このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エシャロットの美味しい食べ方を徹底紹介!食感を楽しもう 

エシャロットの美味しい食べ方を徹底紹介!食感を楽しもう 

投稿者:ライター 佐々木このみ(ささきこのみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年2月 5日

エシャロットという名で販売されている野菜をご存知だろうか。現在は別の名称に変更になった若採りラッキョウのことだが、本記事ではかつての名称であるエシャロットとして紹介する。若採りラッキョウであるエシャロットのさまざまな食べ方を紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エシャロットはどんな食べ物?美味しい食べ方を知ろう

かつて、日本では若採りラッキョウのことをエシャロットと呼んでいたが、フランス産の小型玉ねぎが同じ名前であったことから、混同を避けるため名称が変更になった。現在は、小型玉ねぎをエシャロット、若採りラッキョウを「エシャレット」と呼び区別している。

若採りラッキョウとしてのエシャロットの特徴

若採りラッキョウのエシャロットは、ラッキョウを土寄せし、白い部分が多くなる軟白栽培を行い若採りしたものだ。硬くなる前に収穫しているため、柔らかく生でも食べることができる。
生で食べるとさわやかな辛みとシャキシャキとした食感を、加熱するとほくほくとした食感を楽しめる。さまざまな食べ方ができる野菜のため、副菜やつまみをはじめ、幅広い料理に使いやすい。

エシャロットの基本の食べ方

生食が可能なのは、根本から茎の上部までの白い部分だ。根を落とし切り込みを入れて食べるとよい。青い葉の部分は、加熱をすれば食べることができる。

2. まずはシンプルな食べ方で!エシャロットの味噌マヨディップ

エシャロットの美味しさを味わえる食べ方でおすすめなのが、シンプルに味噌マヨをつけて食べるというもの。つまみなどにぴったりな食べ方のため、気軽に試してみよう。
エシャロットの根を取り除き、葉は切り落とす。薄皮もそのまま食べられるが、気になる場合は水に浸けながらむくとキレイにはがれる。

味噌マヨの作り方

マヨネーズと味噌を好みの配合で混ぜ合わせるだけ。酢や練りからしを加えても美味しい。

ほかの野菜スティックと組み合わせても

味噌マヨにディップするだけというシンプルな食べ方のため、キュウリや大根などほかの野菜をスティックにして、エシャロットと一緒に食べるのもおすすめだ。

3. シャキシャキ感を味わう食べ方!エシャロットの塩昆布和え

生のエシャロットを和え物にするのも、ぜひ試してほしい美味しい食べ方である。切ったエシャロットを塩昆布で和えるだけのシンプルな食べ方だが、シャキシャキとした食感と塩昆布の旨みが絶妙で箸がすすむこと間違いなしだ。

斜め切りにしたエシャロットを塩昆布で和える

エシャロットの白い部分を斜め切りにして、塩昆布を加えてよく和える。すぐに食べられるが、冷蔵庫で一晩寝かせてから食べると、味がしみてさらに美味しい。また、最後にごま油を少々垂らすのもおすすめな食べ方である。

4. ほくほく感を味わう食べ方!エシャロットのおかか醤油炒め

エシャロットを加熱した食べ方でおすすめなのが、炒め物にすること。エシャロットは加熱することでさらに柔らかくなり、ほくほくの食感を楽しむことができる。また、辛みを和らげる食べ方にもなる。味付けはシンプルにおかか醤油で仕上げよう。

炒め方で食感が変わる

エシャロットを斜め切りなど食べやすい大きさに切り、油をひいたフライパンで炒める。白い部分はサッと炒めればシャキシャキの食感が残り、じっくり炒めるとほくほく感が出る。好みの食べ方に合わせて加熱時間を変えよう。じっくり炒める場合は、エシャロットを大きめに切るとよい。醤油とかつお節、好みでみりんを加えて和えたら完成だ。

5. 辛みが苦手な人向けの食べ方!エシャロットの味噌チーズ焼き

甘みを引き出す食べ方が好みの場合は、エシャロットをオーブントースターなどで加熱するとよい。シャキシャキとした食感はなくなるが、ほくほく感が楽しめて、辛みがなくなり食べやすい。エシャロットに味噌を塗ってチーズをかけて焼くという食べ方なら、簡単でつまみにもぴったりである。

味噌マヨ、味噌みりんなどアレンジした食べ方も

エシャロットに味噌を塗り、ピザ用チーズをかけてトースターで10分ほど焼こう。チーズに焦げ目がついたら完成。基本の食べ方でも十分美味しいが、味噌にマヨネーズかみりんを混ぜて塗っても美味しい。

結論

現在はエシャレットという名前に変わったエシャロット。生のままディップや和え物にしたり、炒める、焼くなど加熱したりと、さまざまな食べ方が楽しめる魅力的な野菜だ。スーパーなどで見かけたら、ぜひ手にとって好みの食べ方を試してみてほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月 5日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ