このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ししゃもに合う献立を紹介!見た目のバランスや違う食感がポイント

ししゃもに合う献立を紹介!見た目のバランスや違う食感がポイント

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年1月15日

今回紹介するのは、ししゃもに合う献立だ。シンプルな塩焼きや漬けダレにひたす南蛮漬け、唐揚げ、フリッター、天ぷらなど、さまざまな料理で楽しめるししゃも。朝ごはんや夕飯の定番メニューという家庭もあるだろう。学校給食のメニューでもある、ししゃも料理に合う献立とは?

  

1. ししゃもがメインの献立!おすすめししゃも料理

シンプルな焼きししゃもをはじめ、南蛮漬けや唐揚げ、フリッター、天ぷら、磯辺揚げ、春巻き、みぞれ煮、チーズ焼きなど、さまざまな調理方法で楽しめるししゃも。献立の主菜にしても副菜にしても美味しく味わえる一品だ。では献立のメインにふさわしい、ししゃも料理はどのようなものがあるだろう。

献立の主菜におすすめのししゃも料理のひとつが、野菜も魚も味わえるボリューミーな南蛮漬けだ。またサクサクとした食感の衣が特徴のししゃもフライも食べごたえがあり、おすすめしたいメイン料理のひとつ。子どものいる家庭におすすめのししゃも料理が、衣がふわふわとして食べやすいフリッターだ。

おかずとして食べることの多いししゃもだが、大葉やみょうがと一緒に混ぜて和風チャーハンにしても美味しい。またししゃもをまるごと大葉と春巻きの皮で巻いて揚げ、メイン料理にするのもありだ。

2. ししゃもに合う献立!副菜

次に献立のメインがししゃも料理のときに、合う副菜をいくつか紹介しよう。ししゃも料理の献立には、肉じゃがを合わせるのがおすすめだ。メインにもなる肉じゃがだが、副菜として食べてもOK。副菜としては食べごたえがあるので、とくにシンプルな塩焼きと合わせるのにおすすめだ。

献立の中心になるししゃもとは違う食感を楽しめる、きのこ料理を副菜にするのもおすすめだ。ただし塩焼きやししゃもフライと合わせると色が地味になりがちなので、汁物やサラダで見た目のバランスをとるように。

副菜で色のバランスをとるなら、キャベツとベーコンの炒め物や、ほうれん草とミニトマトのサラダ、青のりをまぶしたさつまいもとじゃこのかき揚げ、オクラとにんじんの肉巻きを合わせるのがおすすめだ。献立を立てるときは、色のバランスや違う食感を楽しめること、足りない栄養を補えることを考えるとよい。

3. ししゃもに合う献立!汁物

最後に献立のメインがししゃも料理のときに、合う汁物をいくつか紹介しよう。献立のメインがししゃも料理のときには具だくさんの豚汁が合う。ししゃも料理では摂れない豚肉やこんにゃく、れんこん、青ねぎ、豆腐のような食べ物を入れて作るとよい。

献立のメインがししゃも料理のときに、合う汁物のひとつがオクラとわかめのかき卵汁だ。やさしい味の汁物で見た目のバランスもよく、オクラの食感を楽しめるのもおすすめの理由のひとつだ。

献立のメインがししゃものフライや南蛮漬けのように少し調理時間がかかるときは、簡単に作れるわかめスープをおすすめしたい。フリッターのように洋風で味わうときは汁物も、玉ねぎとにんじんのコンソメスープのような洋風がおすすめだ。

結論

揚げ物だけでもさまざまなレシピがある、ししゃも料理におすすめの献立を紹介した。復習になるが、献立を合わせるときのポイントは、色のバランスを考えたり違う食感を楽しめるものを合わせたりするほか、足りない栄養を補えることを考えるとよい。いろいろな献立の組み合わせを試して、ししゃもを美味しく味わってもらいたい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年1月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ