このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハニーバターチキンの魅力に迫る!韓国発のトレンドフードがウマい!

ハニーバターチキンの魅力に迫る!韓国発のトレンドフードがウマい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年1月31日

韓国の国民食といえるチキン。その種類はとても多く、新作も続々と登場している。そんな韓国の数あるチキンの中で、いま、大変なブームになっているのがハニーバターチキンのようだ。なんとなくその名前からして、美味しさを想像しやすいかもしれない。ハニーバターチキンについてこれから詳しく伝えていこう。

  

1. ハニーバターチキンとは

ハニーバターチキンとは、その名が示す通り、ハニーバター味のチキンのこと。そもそも韓国では、このハニーバター味が、数年前から爆発的なブームになっている。
きっかけは、2014年の韓国で空前のヒット商品となった、「ハニーバターチップ」と呼ばれるハニーバター味のポテトチップス。ハニーバターチップが発売されるや否や、SNSなどで話題となり、販売がスタートしてから4ヶ月で、韓国の菓子業界で、これまでに類を見ないような歴史的な売り上げを記録した。あまりの人気に生産が追い付かず、どの店でも品薄で手に入らない状態が続いたほど。
以来、韓国の人々は、ハニーバター味のとりこのようになってしまったようだ。その後、ハニーバター味の商品が続々と登場し、ほぼ例外なくヒットしている。
そして、韓国の国民食ともいえるチキンにも、ハニーバター味が登場し、数あるチキンの中でも、ダントツといえる人気を誇る味になっているようだ。

2. ハニーバターチキンの魅力

甘さとしょっぱさを兼ね備えた味は、韓国では、甘味を意味するダンと、塩味を意味するチャンを合わせて、「ダンチャン味」と呼ばれていて、多くの韓国の人々に好まれる味であったようだ。
ハニーバター味も、蜂蜜の甘味と、バターの塩味を兼ね備えた味なので、ダンチャン味に該当する。とくに蜂蜜とバターという組み合わせは、数ある甘味と塩味の組み合わせの中でも、最強といっても過言ではないくらい、韓国の人々にとってベストマッチングな組み合わせになったようだ。
そのハニーバター味が、韓国の人々が、愛してやまないチキンの味付けとして登場すれば、これはもう、人気が出ないわけがない。そう容易に考えることができるだろう。
実際、ハニーバターチキンのその美味しさたるや、1つ食べると止まらなくなり、それこそ無限に食べ続けられるほどとのこと。そのことこそが、ハニーバターチキンの魅力といえるだろう。

3. ハニーバターチキンの作り方

ハニーバターチキンの基本的な作り方は、フライドチキンや唐揚げに、蜂蜜とバターを合わせて作ったソースを絡めるだけと、とても簡単だ。あるいは、市販のハニーバターパウダーを使用すれば、それをフライドチキンや唐揚げにまぶすだけと、さらに簡単に作ることができる。ハニーバターパウダーは、通販などで入手可能だ。
ハニーバターチキンに使用する鶏肉の部位はとくに選ばず、手羽元でも鶏もも肉でも鶏むね肉でも美味しくできる。
ちなみに韓国では、使用する鶏肉の部位や味付けによって、実に数多くの種類のチキンが存在する。韓国では至るところにチキンが食べられる店があるが、ハニーバターチキンも、それぞれの店のオリジナルのレシピで作られているようだ。

結論

韓国で大ブームになっているハニーバターチキンについて紹介した。いかがだろう?思わず食べてみたくなった人もいるのではないだろうか。ハニーバターチキンは、簡単に手作りすることもできるので、これを機に実際に作って、ぜひその美味しさを確かめていただきたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ