このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
明日葉ってどんな味?美味しく味わうための調理法や下処理を紹介!

明日葉ってどんな味?美味しく味わうための調理法や下処理を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年3月16日

明日葉は味噌汁や天ぷら、青汁、チャーハンなど、いろいろな味付けで食べることができる食材だ。今回は明日葉の特徴や美味しく味わうコツ、おすすめの食べ方を紹介しよう。明日葉という名前を聞いたことがあっても、実際に見たことも食べたこともないという人もいるのでは?ぜひ特徴や美味しい味わい方を知り、これからの食生活に取り入れてもらいたい。

  

1. 明日葉ってどんな味?

「今日その葉を摘んでも翌日には新芽を出す」といわれるくらい生命力の強い明日葉。可食部100gあたりにβ-カロテンを5,300μg(マイクログラム)、ビタミンKを500μg、葉酸を100μg、ビタミンCを41mg含む野菜だ。明日葉という名前は聞いたことがあっても、どんな味かわからないという人もいるのでは?
明日葉は青汁のような健康食品として知られているが、味はクセがあり食べにくいと思われることも。葉の部分は苦くて少しクセがあり、苦味をやわらげるには天ぷらや和え物、おひたし、炒め物で味わうのがおすすめだ。とくに1年の中でも春先の新芽が甘くて美味しいといわれており、加工してさまざまな食品製造をする企業では、工場内が甘い香りで満たされるという。

2. 明日葉を美味しく味わうためのコツ

味は独特の苦みをもつセリ科の明日葉。ここでは明日葉を美味しく味わうための、選び方のコツや下茹での方法を解説しよう。身体によさそうなイメージをもちながらも、スーパーで見かけても調理方法がよくわからない、と毎回スルーしていないだろうか。
先述したように明日葉が一番美味しいのは、新芽が出る3月から初夏にかけての時期だ。夏場は新芽が出にくく苦味が強くてかたい。また葉が傷みやすいため、スーパーの店頭にはあまり並ばない。では、選び方のポイントは何だろうか。明日葉を美味しく味わいたいなら、葉の色が薄くて茎が細いものを選ぶことである。
軽い苦みと独特の香りが特徴の明日葉だが、調理次第で特有のクセをやわらげられる。下茹でのコツは沸騰した湯に茎のみをつけて30秒ほど茹で、少しやわらかくなったら全体を入れる。あとはひと息おいて、再び湯が沸くくらいで取り出せばよい。ほうれん草と同じくらいの茹で時間ではかたすぎて、ほかの食材となじまないので注意すること。下茹で後は粗熱がとれるまで、30秒~1分ほど水にさらす。冷水にさらすと臭みがやわらぎ、色の劣化も防げる。

3. 明日葉を味わうおすすめの食べ方

最後に明日葉を美味しく味わう、おすすめの食べ方を紹介しよう。明日葉を美味しく味わう料理のひとつが定番の天ぷらだ。下茹でした明日葉は軽く水気をしぼってから切る。切り方はあとでしぼるときに臭みが出ていきやすいので、なるべく細かく切ること。切ったあとにもう一度水気をしぼると臭みがやわらぐ。
次にボウルに卵を割りほぐして冷水を入れ、混ぜ合わせてふるった小麦粉を加える。軽く混ぜ合わせ、明日葉に衣を付けて中温の油でからりと揚げる。粉は混ぜすぎず、粒が残っているくらいでよい。最後に器に盛り付ければ天ぷらの完成だ。少しクセのある明日葉でも天ぷらにすると美味しく味わえる。
次におひたしの作り方を紹介しよう。まず中火に熱したフライパンにごま油をひき、しらすを入れてカリカリになるまで炒める。ボウルにめんつゆとねりからしを入れて混ぜ合わせ、水気をしぼってカットした明日葉を加えて合わせる。全体が混ざったら、炒めたしらすを加えて混ぜ合わせる。最後に器に盛り付ければ、おひたしの完成だ。ねりからしがピリッときいた美味しさで、しらすの食感も楽しめるだろう。
最後に炒め物の作り方を紹介しよう。かにかまは4cmくらいに切り、トマトはへたを取り除いて6~8等分ほどのくし形に切り、豚肉は約3cm幅にカットして塩こしょうをふる。ごま油・塩・しょうゆ・酒・こしょうは混ぜておく。フライパンにサラダ油を熱して豚肉を炒め、色が変わったら下茹でしてカットした明日葉を加える。さらにトマトを加えてさっと炒め、合わせておいた調味料で味を調える。最後に器に盛り付ければ明日葉とトマトの中華炒めの完成だ。食べごたえがある一品で、ごはんのおかずにおすすめ。

結論

天ぷらやおひたし、炒め物で食べると美味しい明日葉。クセのある苦みは下茹でして冷水につけることで、やわらげることができる。これまで明日葉を手に取ることがなかった人も、ぜひ明日葉料理にチャレンジしてみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年3月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ