このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ししゃも寿司が食べられる店を紹介!人気店は北海道にあり?

ししゃも寿司が食べられる店を紹介!人気店は北海道にあり?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年1月24日

皆さんはししゃも寿司という食べ物をご存知だろうか。北海道の札幌・日高・広尾でも味わえる店があるししゃも寿司。焼いたり揚げたりして食べることの多いししゃもだが、東京では刺身として提供されている飲食店もある。今回はししゃも寿司が食べられる時期や、ししゃも寿司がどこで味わえるのか、ししゃも寿司に使用する本ししゃもの特徴について紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ししゃも寿司が食べられる時期っていつ?

最初に、ししゃも寿司が楽しめる時期を解説しよう。北海道といえばカニやいくら、ジンギスカン、とうもろこし、味噌ラーメンなど、さまざまなグルメを堪能できる場所だ。しかし、10~11月にかけての時期のみに味わえるのが、ししゃも寿司だ。使用される本ししゃもが獲れるのは広い北海道でも一部の太平洋沿岸で、時期は10~11月中旬にかけてである。
ししゃも寿司の特徴は、見た目がほんのりと桃色に輝いており、身がすき通るように美しいこと。さまざまなメディアでも紹介されており、食べた人の感想をチェックしてみると、ものすごく美味しい、旨いといった声があり、なかには生まれてきてよかったという声もあるほどだ。
食べ方は山椒塩を少し付けると美味しいという。ししゃもそのものの価格は多少変動があるようだが、セリで決まるらしい。ししゃも寿司を食べるためだけに遠方から出かける人もいるようだが、新型コロナウイルスの影響を受けた2020年は提供を控える店もあった。

2. ししゃも寿司が有名なのはむかわ町!

先述したように、ししゃも寿司に使用する本ししゃもが獲れるのは北海道だ。では、ししゃも寿司を食べられる場所は、限られているのだろうか。ししゃも寿司はししゃもの町として知られる北海道勇払郡むかわ町の名物だ。本ししゃもは太平洋沿岸でしか捕れない貴重な魚で、希少価値が高いことで知られている。

カネダイ大野商店「ししゃも寿司」

ししゃも寿司が提供されている店舗で有名なのが、北海道勇払郡むかわ町にあるカネダイ大野商店だ。ししゃもが獲れる時期には店内が混み合うらしい。狭い店内では密になりやすいので、2020年は新型コロナウイルスの影響もあり、ししゃも寿司の提供を中止されたようだ。

3. ししゃも寿司の本ししゃもってどんな魚?

先に紹介したように、ししゃも寿司に使用するのは北海道の太平洋沿岸のみに生息する本ししゃもだ。サケ目・キュウリウオ科・シシャモ属の魚で魚体が大きく、水揚げされる量はごくわずか。体長は12~18cmで、脂ビレをもっており、腹側は銀白色で背中は暗黄色だ。うろこははっきりしており大きい。口は大きく目の真下から後方まである。
スーパーの鮮魚コーナーで販売されているししゃもは、ししゃも寿司に使用する本ししゃもの代用魚で、カペリンやカラフトししゃもという名前だ。本ししゃもとは見た目も市場での価格も大きく異なり、それなりの味をリーズナブルな価格で味わえるのが特徴のひとつ。しかし、ししゃも寿司に使用する本ししゃもの味にはほど遠く、風味と食感は全く異なるという。割合でいうと市場の子持ちししゃもの9割以上がカペリンだ。ししゃもの子としてスーパーの鮮魚コーナーに並ぶ魚卵は、多くがカペリンの子だという。

結論

北海道グルメのひとつである、ししゃも寿司について解説した。紹介したようにスーパーの鮮魚コーナーで販売されているししゃもは、実はししゃもではないのだ。本ししゃもと比較してみると、見た目も味も異なる。いつか機会があれば、本ししゃもとカペリン、カラフトししゃもを食べ比べてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月24日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ