このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
緑茶の飲みすぎは健康に影響あり?緑茶が含む成分と健康への影響とは

緑茶の飲みすぎは健康に影響あり?緑茶が含む成分と健康への影響とは

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年3月20日

昨今の和食ブームで緑茶も世界中で注目を浴びている。ヘルシーな飲料として世界も認める緑茶であるが、飲みすぎによる弊害はあるのだろうか。緑茶が含むカフェインやタンニンの効能は新聞などでも話題になるが、本記事ではあえてそのデメリットについて触れる。緑茶の飲みすぎについて説明しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 緑茶の飲みすぎは危険?タンニンの摂りすぎは貧血に注意

緑茶に含まれる成分のひとつにタンニンがある。よく耳にする成分であるが、実際にはどのような働きをするのであろうか。そして、緑茶の飲みすぎによってタンニンを摂取しすぎると弊害はあるのだろうか。

タンニンとは

タンニンとは、緑茶の渋みのもととなる成分である。緑茶以外の食材でも、色素やアクの原因となることもある。とくに、茶や柿に多く含まれることが報告されている。逆にいえば、緑茶の美味しさはタンニンの量や質を調節することによって渋みや苦みのバランスを保っているのである。タンニンはまた、たんぱく質やコラーゲンと強く結合する性質を有している。

タンニンの過剰摂取は危険?

国立がん研究センターでは、貧血の症状がある人はタンニンを多く含む濃い緑茶の摂取を控えるよう呼び掛けている(※1)。とくに、食事の前後、食事中は濃い緑茶は避けるのが無難であるようだ。理由は、タンニンが鉄の吸収を妨げる作用があるためである(※2)。また、岡山大学名誉教授奥田拓男氏の研究では、タンニンが胃壁を刺激して嘔吐を催す可能性が挙げられている(※3)。しかしこれらはあくまで可能性であり、通常の量の緑茶を摂取する分には問題ないとされている。とはいえ、貧血の症状がある人は注意が必要であろう。

2. 緑茶の飲みすぎは危険?カフェインによる影響

緑茶やコーヒーなどの飲料に多く含まれているカフェイン。さまざまな効能とともに、過剰摂取による悪影響もうたわれている。緑茶に含まれるカフェインについて見てみよう。

1日に摂取するカフェインの限度は?

一般的な緑茶1杯には、およそ20mgのカフェインが含まれているとされている(※4)。カフェインの摂取許容量は、国内でも国際的にもとくに基準の数値があるわけではない。しかし、妊婦の場合はコーヒーに関しては1日に3〜4杯を限度に摂取することが推奨されている(※5)。

カフェインを摂取しすぎると?

厚生労働省や農林水産省のサイトでは、カフェインを摂りすぎた場合の悪影響について触れている(※4)。それによれば、カフェインの過剰摂取は中枢神経を刺激するためにさまざまな不快な症状に悩まされる可能性があるという。めまいや動悸、興奮や不眠、下痢など、人によっては症状は異なるようである。ついつい手にする緑茶の量は、やはり注意が必要だろう。

3. 緑茶の飲みすぎは危険?シュウ酸による影響

緑茶が含む成分の中で特筆すべきもののもうひとつにシュウ酸がある。シュウ酸はカルシウムや鉄と結合する性格のある成分である。シュウ酸の過剰摂取にはどんな影響があるのだろうか。

注意すべきは尿路結石

シュウ酸の過剰摂取は尿路結石を引き起こす可能性がある。尿路結石は激痛を伴うこともあるため、緑茶を飲む量にも注意してシュウ酸の摂取量を調節しよう。尿路結石を予防するためには、水分の摂取は必須である。しかし、緑茶に多く含まれるシュウ酸は尿中でカルシウムと結合すると結石を生み出してしまう。尿路結石患者の約70%は食物由来のシュウ酸にあるといわれており、緑茶をはじめとする食材の摂り方には注意が必要なのである(※6)。

結論

緑茶には健康に寄与する有効な成分がたくさん含まれている。一方で、健康にマイナスとなる要素もゼロではないのである。また、めまいや嘔吐などの不快な症状を誘発する可能性も含んでいる。通常量の緑茶であれば問題はないものの、自身の体調もよく考慮して緑茶を正しく摂取することが大事なのである。
(参考文献)
※1 運営元:国立がん研究センター
該当ページ名:『貧血のある方のお食事』
https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/nutrition_management/info/seminar/recipe/recipe165.pdf

※2 運営元:埼玉医科大学
該当ページ名:鉄と貧血
http://www.saitama-med.ac.jp/lecture/materials/51-H2106-2.pdf

※3 運営元:独立行政法人科学技術振興機構
該当ページ名:タンニンの効用
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1915/78/10/78_10_728/_pdf

※4 運営元:文部科学省
該当ページ名:食品成分表(し好む飲料類)


※5 運営元:厚生労働省
該当ページ名:食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html

※6 運営元:公益財団法人 日本医療機能評価機構
該当ページ名:3再発予防CQ29シュウ酸はどのような食物に多く含まれるか?また、シュウ酸の摂取について工夫すべきことはあるか?
https://minds.jcqhc.or.jp/n/cq/D0003085
  • 更新日:

    2021年3月20日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ