このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豆苗と豚肉を使った料理を紹介!野菜嫌いでもクセがなく食べやすい?

豆苗と豚肉を使った料理を紹介!野菜嫌いでもクセがなく食べやすい?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2021年2月 4日

今回はシャキシャキとした食感の豆苗と旨みたっぷりの豚肉を使用した料理を紹介しよう。たとえば豆苗と豚肉のポン酢炒めや、レンジで簡単にできる豆苗と豚肉巻き、豆苗と豚肉で作るおすすめのサラダだ。豆苗は下茹でしなくていいので、時短で作りたいときのおすすめ野菜のひとつである。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豆苗と豚肉で簡単炒め物

パッケージの中でゆっくりと成長し続ける豆苗は、クセがなく甘みがあり野菜嫌いの子どもにもおすすめしたい野菜のひとつだ。常温においておくとより成長が促されるので、購入して家に持ち帰ったら開封せずに冷蔵庫へ入れること。保存は葉を上にして立て、野菜室か冷蔵室へ。ここでは豆苗と卵で色鮮やかな、豚肉ともやしのポン酢しょうが炒めの作り方を紹介しよう。
豆苗で食べられる部分は葉と茎の部分だ。パッケージから取り出したら、流水でさっと洗い豆と根の部分を切り落として半分に切る。フライパンにごま油を入れて熱し、卵を流し入れて半熟状になったら取り出しておく。再び同じフライパンにごま油を入れ、刻んだ生姜を炒め、豚肉ともやしを入れて中火で肉に火が通るまで炒める。
豆苗を加えてさっと炒めたら、卵を戻し入れてポン酢と塩こしょうで味を調えれば完成だ。さっぱりとした味わいだが、豚肉入りなのでボリュームがあり、ごはんがいくらでも食べられるだろう。冷めても美味しく、弁当のおかずにもおすすめだ。

2. レンジで簡単!豆苗と豚肉の肉巻き

えんどう豆(グリーンピース)の若菜である豆苗。もともとは中国の高級食材であったが、日本国内で水耕栽培のように大量栽培できる方法が編み出され、年間を通して安価で出回るようになった。ここではレンジで簡単に作れる豆苗と豚肉の肉巻きの作り方を紹介しよう。下準備として大根とにんじんの皮をむいておく。
まず大根をおろし器ですりおろす。豆苗は流水でさっと洗い、豆と根を切り落とし半分に切り、にんじんは千切りにする。豚肉は半分の長さに切る。ここでは豚バラ肉を使用するが、好みで豚もも薄切り肉を使ってもよい。豚肉2枚をずらして並べ、豆苗とにんじんをのせて巻く。耐熱皿に巻き終わりを下にして並べ、塩こしょうをふる。
ラップをかけて600Wの電子レンジで5分を目安に、豚肉に火が通るまで加熱する。レンジから取り出して器に盛り付け、すりおろし大根とポン酢をかければ豆苗と豚肉の肉巻きの完成だ。ポン酢をつけて食べるとさっぱりと美味しく、豆苗と一緒にえのきやもやしを巻くのもおすすめだ。

3. 豆苗と豚肉で作る!おすすめサラダ

最後に豆苗と豚肉を使ったさっぱり冷しゃぶサラダの作り方を紹介しよう。冷しゃぶがメインの手軽なサラダで、砕いたピーナッツのカリっとした食感が楽しい一品だ。まず豆苗は流水でさっと洗い、豆と根を切り落とし4cmの長さに切る。かいわれ大根は根元を切り落とし、2cmほどの長さに切る。
ピーナッツは包丁で細かく砕く。豆苗と豆もやしを耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをかけて600Wの電子レンジで1分半ほど加熱する。沸騰直前の湯に豚肉を入れて中火で茹で、火が通ったら水にとり水気をきる。
ボウルに加熱した野菜類と豚肉、かいわれ大根、ピーナッツを入れて和え、ポン酢、すりごま、ごま油で調味し皿に盛り付ければ冷しゃぶサラダの完成だ。ごまの香ばしい香りが食欲をそそり、 シャキシャキとした野菜と一緒にさっぱりと味わえる。彩りがほしいときは、半分にカットしたミニトマトを添えればよい。

結論

豆苗と豚肉を使用した炒め物や肉巻き、サラダの作り方を紹介した。豆苗はアクがなく、ほうれん草のように下茹でしてアク抜きする必要はない。今回のように豚肉と組み合わせたり、もやしと和えてナムルにしたり、いろいろな料理で味わってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月 4日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ