このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
分葱を使った料理のおすすめを紹介!ジャンルを問わず使える!

分葱を使った料理のおすすめを紹介!ジャンルを問わず使える!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2021年3月24日

分葱(わけぎ)は白ねぎなどと見ためも味も違い、どのように料理に使えるか想像しにくいかもしれない。実は、分葱の使いみちは幅広く、さまざまな料理によく合う。本記事では、分葱を使ったおすすめ料理をジャンル別に紹介していく。分葱が大量にあっても、心配する必要はない。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 分葱を使ったおすすめ料理【和え物】

まずは、分葱を使った和え物料理のおすすめを見ていこう。

ぬた

ぬたとは、酢味噌を使った和え物のことだ。分葱は、ぬたに使われる代表的な食材のひとつだ。分葱をさっと茹でて食べやすい長さに切り揃え、酢味噌に絡めるだけなので、簡単に作れる。分葱だけでも美味しいが、魚介類を加えてもよい。ごはんにも酒にもよく合う。

シンプルな和え物

分葱はシンプルな和え物にしてもよい。たとえば、茹でて切った分葱に出汁しょうゆを絡めるだけでも美味しい。ごまなどをかけるのもおすすめだ。また、分葱を小ねぎのように生のまま小口切りにするのもよい。辛みは小ねぎに加えて控えめだが、ほどよい刺激を楽しめる。

ほかの具材と一緒に

分葱とほかの具材を一緒に和えるのもおすすめだ。たとえば、分葱は魚介類と相性バツグンだ。ぬたの具材には、茹でたイカやアサリ、マグロの刺身を使うことも多い。あるいは、分葱や茹でた鶏肉などを一緒にしょうゆで和えるなどしても美味しい。

2. 分葱を使ったおすすめ料理【主菜】

分葱は主菜の食材としても使える。主菜に野菜を加えたい場合、あるいは品数を減らしてシンプルな献立にしたい場合などにおすすめだ。ここでは炒め料理をいくつか見ていこう。

卵炒め

分葱と卵は相性がよい。火を通した分葱の柔らかさには、卵のふんわりした食感がよく合うのだ。両方を味わうには、炒め物にするのがちょうどよい。卵には火を通しすぎず、柔らかさを保つのがおすすめだ。ほかに、エビなどの魚介類を加えても美味しい。

肉炒め

分葱は肉とも相性がよい。肉の茶色に対して分葱の緑色がよい彩りとなるほか、栄養のバランスをとるのにもよい。たとえば豚肉と合わせて中華炒めにする、あるいは牛肉と一緒に歯ごたえを楽しむ炒め物にするなどの方法がある。分葱はある程度の長さに切ってもよいし、小口切りにしても美味しい。また、味付けも味噌や塩など、さまざまなものが合う。好みの味付けを試して、味わっていただきたい。
ほかに、さまざまな料理を副菜として組み合わせられる。献立として栄養バランスもとれれば、なお望ましい。

3. 分葱を使ったおすすめ料理【汁物】

分葱をスープの具材として使うのも美味しい。おすすめの料理を見ていこう。

味噌汁

分葱は味噌汁によく合う。普段飲んでいる味噌汁に足すだけでも十分美味しい。たとえば、よく煮込んで甘みを引き出す、あるいは小口切りにして食べる直前に加え、辛みや食感も一緒に楽しむといった食べ方が可能だ。どちらもごはんによく合うので、気軽に試していただきたい。

卵スープ

炒め物と同様に、分葱と卵はスープでもよく合う。たとえば洋風落とし卵スープの具材に分葱を入れ、煮込むのも美味しい。また、和風あるいは中華風のかき玉汁に、食べる前に小口切りの分葱をのせても美味しい。分葱と卵の組み合わせは自由に調理できるため、スープへの使い方もさまざまだ。まずは、普段食べる卵スープに分葱を加えてみてはどうだろうか。

麺入りスープにも合う

分葱を、麺が入ったスープに使ってもよい。春雨スープの具材にする、あるいは煮麺のアクセントに小口切りの分葱をのせる、などが美味しい。小ねぎと同じ感覚で使ってみよう。

4. 分葱を使ったおすすめ料理【ごはんもの】

分葱はごはんものにもよく合う。まとまった量を手軽に使えるので、分葱がたくさんある場合にもおすすめだ。

炊き込みごはん

炊き込みごはんに分葱を使うのもアリだ。具材として一緒に炊き込むのもよいし、炊けてから小口切りの分葱をかけてもよい。また、しょうがなどと同じく、具材のにおいをおさえる働きも期待できる。たとえば魚などのにおいが強い具材を使う際に、分葱を使うのがおすすめだ。

チャーハン

チャーハンには白ねぎなどをよく使う。代わりに分葱を使っても美味しい。彩り程度に使うのもよいが、多めに加えてメインの具材として使うのもよい。加えるタイミングによって味や食感が変わるので、こだわりたい場合は試してみよう。

結論

分葱は食べやすく、さまざまな料理に使える。ねぎと同じく味のアクセントに使えるほか、しっかり火を通しても美味しい。主菜に副菜、ごはんものなど、楽しみ方はいろいろある。もし分葱のストックが大量にあるなら、遠慮せずにどんどん料理に使って食べてしまおう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年3月24日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ