このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

子どもが好きな代表料理「カレー」の時短調理の目安

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年12月 5日

子どもが好きな代表料理のひとつに「カレー」がある。例えば急に「今日はカレーが食べたい!」と子どもから言われて「じゃあカレーを作ろう!」と思っても、カレーを作る手順や調理にかかる時間などがすぐにイメージできるだろうか。そこで今回は、カレーを作る際の手順などの調理目安についてご紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カレーの基本的な手順

カレーと一口に言っても、さまざまなタイプや作り方がある。そこでまずは、一般家庭でよく作られているカレールーを使ったカレーライスの作り方についておさらいしよう。カレーを作っている間に、ごはんを炊くようにする。

(1) 野菜を切る
玉ねぎは皮をむいて縦半分に切り、薄切りにする。にんじんとじゃがいもは皮をむいて一口大に切る。
(2) 肉を炒める
鍋に油を入れて熱し、肉(牛肉や鶏肉など)を炒める。表面に焼き色が付いたらいったん取り出しておく。
(3) 野菜を炒める
(2)の鍋に再び油を入れて、玉ねぎを加えて茶色くなるまで炒める。にんじんとじゃがいもを加えて炒め、(2)の肉も加えてさらに炒める。
(4)水を加えて煮込む
   (3)の鍋にひたひたになる位まで水を加えて加熱する。沸騰したらアクを取り、火を弱めて具材が柔らかくなるまで煮込む。
(5)カレールーを加えて再び煮込む
   いったん火を止めて(4)の鍋にカレールーを加える。再び加熱をして、とろみが出るまで煮込む。

玉ねぎが茶色くなるまで炒める時間は、玉ねぎの切り方や火加減、鍋の質などによっても変化する。また、肉の種類や具材の切り方によっても柔らかくなるまで煮込む時間は異なってくる。そのため一概には言えないが、材料を切るところから始めて約1時間あればカレーが作れると言えるだろう。

2. 調理時間を短くするコツ

「美味しいカレーを作りたいけど時間はかけられない!」という時に役立つコツをご紹介しよう。
  • 根菜ではなくキノコやトマトを使う...昔ながらのカレーライスに使われることの多いじゃがいもや人参は、柔らかくなるまでに時間がかかる。そこですぐに火が通るキノコ類やトマト、ほうれん草などの葉物野菜を使うようにすると、加熱時間を短縮することができる。トマトの皮が気になる場合はトマト缶やトマトジュースを使うことでさらに手間がはぶけ、簡単にうま味をプラスできる。
  • カット済み野菜を使う...野菜などをカットしているだけで、すぐに数十分が過ぎてしまう。そこで、時間がかけられない時にはカット済み野菜を使うのがおすすめだ。冷凍の野菜や缶詰のコーンなども常備しておくと役立つかもしれない。
  • 塊肉ではなく、細切れ肉を使う...カレー用の塊肉や骨つき肉などは長時間煮込むことで柔らかくて美味しくなるが、時間がない時には不向きである。そこで細切れ肉やひき肉などの短時間で調理できる肉を使うと時間が短縮できる。

3. ワンランク上のカレーを作りたい時

時間に余裕がある時やカレー好きの家庭などでは「今日は、いつもとは違うワンランク上のカレーが作りたい!」という場合もあるだろう。そんな場合には、ぜひこだわりのカレーを作ってみるのもいいかもしれない。
  • カレー粉をブレンドする...カレールーを使ったカレーは手軽に安定した味を出すことができるが、スパイスの香りはやや少ない。そこで、ターメリック・クミン・コリアンダー・チリペッパーなどを好みでブレンドして、オリジナルのカレー粉を作ってみるのもおすすめだ。カレールーを使ったカレーを作る場合でも、カレー粉を別に加えるだけで風味がアップする。ただし、小さい子どもは苦手なこともあるので、様子を見ながら使う量を加減しよう。
  • 玉ねぎをしっかり炒める...玉ねぎを飴色になるまで炒めるのは、なかなか根気のいる作業だ。でもこの過程をしっかりやっておくと、奥深い甘味のある仕上がりになることは間違いない。時間のある時は、ぜひじっかりと玉ねぎを炒めるようにしよう。

結論

子どもも大好きな「カレー」。食べたい時にすぐに調理の流れや調理時間がイメージできれば、子どものリクエストにも喜んで応えられるだろう。時間がかけられない時は、具材選びに一工夫すれば簡単に作ることもできる。ぜひ覚えておこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ