このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ししゃもをフライパンで焼く方法!キレイに焼くコツなども解説!

ししゃもをフライパンで焼く方法!キレイに焼くコツなども解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

2021年4月 8日

ジューシーな食感と強いうま味が特徴の「ししゃも」。スーパーや魚屋で売られていることが多く、おかずの定番の一つといえるだろう。そんなししゃもは魚焼きグリルを使わなくても、フライパンだけで上手に焼くことができる。今回は、ししゃもをフライパンで上手に焼く方法を紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ししゃもをフライパンで焼く方法

まずは、ししゃもをフライパンで焼く基本的なやり方を確認しておこう。ししゃもをフライパンで焼くときには、サラダ油を用意しておくとよい。そして、以下のようにして両面をこんがりと焼いていこう。

ししゃもの基本的な焼き方

  • フライパンに油をひき、火にかけておく
  • フライパンが温まったら、キッチンペーパーを使って油を伸ばす
  • 火を一旦止めてから、フライパンにししゃもを並べる
  • フタをしてから、弱火~中火程度で3分程度加熱する
  • 上下を裏返してから、フタをして弱火~中火でもう3分加熱する
  • ししゃもの両面にキレイな焼き色が付いたら完成である

2. ししゃもをフライパンで焼くときのコツ4つ

ししゃもをフライパンで焼く方法は前述のとおりだが、このやり方を試しても焦げたり、皮がくっついたり、身が崩れたりして失敗してしまうこともある。そのようなときには、以下に紹介している上手に焼くためのコツを試してみよう。

コツ1.弱火~中火でじっくりと焼く

フライパンでししゃもを焼くときには、まずしっかりとフライパンを加熱しておくのがポイント。また、焼くときには弱火~中火程度の火加減で、じっくりと時間をかけるのが重要だ。焼き時間の目安は片面3分程度ではあるが、火の強さなどによっては5分程度加熱するほうがいい場合もある。

コツ2.焼いているときには動かさない

フライパンでししゃもをキレイに焼くなら、焼いている途中で動かさないのが重要である。菜箸で焼き加減を確認したり、フライパンを揺すったりすると身が崩れてしまう原因になる。そのため、一度置いたらそのまま焼くようにしよう。また、裏返すときもできる限りそっと行うようにしよう。

コツ3.魚焼きホイルなどを使う

ししゃもがくっつく恐れがある場合は、魚焼き用ホイル・フライパン用ホイルシートなどを使うのもおすすめだ。これらを使えばフライパンに身がくっつきにくくなり、キレイに焼き上げることが可能となる。ただし、アルミホイルは身がくっつく可能性があるので使わないようにしよう。

コツ4.冷凍ししゃもは凍ったまま焼く

冷凍ししゃもを焼くときは、解凍せずに凍ったままフライパンに並べるようにしよう。解凍させるとししゃものうま味が流出してしまう。また、身が崩れやすくなってしまう可能性もある。そのため、冷凍ししゃもを焼くときには、必ず凍った状態で焼き始めるようにしよう。

3. フライパン以外でししゃもを焼く方法

ここまではフライパンでししゃもを焼く方法について説明したが、ししゃもは魚焼きグリルやフライパン以外でも焼くことが可能だ。以下では、ホットプレートとオーブントースターそれぞれでのししゃもを焼く方法を紹介する。

その1.ホットプレート

ホットプレートでししゃもを焼く場合には、ホイルシートを敷いてからうのがおすすめ。また、手順はフライパンで焼くときとほぼ同じで、弱火~中火程度(160~170℃程度)にしてから片面ずつじっくりと焼くようにしよう。ホットプレートでは、一度にたくさん焼けるというメリットもある。

その2.オーブントースター

オーブントースターでししゃもを焼くときも、ホイルシートを使うのがおすすめだ。また、事前にトースターを予熱しておくことで美味しく仕上げられる。天板にししゃもを並べたら、220℃程度で加熱。途中でししゃもを裏返しつつ、合計で10~15分程度加熱すれば完成となる。オーブントースターの場合は、魚焼きグリルに近い仕上がりにできるというメリットがある。

4. 電子レンジでの加熱はおすすめできない

食品を温めるときには電子レンジを使うことが多いが、ししゃもの加熱にはおすすめできない。特に子持ちししゃもの場合には、卵が爆発してしまう可能性もある。そのため、ししゃもを焼くときには魚焼きグリル・フライパン・ホットプレート・トースターなどを使うようにしよう。

結論

ししゃもはフライパンでも焼くことができる。ただし、少しコツが必要になるため、ここで紹介した火加減や焼き方などを意識してみるとよいだろう。また、ししゃもはホットプレートやオーブントースターでも焼くことが可能だ。家にある調理器具でししゃもを美味しく焼くようにしよう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年1月17日

  • 更新日:

    2021年4月 8日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ