このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チンゲン菜のあんかけでどんな料理もOK!基本レシピやアレンジ術も

チンゲン菜のあんかけでどんな料理もOK!基本レシピやアレンジ術も

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年2月 3日

チンゲン菜はあんかけにも最適な食材で、一品入るだけで緑色が鮮やかであり彩りもキレイだ。しかしあんかけは手間がかかりそうで、あまり作らないという人もいるだろう。ここではチンゲン菜を使ったあんかけのレシピを、基本からアレンジしたものまで紹介していこう。ぜひ休日の献立の参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チンゲン菜はあんかけが人気!基本の作り方

とろみのついたあんかけは、子どもから大人まで人気がある。食べやすく喉を通りやすいので、どんな料理とも相性がよいのだ。しかし基本的な作り方を意外と知らないという人も。ここではチンゲン菜を使った、あんかけレシピを紹介していこう。

基本的なあんかけの作り方

チンゲン菜は茎部分の火が通りにくいため、葉と別にして一口サイズにする。フライパンにゴマ油をひき、チンゲン菜の茎だけを先に炒めておく。次に葉を入れたら、鶏ガラスープの素と水を入れ煮込んでいく。片栗粉を入れてトロミを出し、塩、コショウで味を調えたら完成だ。そのまま食べてもよいし、ごはんなどにかけても美味しいだろう。

オイスターあんかけもおすすめ

鶏ガラスープだけのシンプルなあんかけも美味しいが、オイスターの旨みを堪能できるものも美味しい。鶏ガラスープにプラスして、オイスターソースを入れればコクが出て、チンゲン菜ともマッチする。

2. チンゲン菜のあんかけを好みでアレンジ

チンゲン菜を使ったあんかけは、シンプルなものからアレンジをしたものまでたくさんある。もちろんシンプルでチンゲン菜の味を楽しむのもよいが、慣れてきたら少し手間をかけてアレンジした美味しさを楽しんでみてはいかがだろうか。ここではチンゲン菜をより美味しく感じる、あんかけアレンジを紹介していこう。

カニカマ&チンゲン菜のあんかけ

カニカマの赤と、チンゲン菜の緑が鮮やかでキレイなあんかけ。生姜を炒め、そこにチンゲン菜の茎部分を入れて炒める。鶏ガラスープを中心とした合わせ調味料を入れて、卵を入れる。卵は卵白部分を使い、ふんわりとさせるのがコツだ。

豆腐の塩味あんかけ

チンゲン菜のあんかけは、豆腐と合わせるのもおすすめ。フライパンで生姜、ひき肉、チンゲン菜の茎などを入れて炒めていく。出汁、みりん、塩、コショウを入れて煮ていこう。チンゲン菜の葉の部分と豆腐を入れ煮る。水溶き片栗粉を回し入れ、トロミを付けたら完成だ。

3. チンゲン菜のあんかけ一品料理

チンゲン菜を使ったあんかけ料理はいくつかある。あんかけはかけて食べるのを楽しむ料理でもあるので、基本的にはいろいろな料理に使えるのが特徴である。ここではチンゲン菜の鮮やかな緑色がキレイなあんかけ料理を3つ紹介していこう。

チンゲン菜のあんかけ焼きそば

フライパンにゴマ油をひき、中華麺の両面を香ばしい香りが出て焼き色が軽くつくまで焼く。チンゲン菜、ニンジン、豚肉をそれぞれカットして用意。鍋にゴマ油をひいて豚肉を炒め、ニンジンも入れる。鶏ガラスープの素とオイスターソースを軸にした合わせ調味料を入れたら煮立つまで待とう。そこにアサリを入れて水溶き片栗粉を入れたら、完成だ。

豚肉とチンゲン菜のあんかけ丼

あんかけの部分の作り方は、基本的なレシピと同じ。合わせ調味料には鶏ガラスープの素、砂糖、おろし生姜、水を使う。最後に片栗粉でトロミを付けたら、ごはんにかけてできあがり。

チンゲン菜入りあんかけチャーハン

鶏ガラスープで作るあんかけを、チャーハンにかけるだけのシンプルさがよい。いつもと違うチャーハンが食べたくなったら、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

結論

ここでは子どもも大好きなあんかけを中心に、チンゲン菜を使ったメニューの説明をしてきた。あんかけは麺類やごはんとも相性がよいので、作り方を知っておくと便利だ。基本的な作り方を知ったら、次はぜひアレンジをしてみよう。休日に子どもと一緒に作って食べるのも楽しいだろう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月 3日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ