このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
桜餅の作り方を学んで作ってみよう!関東風と関西風の違いとは

桜餅の作り方を学んで作ってみよう!関東風と関西風の違いとは

投稿者:ライター 玉木綾香(たまきあやか)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年3月20日

春らしさを感じられる和菓子「桜餅」。そんな桜餅は関東風と関西風で見た目や材料、作り方が異なるのはご存じだろうか。今回は関東風、関西風の桜餅の違いの解説や基本的な作り方などを紹介する。電子レンジを使った簡単な作り方もピックアップしているので、自宅でのお菓子作りの参考にしてみてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 桜餅には2種類ある!作り方も紹介

桜餅には関東風と関西風があり、材料も作り方もそれぞれ違う。関東風の桜餅は材料に小麦粉が使われており、作り方はクレープのような生地に餡子を包んでいる。生地を半分に折り畳んだり、一周ぐるっと巻いたりと形はさまざまだ。数ある関東風の桜餅の中でも発祥の地として「長命寺」という寺と深い関係があるといわれている。というのも、初代新六が大川堤で有名だった桜並木にあやかって、塩漬けした桜の葉で包んだ餅を考案したことが始まりだそうだ。創業以来変わらない味を提供する「長命寺の桜餅」は、素材と無添加であることを大切にしており、いまでも多くの人から支持されている。店の近くに行った際には一度食べてみてほしい。
対して、関西風の桜餅は材料に道明寺粉(もち米を蒸し乾燥させた粉)を使っており、米のつぶつぶした食感が楽しめる。関西風の桜餅は道明寺粉を蒸したものの中に餡子を包む作り方で、かわいらしい丸いフォルムが特徴的だ。そんな道明寺粉の歴史は深く、約1,000年以上前に大阪にある道明寺で作られていた保存食が由来といわれている。このようにそれぞれの歴史がある関東風、関西風の桜餅は、見た目をはじめ作り方もまるで違う奥が深い和菓子だ。

2. 関東風の桜餅の作り方

関東風の桜餅の作り方は、まずこし餡を俵状に丸め、桜の葉の水分を取り除くところから始めよう。一番肝心なのは生地作り。基本の材料は薄力粉・白玉粉・砂糖・水のみと至ってシンプル。メインは薄力粉だが、もちもちした食感の白玉粉を入れるのがおすすめだ。白玉粉はスーパーでも簡単に手に入れることができるので、ぜひチェックしてみよう。
桜餅の生地の作り方のポイントは、ダマがなくなるよう混ぜること。とくに白玉粉はダマになりやすいので、混ぜる前にしっかりと指ですりつぶしておくといいだろう。あとは、フライパンに薄く伸ばして焼き、生地で餡子を包んで完成だ。包む作業は簡単にできるので、子どもと一緒に仕上げると喜んで取り組んでくれるだろう。
生地はこのまま白いままでも問題ないが、春らしいピンク色にしたいのであれば食用色素で色付けしてもOKだ。ただし、色素は色が付きやすいので、生地の状態を見ながら少しずつ加えるようにしよう。また、桜の葉を巻いたり、桜の花をのせたりするとさらに本格的に仕上げることもできる。作り方のポイントをおさえて、関東風の桜餅作りに挑戦してみよう。

3. 関西風の桜餅の作り方(もち米・道明寺粉)

関西風の桜餅の作り方は関東風と同様、まずこし餡を成形し、桜の葉についている水分を取り除こう。餡の形は包みやすいように俵状ではなく、丸くするのがポイントだ。生地の基本材料は道明寺粉・砂糖・水・食用色素のみで、ボウルにこの材料を混ぜて電子レンジで加熱する。蒸し器ではなく電子レンジで作れるなら、簡単で料理初心者でも挑戦しやすいだろう。また、蒸す作業もボウルにラップをしたまま10分程度置いておくだけなので、洗い物の手間も省ける。生地が完成すればあとは餡を包み、桜の葉を巻いて完成。
関西風桜餅の作り方でのポイントは、生地が温かいうちに包むこと。生地が冷めてしまうと扱いにくくなるため、火傷に注意しつつ温かい状態で包むようにしよう。また、関西風の桜餅は道明寺粉でなく、もち米を代用して作ることも可能だ。作り方はもち米を大体一晩水につけて水分を含ませたら、布で包んで麺棒で荒くつぶす。そうすることで道明寺粉の食感に近づけることができるのだ。あとは蒸し器で蒸して、先ほど同様の仕上げを行えば完成。もち米で作るときは蒸しあがってから食用色素で色付けしよう。お湯と色素を混ぜたものをもち米に吸わせることで、よりふっくらと仕上げることができる。自宅にもち米が余っている場合は、ぜひ試してみよう!

結論

関東風と関西風では見た目も食感も違うことに驚いた人、初めて知ったという人も多いのではないだろうか。購入して食べる機会が多いかもしれないが、桜餅の作り方はシンプルで作りやすい。桜餅を自宅で作って、春の訪れを感じてみよう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年3月20日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ