このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
油淋鶏のたれの作り方を紹介!プロの味を再現する方法とは?

油淋鶏のたれの作り方を紹介!プロの味を再現する方法とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年2月19日

今回は油淋鶏のたれの作り方を紹介しよう。ポン酢を使って簡単に作る方法や、ごはんがすすむピリ辛味、プロの味を再現する作り方、市販品でおすすめのたれを紹介する。さくさくと香ばしく揚げた鶏肉と相性のよいたれとは?

  

1. 油淋鶏のたれ:ポン酢を使って簡単に

皮はパリパリさくさくで、中はじゅわっとジューシーな油淋鶏。レモンの酸味をきかせたたれや、みじん切りにしたねぎやにんにくをたっぷり入れた香味だれ、ラー油を入れて作るピリ辛だれなど、いろいろなたれと相性がいい。ここではポン酢を使う油淋鶏のたれの作り方を紹介しよう。

まず長ねぎをみじん切りにする。ボウルにポン酢・ごま油・砂糖・すりおろししょうが、長ねぎを入れて混ぜればよい。あとは油で揚げた油淋鶏を器に盛り付け、たれをかけるだけだ。ポン酢の種類により酸味が強かったり甘みが強かったりするので、味をみて砂糖の量を調整すること。長ねぎを切って調味料と混ぜるだけと、簡単に作れるのが嬉しいポイントだ。長ねぎを青じそにアレンジして食べても美味しい。

2. 美味しい油淋鶏のたれ:ごはんがすすむピリ辛味

ここではごはんがすすむピリ辛の油淋鶏のたれの作り方を紹介しよう。まずトマトはヘタを取り除き1cm角にし、長ねぎはみじん切りにする。ボウルにトマト・長ねぎ・ごま油・豆板醤・酢・鶏ガラスープの素を入れて混ぜる。あとは器に盛り付けた油淋鶏にたれをかけるだけだ。よりピリ辛な味を好む人は、食べるときにラー油をかけるのがおすすめだ。油淋鶏に使用する肉は基本的に鶏肉だが、代わりに豚肉を使用してもよい。
日本テレビの情報番組ヒルナンデスの「料理の超キホン検定」というコーナーでは、人気シェフの五十嵐美幸さん特製の油淋鶏のレシピが紹介された。特製たれに使用する材料は、にんにく・しょうが・酢・しょうゆ・砂糖・ごま油・ねぎ・マスタード。マスタードを使用することでマイルドな辛みがアクセントになっている。

3. 美味しい油淋鶏のたれ:絶品香味だれ

パリッと二度揚げした油淋鶏に、甘酸っぱい香味だれをかけて食べると旨い。

まず長ねぎとにんにく、しょうがはみじん切りにしておく。フライパンに油を入れて弱火にかけ、にんにくとしょうがを加えて香りが立つまで炒める。次にしょうゆと酢、砂糖を加えてひと混ぜする。ねぎを加え、さっと火を通したらごま油をまわし入れる。あとは油淋鶏にかけて食べるだけだ。薬味がたっぷり入った甘酸っぱいたれは、油淋鶏はもちろん、茹でた肉や蒸し野菜にかけたり揚げなすを漬けたりしても美味しい。

4. 美味しい油淋鶏のたれ:市販品

最後にストックしておくといざというときに重宝する、市販品の油淋鶏のたれのおすすめを紹介しよう。

ミツカン「アジアンソース油淋鶏」

本醸造しょうゆをベースに、しょうがやごま油、香味食用油をきかせた本格的な油淋鶏ソースだ。唐揚げにかけるだけで気軽に油淋鶏を味わえるのが嬉しいポイント。

エバラ食品「おろしのたれ」

しょうゆをベースに昆布とかつおの和風出汁がきいており、レモン果汁と玄米黒酢が隠し味に使われた大根おろし入りの万能たれだ。化学調味料無添加で焼肉・ステーキ・冷しゃぶ・ハンバーグにもおすすめ。油淋鶏のたれとして食べるときは、小口切りにした長ねぎとみじん切りにしたしょうが、砂糖、豆板醤、ごま油と混ぜるとより美味しい。

結論

長ねぎ・しょうが・にんにくの食感や風味をはじめ、ごま油の旨みを堪能できる油淋鶏のたれ。パリパリさくさくとした食感の油淋鶏と相性のよいたれをピックアップして紹介した。ちなみに油淋鶏をパリパリに仕上げるポイントは衣に片栗粉を使用し、鶏肉の両面にたっぷりとまぶして揚げることだ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ