このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
がんもどきはどう食べる?煮物以外の食べ方や美味しいアレンジ

がんもどきはどう食べる?煮物以外の食べ方や美味しいアレンジ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2021年3月 2日

がんもどきは、水気を絞った豆腐に山芋や人参、ごぼう、しいたけ、昆布、銀杏などを混ぜ、丸く成形して油で揚げたものである。煮物として食べられることが多い食品であるが、ほかにも美味しい食べ方ができる食材だ。ここでは、かんもどきの煮物を美味しく作る方法や、味付けのバリエーション、がんもどきの煮物に合わせるおすすめの野菜、そして、煮物以外のおすすめの食べ方について紹介していく。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. がんもどきの煮物の美味しい作り方

がんもどきの煮物を作るときに、まず大切なことは油抜きである。油抜きとは、油で揚げた食品の表面に付いている油を取り除くことであり、湯に通すか熱湯を回しかける方法だ。
この作業を行うことで油くささが抜け、余分な油も取り除くことができるため料理が脂っこくなるのを防ぐことができるのだ。この油抜きをしてから、鍋に調味料とがんもどきを入れて煮るのである。
味付けは好みにより、濃いめと薄めに分けられる。濃いめの味付けでは、醤油、砂糖、みりん、酒を使い、甘辛く煮ることで味のバランスを取ることができる。薄めにする場合は、出汁を活かして砂糖は入れず、うす口醤油、塩、みりん、酒を使い醤油の量も減らして仕上げるようにすると、煮汁の色も薄く仕上げることができるのである。

2. 野菜たっぷりのがんもどきの煮物

がんもどきの煮物は野菜を入れることで、それぞれの素材の旨みが合わさり、より味わいを増すことができる。
がんもどきの煮物に合う野菜は幅広く、大根や人参、ごぼう、カブ、さつまいもといった根菜類だけでなく、いんげんや小松菜、水菜など、さまざまな野菜を合わせることができるのである。
ここでは野菜をたっぷり入れたがんもどきの煮物の作り方を紹介したい。まず、がんもどきは熱湯を回しかけて油抜きしておき、大根は柔らかくなるまで茹でておく。人参、ごぼうは乱切りにし、ごぼうは水にさらしてアクを抜く。鍋に水、顆粒出汁、醤油、砂糖、みりん、酒を入れて煮立て、すべての具材を加えて煮る。すべての素材に火が通ったら、小松菜を加えてさっと煮たらできあがりだ。
しめじやしいたけなどのきのこ類を入れるとさらに旨みが増すのでおすすめである。

3. 白だしやめんつゆのがんもどきの煮物も人気

がんもどきの煮物は醤油やみりんなどの調味料で味付けするほかに、市販の合わせ調味料を使う方法もあるので紹介していきたい。
まずひとつめはめんつゆを使う方法である。めんつゆには濃縮度合いにさまざまなタイプがあるが、料理に合わせた水とめんつゆの割合がラベルに記載されているので、その通りの分量にするだけで味が決まり、非常に簡単である。このことから、めんつゆのような合わせ調味料は定番の調味料となっている。
ふたつめは白だしである。白だしとは、白醤油にかつお節や昆布、しいたけなどから取った出汁に、食塩やみりんなどを加えた調味料である。白だしもめんつゆと同様に水で割るだけで味が決まることに加えて、色が淡く素材の色を活かすことができることから、人気の調味料である。

4. がんもどきの煮物以外の食べ方

がんもどきといえば煮物に使われるイメージが強い。しかし、煮物以外にもがんもどきの美味しさを引き出すことができる調理法もあるので紹介したい。
その方法は、フライパンに油をひき、がんもどきを焼きあげるのである。こうすることでカリっとした作りたてのような食感になるのだ。このように焼いたがんもどきに生姜醤油を付けて食べるのである。
同じような食べ方としては、バター醤油ソテーという方法もある。バターとごま油で焼きあげ、醤油をかけてかつお節をのせるアレンジだ。
そのほか、焼いて食べるレシピには、がんもどきの上にピザ用チーズをのせてふたをして溶かし、そこにかつお節やねぎをのせたり、がんもどきを半分にスライスし、中にねぎ味噌やねぎとチーズなどを入れオーブンで焼く「はさみ焼き」といったバリエーションもある。

結論

がんもどきの煮物を美味しく作るには、油抜きをすることが肝心である。味付けは濃いめから薄め、そして市販のめんつゆや白だしを使う方法まで幅広くある。煮物が定番であるが、焼いて食べるレシピも美味しいのでぜひ試してほしい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年3月 2日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ