このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ししゃもの旬を紹介!獲れるのは北海道の太平洋沿岸の一部のみ?

ししゃもの旬を紹介!獲れるのは北海道の太平洋沿岸の一部のみ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年1月29日

今回は北海道を代表する秋の味覚のひとつである、ししゃもの旬の時期を紹介する。むかわ町では貴重な食べ物として、古くから地元で食べられてきたししゃも。後に加工業者が、干しししゃもを販売するようになったため、全国に流通するようになったという。では北海道産のししゃもの旬の時期はいつなのだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ししゃもの旬の時期っていつ頃?

最初にししゃもの旬の時期について解説しよう。むかわ町の町魚であるししゃも。世界中でも北海道の太平洋沿岸の一部のみでしか獲れない希少な魚だが、なぜここだけに生息するかは謎だという。意外と知られていないが、ししゃもは鮭と同じように春に川で生まれて幼魚のうちに川を下り、海で成長して翌年の秋に産卵のために生まれた川に遡上する。その姿は、北海道の9つの川で確認されている。すなわち、ししゃもの旬の時期は、あごまで卵を満たした大きな腹になる産卵の頃だ。
この時期に卵を持つメスのししゃもを子持ちししゃもと呼ぶ。ししゃもの代用品として北大西洋や北太平洋で獲れるカラフトししゃもの干物が市場に流通している。しかし、ししゃもと比較すると瞳孔が大きく、うろこが小さいので、別物だと簡単にわかるだろう。
ししゃもの本来の旬は秋だ。しかし、干物になっているものが多く、冷凍保存可能なので1年を通して出まわっている。ししゃものみならず食材が出まわる時期は、あくまでも目安である。旬でない時期でも出まわっている食材も多くあり、地域により差があることを頭に入れておくとよいだろう。

2. 旬のししゃもを美味しく味わう!シンプルにおろしポン酢で

次に旬のししゃもを美味しく味わう料理を紹介しよう。ひとつめに紹介する旬のししゃもを美味しく味わう料理が、グリルで焼いたししゃもにおろしポン酢をかけて食べる一品だ。用意する材料は、ししゃも・大根・大葉・ポン酢・サラダ油。大根はおろし器でおろし、大葉は千切りにしておく。
グリルの網にキッチンペーパーなどで薄くサラダ油をぬる。グリルの受け皿に水を入れたら、火をつけて温める。温まったら中火にし、ししゃもを並べて焼く。片面が焼けたら裏返して両面を焼く。火を止めて器にししゃもを盛り付け、大根おろしと大葉をトッピングすれば完成だ。
ここでは旬のししゃもをグリルで焼いておろしポン酢をかける食べ方を紹介した。ほかにも、ししゃもはフライパンで焼いたり、サッと揚げたりして、おろしポン酢をかけて食べても美味しい。ポン酢で漬けダレを作るので、簡単に調理できるのが嬉しいポイントだ。

3. 旬のししゃもを美味しく味わう!バター醤油焼き

次に旬のししゃもを美味しく味わう料理のひとつである、ししゃもをバター醤油で味付けした一品を紹介しよう。用意する材料は、ししゃも・バター・小ねぎ・みりん・しょうゆだ。まずフライパンにバターを入れ、中火にかけて溶けたらししゃもを並べ入れる。片面が焼けたら裏返して、両面に焼き目を付ける。
フライパンに5cmほどの長さに切った小ねぎを加え、みりんとしょうゆをかけてししゃもに絡める。汁気がなくなるまで炒めたら火を止め、器に盛り分ければ旬のししゃもを使用した一品の完成だ。美味しく仕上げるポイントは、フライパンでししゃもをふっくら焼くこと。バターしょうゆで味付けするので、いつもと違うししゃもを味わいたいときにおすすめ。
丼にごはんと千切りにしたキャベツを盛り付け、その上にししゃもをのせて丼物にして食べても美味しい。バターとしょうゆの香ばしさが食欲をそそるだろう。ししゃもが旬の時期にぜひ味わってもらいたい。

結論

ししゃもの旬の時期やおすすめの料理を紹介した。先述したように全国のスーパーなどで販売されている多くのししゃもはカラフトししゃもで、北海道の太平洋沿岸の一部のみで獲れるししゃもとは品種が違う。ししゃもとは味も異なるので、機会があれば北海道のししゃもを味わってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月29日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ