このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パセリの収穫の仕方を紹介!収穫後の肥料のやり方や保存方法も!

パセリの収穫の仕方を紹介!収穫後の肥料のやり方や保存方法も!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年3月 7日

今回はパセリの収穫の仕方と収穫後はどうすればいいのか、おすすめの保存方法を紹介しよう。2年草で翌年に花が咲くまで、1年を通して収穫できるパセリ。家庭菜園で栽培すると、調理に必要なときに新鮮な状態を味わえるのが魅力のひとつだ。

  

1. パセリを収穫する:どこから摘めばいい?

にんじんと同じセリ科の野菜のパセリ。栄養素は可食部100g当たりでカリウム1,000mg、ビタミンC120mg、β-カロテン7,400μg(マイクログラム)などを豊富に含んでいる。日本でなじみのある縮れ葉のパセリはカーリーパセリといい、平たい葉をイタリアンパセリという。特徴はカーリーパセリに比べると、イタリアンパセリのほうが香りにクセがない。
先述したように1年を通して収穫できるので家庭菜園にもおすすめだ。パセリの苗を選ぶポイントは葉が濃い緑色で、枯れた部分のない健康な苗がおすすめ。植えるときはプランターに培養土を入れて20cmくらいの間隔で植え、穴を掘って水をたっぷりと注ぎ入れること。パセリは移植を嫌うため、ポットから取り出したあとは根鉢を崩さず、やさしく植え付けるように。
株元を土よりやや高めにし、植えて土を寄せる。株元を軽く押さえてプランターの底から水が流れるくらい、たっぷりと水を注いで2~3日ほど日陰におく。成長しだしたら2週間に1回くらい、化学肥料を株元に施して土寄せする。育てる場所は南向きの暖かいところに置き、乾燥に弱いため、水切れしないよう注意が必要だ。
栽培したはいいが、いつまで育つのを待てばいいのか、どこから摘み取ればいいのか、わからないという人もいるだろう。栽培するパセリの収穫方法について解説する。パセリを収穫するタイミングは本葉が15枚以上出てきたときだ。収穫の仕方は外側の葉から順に摘み取るか、根元からハサミで切り取ること。1回の収穫量は1株で数本が目安だ。つねに10本以上の葉を残すこと。先述したようにパセリは1年中収穫できるが、2年草なので花茎が伸びてきたら、種を採るために1株のみを残し、次の栽培に使うのがおすすめだ

2. パセリを収穫する:収穫後はどうする?

パセリを収穫したものの、その後の土はどうすればいいのかと悩む人もいるのでは?ここではパセリを収穫したあとに何をすべきかを解説する。収穫後は軽く肥料を撒き、土寄せするとよい。その後は液肥を1週間に1回くらいのペースで与えながら、新葉の育成を促すこと。花が咲くと茎葉が硬くなるため、花芽は早めに摘み取ることが大切だ。
パセリは病気や害虫の少ない野菜だ。ただしキアゲハが付くと葉を食べられてしまう。キアゲハをみつけたら、つまんで駆除すること。さらに株の状態をみて肥料が切れているようであれば、株元に化成肥料を少しずつ追肥して軽く耕せばよい。夏に畑が乾燥すると葉が硬くなるので、追肥のときは必ず水やりを行うこと。

3. パセリを収穫する:保存はどうする?

添え物としてだけ使うにはもったいない、栄養の宝庫といっても過言ではないパセリ。最後に収穫後のパセリの保存方法を紹介しよう。収穫したパセリは葉っぱだけ取り、レンジで加熱して乾燥させ、ポリ袋に入れてパラパラに砕いたら、冷凍用の保存袋に入れて空気を抜き、冷凍室で保存すればよい。冷凍室での保存期間の目安は1ヶ月くらいだ。
長く保存したいなら冷凍保存がおすすめだが、冷蔵保存も可能だ。方法はパセリの茎の先をキッチンバサミで斜めに切り落とす。グラスに茎が浸かるくらいまで水を入れ、パセリの茎を下にして入れて冷蔵室へ。サラダや肉料理、パスタなど、いろいろな料理に使えて便利だ。

結論

パセリの収穫の仕方や収穫後の肥料のやり方、いつまで収穫できるかについて紹介した。解説したように1年を通して収穫可能なパセリ。これまでスーパーで買うのが当たり前だった人も、家庭菜園で栽培してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年3月 7日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング