加え、軽く混ぜたら火を止める。レタスの食感を残すため、あまり火を通し過ぎないのがコツだ。塩コショウし、器にスープを盛りつければ完成する。豚肉や白菜、ニラなどの野菜を加えても美味しいだろう。春雨を加えれば、比較的低カロリーでありながらも、満足度がアップするため小腹がすいたときなどにもおすすめだ。

結論

シーフードミックスを使ったスープは人気があり、レシピサイトでもバリエーション豊富に掲載されている。紹介したレシピも参考にいつもの献立にプラスしてみよう。スープにすれば野菜もたっぷり摂取でき、和風、洋風、中華風と味に違いをつければ、飽きることなく楽しめるだろう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月26日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ