このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マッシュポテトの上手な活用術!美味しいグラタンを作ってみよう!

マッシュポテトの上手な活用術!美味しいグラタンを作ってみよう!

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年2月19日

じゃがいもを加熱し、滑らかに潰して作るマッシュポテト。今回は、マッシュポテトを使ったグラタンの作り方を紹介したい。マッシュポテトを上手に活用すれば、手軽で美味しいグラタンが作れる。ミートソースを使ったグラタンや簡単に作れるマカロニグラタン、トースターを使ったレシピなど幅広くチェックしていこう。

  

1. 相性バツグン!マッシュポテトとミートソースの贅沢グラタン

マッシュポテトと相性バツグンなのが、ひき肉や野菜をトマトで煮込んだミートソース。グラタンにはホワイトソースはもちろん、ミートソースを使う人も多いはずだ。マッシュポテトとミートソースを使ってグラタンを作れば、ボリューム満点の贅沢な一品が作れる。まずは人参や玉ねぎをみじん切りにし、ひき肉と一緒にフライパンなどで炒める。火が通ってきたらトマトもしくはトマト缶を加えてじっくり煮込み、塩コショウやコンソメで味を調えよう。
マッシュポテトは皮をむいたじゃがいもを加熱し、滑らかになるまで潰せばOK。より滑らかにしたい場合は、裏ごしをして仕上げよう。潰したじゃがいもに生クリームや牛乳と、塩コショウを加えて味を調えておく。耐熱皿にマッシュポテト、ミートソースを入れてチーズをのせる。オーブンやトースターなどを使い、チーズがこんがりと焼けるまで加熱すればグラタンの完成。よりクリーミーに仕上げたい場合は、チーズの前にベシャメルソースをのせて焼いてみよう。鶏肉やきのこなど、具材を加えて作るのもおすすめ。

2. マッシュポテトで簡単!マカロニグラタン

マッシュポテトを活用すると、ベシャメルソースを使わずに手軽なグラタンが作れる。ベシャメルソースは作るのに手間がかかるだけでなく、失敗するとダマになってしまうため使用せずにグラタンが作れるのは嬉しいポイント。まずは、マカロニを少し硬めに茹でる。マッシュポテトはいつもより少し柔らかめに仕上げるため、生クリームや牛乳を多めに加えておこう。
ベシャメルソースは小麦粉でとろみを付けて作るが、マッシュポテトはじゃがいもが小麦粉の代わりにとろみを出してくれる。仕上がったマッシュポテトに茹でたマカロニを混ぜ、耐熱皿に流し込む。最後にたっぷりとチーズをかけ、オーブンやトースターでこんがりと焼けばマカロニグラタンの完成。マカロニだけでなく焼いた鶏肉や白身魚、きのこやかぼちゃなどを加えても美味しく作れる。加える具材によって味わいが異なるため、いろいろとアレンジしてみよう。

3. トースターでできる!マッシュポテトときのこのグラタン

グラタンを作る際はオーブンを使うことが多いが、じつはトースターを使えばより手軽に作れる。基本の作り方は同じだが、きのこや鶏肉などを使う場合は事前に火を通しておこう。トースターはオーブンとは違い、短時間で焼き目が付くため中に入れる具材が生のままだと火が通らない可能性が高い。まずはフライパンできのこや鶏肉などの具材を炒め、少し緩めに作ったマッシュポテトにあわせる。
耐熱皿に具材とあわせたマッシュポテトを入れ、チーズをのせてトースターで焼き上げよう。トースターは焦げやすいので、短めの時間に設定して様子を見ながら焼くのがおすすめ。トースターを使えば予熱をする手間もなく、短時間で美味しいグラタンが作れるだろう。鶏肉だけでなく、ツナや明太子も相性がよいのでぜひ試してみてほしい。ベシャメルソースを使って作れば、よりクリーミーで濃厚なグラタンも作れる。マッシュポテトはボリューム満点なので、メイン料理としてはもちろんつまみなどとしても活躍してくれる。

結論

マッシュポテトを活用すると、いろいろなタイプのグラタンが作れる。ベシャメルソースの代用としてマッシュポテトを使ったグラタンは、じゃがいも好きな人にはたまらないだろう。ちなみに、マッシュポテトを作る際は乾燥マッシュポテトを使うと便利。水や牛乳を加えるだけで簡単にマッシュポテトになるので、ぜひ試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ