このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
恵方巻の献立は何にしよう?節分ならではの副菜で作る献立を紹介

恵方巻の献立は何にしよう?節分ならではの副菜で作る献立を紹介

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2021年1月28日

節分といえば、恵方巻を食べる人も多いのではないだろうか。しかし気になるのが恵方巻を食べる際の献立だ。何を合わせたらいいのか頭を抱える人もいるだろう。今回は、恵方巻と一緒に味わいたいおすすめ献立を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 恵方巻に合う献立を考える

節分で恵方巻を作ったけれど、合わせる献立に悩む人もいるだろう。恵方巻にはさまざまな具材が使われているので、ボリュームも栄養も満点だが、それだけでは何だか食卓が寂しいと感じるかもしれない。そんなとき、一緒に食べたい献立に、汁物などを挙げる人も多い。具だくさんの汁物などは恵方巻との相性もバツグンだ。ほかにも節分ならではのいわしを使った献立を合わせる人も多い。

■いわし料理を食べる理由

節分の際に恵方巻と並んで、いわしを使った料理を食べるという人もいる。節分には柊いわしという、柊の枝に焼いたいわしの頭を刺して飾る風習があるのだ。魔除けの意味があり鬼がいわしを苦手とするからという理由がある。そして、そんないわしを使った献立を節分に食べる人も多い。いわしを節分に食べることで邪気を払う意味があるとされているからだ。そんないわしを使った献立と恵方巻を一緒に味わうのもおすすめだ。

2. いわしを使った献立

■いわしの梅干し煮

いわしを使った料理の定番ともいえるのが、いわしの梅干し煮だ。甘辛い醤油ベースの味と梅干のさっぱり感が加わり、いわしを普段食べない人でも食べやすい献立だろう。いわしのくさみを和らげるために、生姜もプラスされている。じっくり煮込むことで、いわしの骨まで食べられるので、栄養満点の献立になるだろう。

■いわしのつみれ汁

恵方巻と合わせれば、身体も温まる汁物献立がいわしのつみれ汁だ。いわしの頭とはらわた、骨をきれいに取り除いたら、すり鉢で滑らかになるまですり混ぜる。この際にみそ、酒、しょうがを加えるのがポイントだ。つみれができたら、出汁に醤油、塩などを加えて味を調えた汁につみれを加えて完成だ。節分ならではのいわしを使うおすすめ献立だ。

3. 恵方巻と食べたいおすすめ献立

■けんちん汁

具だくさんのけんちん汁は、恵方巻との相性もバツグンの献立だ。冬場の定番メニューでもあり、たくさんの具を巻いた恵方巻と合わせれば、栄養バランスもよくおすすめだ。基本的にけんちん汁には、木綿豆腐や大根、人参、ごぼう、こんにゃく、長ねぎ、油揚げなどを入れる。
鍋にごま油をひいて、先に具材を炒めてから出汁を加えて煮ていく。けんちん汁を美味しく作るポイントは、野菜の大きさを均一に切り揃え、豆腐を手でちぎることだ。手でちぎることで、豆腐に味がしみやすくなるからだ。さらに具材にはしいたけや里芋など好みの具材を加えて作るのもおすすめだ。

■豆腐と水菜のサラダ

恵方巻に献立を簡単にプラスしたいときにおすすめなのが、豆腐と水菜のサラダだ。豆腐や水菜、大根、人参を好みの大きさにカットし、ドレッシングと一緒に和える。ドレッシングは醤油に酢、ごま油、すりごま、鰹節を混ぜた手作りごまドレッシングがおすすめだ。さっぱりと食べやすく、野菜もしっかり摂れるので手軽に作れるおすすめ献立だ。ドレッシングは市販のものを使用するのもよいだろう。

■うすさつ巻き

うすさつ巻きとは、薄いさつま揚げに具材を巻く料理だ。薄いさつま揚げに、焼いた豚コマ肉と豆苗を並べ、恵方巻のようにくるくる巻いて行く。巻き終わりを、楊枝代わりに乾燥パスタで留め、フライパンで軽く焼いたら完成だ。普段と一味違った味わいの恵方巻風献立になるので、おすすめだ。最後は食べやすい大きさにカットして、恵方巻と一緒に並べて食卓をぜひ彩ってみてほしい。

結論

恵方巻に合わせる献立アイデアを紹介した。恵方巻だけでは、ちょっと物足りないと感じたときに、手軽に作れるおかずや汁物も一緒に食卓に並べてみよう。具だくさんの汁物やサラダなど手軽に作れるものから節分ならではの、いわし料理に挑戦してみるのもおすすめだ。恵方巻と一緒に味わえば、きっと食卓も盛りあがることだろう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月28日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ