このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
中村屋レトルトカレーの魅力に迫る!豊富な種類からお気に入りを探す

中村屋レトルトカレーの魅力に迫る!豊富な種類からお気に入りを探す

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年2月14日

星の数ほどあるといっても決して過言ではないレトルトカレー。その中で、中村屋のレトルトカレーは、その美味しさには定評があり、安定した人気を誇っている。今回は、そんな中村屋のレトルトカレーにスポットを当て、その魅力や豊富な種類について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 中村屋とは

中村屋とは、1901年(明治34年)に創業した老舗の食品メーカー。純印度式カリーの「新宿中村屋」としてその名が知られている。
創業当初は、本郷の東京大学の正門前でパン屋を営んでいた。しかし、売り上げが好調だったため、事業を拡大すべく、1909年(明治42年)に新宿に移転し、パンだけでなく菓子の販売を開始した。
1927年(昭和2年)に、洋食レストランをオープンし、純印度式カリーを販売する。当時は、小麦粉を使ったカレールウで作る欧風式のカレーが主流だった日本において、本場のインドのスパイシーなカレーに、当時の人々は最初は戸惑ったが、日本人に合うようにいくつか改良を加えた結果、爆発的な売れ行きを示すことになった。それ以降、現在に至るまで、純印度式カリーは、中村屋の看板商品になっている。
では、そんな中村屋のレトルトカレーの魅力について見ていこう。

2. 中村屋のレトルトカレーの魅力

中村屋のレトルトカレーの魅力は、なんといっても、自宅にいながら、本格的なインドカリーの美味しさを堪能できる点になるだろう。そもそも中村屋のレトルトカレーは、「伝統のカリーの味をご家庭で」というコンセプトによって生み出された商品で、純印度式カリーとして名を馳せた調理技術がすべて搭載されている。
しかも中村屋のレトルトカレーは、その種類がとても豊富で、看板商品といえるインドカリーのシリーズだけでも10種類も用意されている。そのほか、欧風ビーフカリーや純欧風ビーフカリー、世界のスパイスカリー、極めるシリーズなど、全部で9つのシリーズがあり、さらにそれぞれのシリーズのラインナップが豊富に用意されている。
ではこれから、中村屋のレトルトカレーの豊富な種類について詳しく見ていこう。

3. 中村屋のレトルトカレーの種類

インドカリー

さすが中村屋のレトルトカレーの看板商品といえるシリーズ。商品のラインナップも豊富で、ビーフスパイシー、スパイシーチキン、ベジタブル、濃厚ビーフ、旨味きわだつ海老のキーマ、タンドリーバターチキン、濃厚マイルドチキン、香りとコクのキーマ、グリルドビーフ、辛さ突きぬけるグリルチキンの10品が用意されている。

純欧風ビーフカリー

1927年に、日本で最初に、本場インドのカリーを販売した中村屋。その中村屋が、とことんこだわって作った本格的な味わいの欧風カレー。コク深いデミの芳醇リッチ、クリーミーなコクの濃厚リッチ、そして両方の味が楽しめる2袋入りの3品が用意されている。

世界のスパイスカリー

その名の通り、世界のスパイスを使った本格的なレトルトカレー。中村屋の伝統的な味と味のトレンドを融合させることで、新たなカリーの味わいを発見できる。
だしきわだつスープカリー(3種の濃厚だし、香りたつスパイス)、本格麻辣花椒カリー(芳醇な辛さ、香る赤花椒)、本格麻辣花椒カリー(鮮烈なしびれ、香る青花椒)の3品が用意されている。

東京洋食 熟成欧風ビーフカリー

その名が示す通り、東京の洋食屋で提供されるような本格的な欧風ビーフカレーを再現したシリーズ。その味わいには、1927年にレストランを開設以来、中村屋がこれまでに培った調理技術がすべて反映されている。ローストオニオンの香りとコク、煮詰めワインの香りとコクの2品が用意されている。

技あり仕込みビーフカリー

文句なく美味しい欧風カリーを提供するため、中村屋の技術とこだわりが凝縮されている。「コクと香り」にうならされる一品。ふたを開けて、箱ごとレンジで加熱できる。中辛と濃厚リッチの2品が用意されている。

極める

その名が示す通り、美味しさを極めたシリーズ。とくにスパイスにはとことんこだわっていて、高温で焙煎したスパイスの鮮烈な風味と、石壷で仕上げて熟成させたスパイスのまろやかな風味が、絶妙にマッチしている。牛肉カリー、骨付鶏肉カリーの2品が用意されている。

民族レストラン

中村屋のレストランで提供されるカリーの味わいを、家庭でも味わってもらうためのシリーズ。インドカリーチキン、ビーフカリーインド風、欧風ビーフカレーの3品に加え、贈答用の詰め合わせが用意されている。

ミニカリー

その名の通り、少量のレトルトカレー。少量ながら味はもちろん本格的。ちょっと小腹が空いたときや、カロリーを抑えたい場合などにおすすめ。ビーフとキーマの2品が用意されている。

欧風ビーフカリー

中村屋のレトルトカレーに新たに加わったシリーズ。同シリーズのラインナップは、いまのところ(2020年12月現在)は、「コク香るビーフの芳醇仕立て」の商品だけだが、これから続々と新商品がラインナップに加わる模様。

結論

中村屋のレトルトカレーの魅力とその豊富な種類について紹介した。お気に入りのレトルトカレーをリピートするのはもちろん、中村屋のレトルトカレー全シリーズの商品をひとつひとつ試してみるという楽しみ方もあるようだ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月14日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ