このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
おすすめレトルトカレー4選を紹介!油断すると日切れするかも?

おすすめレトルトカレー4選を紹介!油断すると日切れするかも?

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年3月12日

レトルトカレーといえば、レトルト食品の代名詞でもある人気商品で、みんな一度は食べたことがあるのではないだろうか?そんなレトルトカレーも最近では種類も豊富で、自宅にいながらさまざまな味わいのカレーが楽しめるとあって話題を集めている。今回はレトルトカレーのおすすめ5選と美味しくするアレンジ術を紹介しよう。

  

1. おすすめレトルトカレー4選

レトルトカレーといってもカレーの種類もさまざまなうえ、最近では地域の食材を活かした「ご当地カレー」も販売されている。そんななかから気になるおすすめレトルトカレー4選を紹介しよう。

明治「銀座キーマカリー」

具材の旨みがギュッと凝縮していると人気なのが、明治の銀座キーマカリーだ。甘さとスパイシーな香りのバランスがよく、レトルトカレーなのにひき肉をたっぷり感じられるのも嬉しい。辛いのが苦手な人は温泉卵をのせて食べても美味しいだろう。

36チャンバーズ・オブ・スパイス「パンニャ監修 チキンカレー」

レトルトカレーといっても最近では値段の高い高級レトルトカレーも人気だ。そのなかでおすすめなのが、パンニャ監修チキンカレーだ。下北沢の人気カレー店「般°若(パンニャ)」が監修したチキンカレーで、店に行かなくても本格的なスパイスカレーが楽しめると人気だ。

エスビー食品「噂の名店 南インド風チキンカレー」

最近ではスパイスカレーが注目されている。そのなかでもおすすめなのが、エスビー食品の南インド風チキンカレーだ。口に入れた瞬間からスパイスの香りと風味が広がり、店のような味わいが楽しめる。さらに肉もしっとりとしており食べごたえ十分だ。

吉田ハム「飛騨牛ビーフカレー」

ご当地レトルトカレーが話題のなかで、高級だけど納得の美味しさが楽しめると人気なのが飛騨牛ビーフカレーだ。ブランド牛である飛騨牛をふんだんに使ったカレーで、レトルトとは思えない贅沢な味わいを実感できる。

2. レトルトカレーを美味しくするアレンジ術

そのまま食べても美味しいレトルトカレーだが、アレンジを加えることで普段とは違った味わいが楽しめると評判だ。手軽にできるアレンジ術をチェックしてみよう。

トッピングで楽しむ

レトルトカレーは簡単に味わえる分、具材がシンプルなことも多く飽きてしまうこともある。そんなときはトッピングを楽しんでみるのもいいだろう。惣菜のとんかつをトッピングすれば、簡単にかつカレーに変身する。さらにとろけるチーズをトッピングしてチーズカレーにするのもいいだろう。また、野菜をプラスしたい場合は、炒めた野菜をレトルトカレーに加えるのがおすすめ。ボリュームが増すうえに、栄養バランスのとれたカレーが楽しめる。

ごはんじゃなく麺類で楽しむ

レトルトカレーをかけるのは、ごはんだけではない。パスタにかければ、カレーパスタに早変わりだ。さらにレトルトカレーに水とめんつゆを加えてうどんを入れれば、簡単にカレーうどんを作ることができる。レトルトカレーは麺類との相性もいいので、自分好みのアレンジ麺を楽しんでみるのもおすすめだ。
この記事もCheck!

3. レトルトカレーの賞味期限

レトルトカレーは賞味期限が長いことでも知られており、アメリカをはじめとする海外に赴任している家族に送る人もいるが、一体どのくらいの賞味期限があるのだろうか。

レトルトカレーの賞味期限

レトルトカレーの賞味期限は種類によっても異なるが、だいたい1~2年が目安になっていることが多い。賞味期限が長いことから自宅にストックしておいたり、非常食として常備している人もいるだろう。しかしうっかり賞味期限が切れてしまうこともあるので、チェックしてみてもらいたい。
この記事もCheck!

結論

最近のレトルトカレーは種類も多く、本格的なスパイスを使ったカレーもあるので、自宅にいながら店のカレーを味わいたい人に人気がある。レトルトカレーはそのまま食べても美味しいが、アレンジを加えて自分流にして味わうのもおすすめだ。気になるレトルトカレーを探して、自宅にいながらカレー店のような本格的な味わいを手軽に楽しんでみてもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年3月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ