このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【おこわ】の作り方を教えて!いろいろな調理器具で作ってみよう!

【おこわ】の作り方を教えて!いろいろな調理器具で作ってみよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年4月18日

いろいろな調理器具で作るおこわの作り方を紹介しよう。もっちりとした食感が魅力的なおこわは、蒸し器をはじめとする専用の道具を使って作るイメージが強いかもしれないが、実は家にある調理器具で簡単に作ることができるのだ。家庭料理でおこわを作って楽しみたい人は、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. おこわの作り方を教えて!具材や味付けいろいろ

調理器具別のおこわの作り方を紹介する前に、おこわの具材や味付けについて紹介しよう。

おこわの味付け

おこわの味付けといえば、和風出汁や醤油、酒にみりんなどで調味した和風の味付けがベーシックだ。また、オイスターソースや鶏ガラ出汁を使用した中華風の味付けもおすすめだ。和風のおこわの作り方は、もち米と具材を一緒に炊飯器などに入れて加熱するのが一般的だが、中華風や肉を使うおこわの場合は、いったん、具材を炒め煮にしてからもち米と一緒に炊いていることが多い。同じおこわでも、入れる具材や味付けによっておこわの作り方の手順が少し違うのである。

おこわの具材

おこわに使われる定番の具材といえば、栗や小豆、山菜などだ。鶏肉やにんじん、きのこなどを使った五目おこわもおすすめだ。中華風のおこわには、出汁のでる干ししいたけや干しエビ、豚肉や筍などバラエティーに富んだたくさんの具材が入っている。

2. 炊飯器でのおこわの作り方

炊飯器を使ったおこわの作り方は、まず、もち米とうるち米を合わせて洗い、30分ほどザルにあげてから炊飯器に入れて炊く。もち米は吸水力が高いため、炊飯器を使ったおこわの作り方では、もち米を浸水させずザルにあげておくのがポイントだ。
炊飯器におこわコースがなければ普通炊飯でも炊ける。その場合は、水分の量を普通のお米を炊くときの7~8割程度にするのが、美味しく仕上げるコツである。炊飯器を使ったおこわの作り方は、とても手軽なのでぜひチャレンジしてみてほしい。

3. 蒸し器でのおこわの作り方

本格的な味わいが楽しめる蒸し器を使ったおこわの作り方を紹介しよう。

蒸し器を使ったおこわの作り方

蒸し器を使う場合は、もち米を洗ったあと3~6時間程度たっぷりの水に浸けておかなければならない。浸水時間を長めにすることが、もっちりしたおこわに仕上げるコツなのだ。浸水が完了したら、ぬらして固く絞った蒸し布を敷いた蒸し器に、水気を切ったもち米と、火の通りにくい食材を加えて、強火で20~30分ほど蒸す。五目おこわや中華風おこわなど、炒め煮にしたほかの具材を加えるときは、蒸しあがったおこわに加えて混ぜ、さらに10分ほど蒸すといいだろう。

蒸し布の役割

蒸し器でのおこわの作り方で欠かせない蒸し布は、余分な水滴がおこわに付くのを防ぐ。さらに、もち米が蒸籠や蒸し器にこびり付くのを防いで、片付けまで楽にしてくれる優れものだ。おこわを蒸し器で作るときは、ぜひ蒸し布を用意していただきたい。

4. 土鍋でのおこわの作り方

土鍋でのおこわの作り方では、炊飯器で炊くときと同じく洗ったもち米は、ザルにあげて30分ほど置いてから調理していく。おこわを炊くときの水分量は、もち米と同量か1割程度少なめにしておくといいだろう。もち米と水、調味料を加えたら上に具材を入れ、ふたをして中火にかける。沸騰してきたら弱火で10~15分ほど加熱し、火を消して10分ほど蒸らせば完成だ。
土鍋でのおこわの作り方の場合、入れる具材や味付けで加熱時間が前後するが、おこげがつくのも土鍋調理の魅力である。土鍋を使ったおこわの作り方を試すなら、ぜひおこげをつけて香ばしさがプラスされたおこわを楽しんでほしい。

5. 圧力鍋でのおこわの作り方

圧力鍋を使ったおこわの作り方は、炊飯器や土鍋のおこわの作り方とほぼ同じだが、圧力鍋で作るときは、もち米を浸水させる必要がない。圧力鍋に洗って水気を切ったもち米と水、調味料や具材を加えてふたをしめ強火にかける。圧が上がったら弱火にして3分ほど加熱し、火を止めたら、自然に圧が下がるまで放置すればOKだ。浸水時間もいらず短時間で作れることが、圧力鍋でのおこわの作り方の特徴である。

6. 電子レンジでのおこわの作り方

最後に、電子レンジでのおこわの作り方を紹介しよう。電子レンジでのおこわの作り方では、もち米は洗ったあと30分ほど浸水してからザルにあげておこう。耐熱ボウルにもち米と水、調味料と具材を入れたら、ふんわりとラップをして600Wで8分ほど電子レンジにかける。いったん取り出したら、しゃもじで全体を軽く混ぜ、再びふんわりとラップをかけて8分ほど電子レンジにかける。取り出したら、もう一度全体を軽く混ぜラップをかけ直して、10分ほど蒸らせば完成だ。
食べてみて、芯が残っているようであれば、再度1分ずつ電子レンジにかけ、様子をみるといいだろう。電子レンジでのおこわの作り方なら、火を使わないので、子どもと一緒にチャレンジしやすいのではないだろうか。

結論

おこわは、身近にある道具や食材で意外と簡単に作れることをご理解いただけただろうか。おこわは、普段の食卓にはもちろん、お祝いの席にもぴったりの料理だ。ぜひ、家にある調理器具を使った作り方でおこわ作りに挑戦してみてほしい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年4月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング