このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
台湾カステラの魅力や作り方を紹介!人気はタピオカをしのぐ勢い?

台湾カステラの魅力や作り方を紹介!人気はタピオカをしのぐ勢い?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年2月21日

カステラといえば、幅広い世代に好まれるスイーツとしておなじみだが、カステラはカステラでも、いま、台湾カステラが、ちょっとしたブームになっている。その人気ぶりは、タピオカをしのぐほどの勢いがだ。今回は、台湾カステラがいったいどんなカステラなのか?や、台湾カステラの作り方を紹介しよう。

  

1. 台湾カステラってどんなカステラ?

台湾カステラとは、その名の通り台湾で作られているカステラのこと。台湾では、焼き立てのケーキという意味をもつ「現烤蛋糕(シエンカオダンガオ)」と呼ばれている。
台湾カステラは、台湾の人々や観光客に大人気のスイーツで、台湾カステラを販売する店や屋台も多く、行列ができるほどの人気ぶり。人気の理由は、素朴な味わいと時間の経過によってさまざまな食感を楽しめることにある。
焼き立ては、ふわふわとしていて、卵の味をしっかりと感じられる素朴で優しい味わい。しばらく経つと、ぷるっとした食感で砂糖の甘みを感じることができる。冷蔵庫で冷たくすると、シュワッと、とろけるような食感になる。
まさに1個で3度も違った食感と美味しさを味わえるのが、台湾カステラの魅力でもあり人気の理由といえる。

2. 台湾カステラの作り方【準備】

台湾カステラの基本的な作り方は、卵、牛乳、砂糖、小麦粉、油を混ぜ合わせた生地を、型に流し込み、オーブンで蒸し焼きにするだけと、とても簡単だ。簡単だが、美味しく作るのには、いくつかコツがいる。コツを含めた台湾カステラの作り方の手順について紹介しよう。

用意するもの

生地を流し込む型(18cm四方のスクエア型)
クッキングシート(型に敷く)
ハンドミキサー
卵 6個 
油 70〜80g(製菓用の太白ごま油がベストだが、米油や菜種油でも可)
薄力粉 100g
牛乳 100g(同量の無調整豆乳でも可)
砂糖 100g

下準備

  • 牛乳を湯煎して40℃くらいに温める(600Wの電子レンジで15~20秒加熱してもOK)。
  • 卵を卵黄と卵白に分ける。
  • 薄力粉をふるいにかける。
  • 型にクッキングシートを敷く。
  • オーブンを予熱しておく(目安となる温度は150〜160℃)。

3. 台湾カステラの作り方

1.油を湯煎する

耐熱ボウルに油を入れて湯煎する。目安となる温度は60℃程度。600Wの電子レンジで1分程度加熱してもOK。火傷に注意しよう。

2.湯煎した油と薄力粉を合わせる

泡立て器で粉っぽさがなくなるまでよく混ぜ合わせる。

3.2に湯煎した牛乳を加えて混ぜる

2回に分けて加え、その都度軽く混ぜる。混ぜすぎないように注意。

4.3に卵黄を加えて混ぜる

溶きほぐした卵黄を3回に分けて加え、なめらかになるまで混ぜ合わせる。

5.メレンゲを作る

容器に卵白を加え、ハンドミキサーで泡立てる。砂糖を1/3量加え、ふんわりするまで泡立てる。さらに砂糖を1/3量加え、3倍程度の大きさになるまで泡立てる。残りの砂糖を加えて、ツノがしっかりと立つまで泡立てる。美味しさの決め手となる特有の食感を出すためには、メレンゲをしっかりと泡立てるのがコツ。

6.4にメレンゲを加える

一度に加えると混ざりにくいので、3回に分けて加える。ムラがなくなったら生地の完成。
あとは、クッキングシートを敷いた型に流し込み、水を加えた天板に型をのせ、160℃のオーブンで60分程度蒸し焼きにすればできあがり。

結論

台湾カステラがいったいどんなカステラなのか?や、台湾カステラの作り方について紹介した。理解を深めてもらえたのならうれしい。一度食べると、何度でも食べたくなるような食感が魅力の台湾カステラ。 これを機にぜひ一度ご賞味あれ!
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ