このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
白和えの作り方を紹介!基本編からさまざまなアレンジ方法まで!

白和えの作り方を紹介!基本編からさまざまなアレンジ方法まで!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年3月 9日

ここでは、白和えの作り方を紹介していく。白和えと聞くと、あまり目立つことのない副菜というイメージが強いと思うが、実は基本の作り方からアレンジメニューまで活用することができるスグレモノである。さらに、優しい味わいから箸休めの一品としても重宝されている。ぜひ、この機会に白和えの作り方をマスターしてもらいたい。

  

1. 豆腐の白和えの作り方・基本編

まずはじめに、白和えの基本となる作り方や美味しくするコツについて紹介していく。

【材料】

  • 木綿豆腐
  • ほうれん草
  • にんじん
  • 醤油
  • 砂糖
  • 白すりごま

【作り方】

木綿豆腐は水切りして、ほうれん草は茹でて3cm幅程度に切り、にんじんは細切りにして茹でておく。木綿豆腐を潰しながら、醤油、砂糖、白すりごまと混ぜ合わせる。ほうれん草とにんじんも加えて和えたら、完成となる。

2. レンジで簡単!白和えの人気の作り方

次に、より簡単に白和えを作るために、レンジを活用した作り方を紹介していく。
材料は基本的な作り方と同様に、木綿豆腐、ほうれん草、にんじん、醤油、砂糖、白すりごまを用意しておこう。木綿豆腐をペーパータオルで包み、耐熱皿にのせてレンジで600Wで3分ほど加熱して水切りをしておく。ほうれん草は茹でて3cm幅程度に切り、にんじんは細切りにして、レンジで600W2分ほど加熱しておく。水切りをした木綿豆腐を潰しながら、醤油、砂糖、白すりごまと混ぜ合わせて、ほうれん草とにんじんも加えて和えたら、完成となる。
ポイントは、木綿豆腐をレンジで加熱することで、しっかり水切りをすることができ、かつ短時間で水切りをすることができるので、時短効果が期待できる。

3. 飽きずに美味しい!白和えの作り方

最後に、白和えのアレンジメニューの作り方を紹介していく。

おからヨーグルトの白和えの作り方

おからパウダー、プレーンヨーグルト、ほうれん草、醤油、砂糖、白すりごまを用意する。おからパウダーとプレーンヨーグルトを混ぜ合わせて、おからヨーグルトを作っておく。ほうれん草は茹でて3cm幅程度に切る。おからヨーグルト、醤油、砂糖、白すりごまと混ぜ合わせる。ほうれん草を加えて和えたら、完成となる。おからとヨーグルトを混ぜ合わせるとおからのパサパサ感がなくなりマイルドになり、白和えに使いやすくなるだろう。

ひじきの白和えの作り方

ひじき、豆腐、にんじん、醤油、砂糖、白すりごまを用意する。耐熱容器にひじきと豆腐を入れて、レンジで600W3分程度加熱してから混ぜ合わせる。にんじんは細切りにして茹でておく。ひじき、豆腐、醤油、砂糖、白すりごまと混ぜ合わせる。にんじんを加えて和えたら、完成となる。ひじきと豆腐を一緒に加熱することで、豆腐から出た水分をひじきが吸ってくれるので、ひじきの戻しは不要となり便利である。

サバ缶の白和えの作り方

材料は、サバ缶、豆腐、醤油、マヨネーズ 、白すりごまを用意する。
作り方は、サバ缶は油を切り、豆腐は水切りしておく。サバ缶、豆腐、醤油、マヨネーズ、白すりごまと混ぜ合わせたら、完成となる。砂糖は使わずにマヨネーズを代用することで、まろやかでコクがある白和えを作ることができる。

結論

本記事では、美味しくて簡単な白和えの作り方について紹介してきた。基本的な作り方からアレンジメニューまで多数紹介しているので、きっと好みの白和えを見つけられることだろう。とても簡単に作ることができるので、美味しい副菜メニューとして役立ててもらいたい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年3月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング