このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
イカチリの作り方を紹介!甘辛ソースがクセになる美味しさ

イカチリの作り方を紹介!甘辛ソースがクセになる美味しさ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年2月19日

今回はイカチリの作り方を紹介しよう。ごはんに合ううえ簡単に作れるイカチリや、旨みたっぷりな玉ねぎ入りのイカチリ、子どもでも食べやすい卵入りのイカチリを紹介する。エビチリにはなじみがあるがイカチリはピンとこないという人も、ぜひ試しに作ってみてはいかがだろうか。

  

1. ごはんに合う!簡単に作れるイカチリ

イカ飯やイカチリメン、塩辛、天ぷらなど、いろいろな料理で楽しめるイカ。いつもとは違う食べ方を楽しみたいときにイカチリを作ってみてはいかがだろうか。ここでは給食でも人気のイカチリの簡単な作り方を紹介しよう。
最初にさばいたイカを一口大に切る。フライパンに油を熱しイカを入れて炒める。ケチャップ・砂糖・豆板醤・酢・塩・こしょう・鶏がらスープを加えて炒め、水溶き片栗粉でとろみをつける。最後に火からおろし、器に盛り付ければイカチリの完成だ。イカチリソースのみを作り、片栗粉をまぶして揚げたイカにかけて食べても美味しい。
イカのさばき方は足と内臓を引き抜く。胴の部分に指を入れると胴と内臓をつなぐ部分があるので、そこを引き離しながら引き抜いて取り出せばよい。鮮度がよいものは、わたも食べることができる。塩辛やわた炒めのような料理に使うときは、わたに付いている墨袋を破らないように注意して静かに引きはがせばよい。

2. 旨みたっぷり!玉ねぎ入りのイカチリ

次に玉ねぎ入りのイカチリの作り方を紹介しよう。ここでは冷凍イカを使って作る方法を解説する。まず下準備としてイカは解凍して水気を拭き取り、格子に切り込みを入れて一口大にカットする。玉ねぎはくし切りに、しょうがとにんにくはみじん切りにしておく。

ボウルにケチャップダレの材料であるケチャップ・酒・しょうゆ・砂糖・片栗粉・塩・こしょう・水を混ぜ合わせる。イカに片栗粉をまぶしてフライパンでさっと炒め、取り出しておく。フライパンにサラダ油・しょうが・にんにく・豆板醤を入れ、中火にかけて香りが立つまで炒める。

玉ねぎを加えて炒め、イカと合わせ調味料を加えてとろみが付いたら火からおろす。最後に器に盛り付ければイカチリの完成だ。イカにチリソースが絡んだごはんがすすむ一品で、アルコールのつまみにもぴったり。玉ねぎの旨みや食感が楽しめるのも特徴のひとつだ。

3. 子どもでも食べやすい!卵入りのイカチリ

最後に卵入りのイカチリの作り方を紹介しよう。まずボウルにイカを入れて下味用の酒と塩こしょうを加えてもみ込み、さらに片栗粉を加えてもみ込む。フライパンに油を入れて熱し、豆板醤とにんにく、しょうがを加えて弱火で炒める。香りが立ったら、ねぎを加えてさらに炒め合わせる。イカを加えて中火で色が変わるまで炒める。

鶏ガラスープの素・酒・砂糖・ケチャップ・水を加えて混ぜ、とろみがつくまで煮立てる。次に炒り卵を作っていく。フライパンを熱して油を入れ、塩を加えてよく溶いた卵を一気に入れる。大きくかき混ぜながら強火で炒め、少し半熟くらいで皿に取り出す。炒り卵をふわふわにするポイントは、少し多めに油を使用して強火で加熱することだ。

卵を入れたら大きくかき混ぜることも、ふわふわに仕上げるポイント。煮立てた合わせ調味料にイカと炒り卵を加え、大きく混ぜ火からおろし器に盛り付ければイカチリの完成だ。卵を加えると辛みがまろやかになるので、子どもでも食べやすいのが魅力のひとつ。チリソースが絡むイカはもちろん、ふわふわな卵との相性もばっちり。

結論

みんな大好きな中華の定番メニューのエビチリも美味しいが、イカで作るイカチリも甘辛ソースがクセになる旨さだ。玉ねぎを加えて食感を楽しんだり、炒り卵をプラスして辛みをまろやかにしたり、いろいろとアレンジもきくので、ぜひレパートリーのひとつに加えてもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング