このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オシャレな【カステラケーキ】の作り方!型を変えて自由にアレンジ

オシャレな【カステラケーキ】の作り方!型を変えて自由にアレンジ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年4月13日

ケーキは自宅で作ろうと思うとなかなかハードルが高いと感じる人も多いのではないだろうか。ところが、カステラをベースに作るケーキであればスポンジ作りが省略されるため、手軽に作ることができるようになるのである。ここでは、カステラを使って作るケーキと、ケーキ型を使ったカステラの作り方について紹介していく。

  

1. パーティーやおもてなしに!カステラで簡単スコップケーキ

スコップケーキとは深めの皿などにスポンジケーキやクリームなどを敷き詰めた柔らかいケーキのことである。ナイフで切るのではなく、大きなスプーン(スコップ)ですくって取り分けるところからスコップケーキと呼ばれるのだ。今回は、このケーキのスポンジの代わりにカステラを使うのである。
作り方は、まず、生クリームにグラニュー糖を入れツノが立つ程度にホイップする。そして、カステラを1cm程度の厚さに切り容器に敷き詰める。そこに生クリーム、フルーツを順にのせ、再度カステラ、生クリーム、フルーツをのせミントを散らせば完成である。なお、生クリームは冷凍やチルドの商品を用意すると、さらに手軽に作ることができる。
バナナなど家に常備しているフルーツを使ってもよいが、豪華に飾り付けるのであれば、苺やブルーベリーなどを合わせるのもおすすめである。
さらに本格的な仕上がりにする場合は、砂糖と水にブランデーやラム酒を加えてシロップを作り、スポンジとなるカステラに塗るとグッと大人な味わいになるのだ。

2. オーブン不要!ボウルで作るカステラドームケーキ

スコップケーキと同じような作り方で、容器をボウルに変えるとドーム型のケーキを作ることができるので紹介したい。
まず、生クリームに砂糖を加え7分立てにする。苺はスライスし、カステラは薄く切っておく。1切ずつカットされているカステラであれば、さらに半分程度の薄さに切ろう。ボウルにラップを敷いて、カステラを敷き詰める。
敷き詰めたカステラの上にホイップした生クリームを塗り、スライスした苺をのせ、さらにカステラをのせる。これを繰り返しボウルの上面まできたら最後にカステラでふたをし、ラップをして冷蔵庫で30分ほど冷やし固める。
次に、ラップを取りボウルを皿にのせてひっくり返す。表面にホイップした生クリームを塗り、4等分にカットした苺をトッピングすれば完成だ。
クリームは生クリームのほかに、クリームチーズを使うとレアチーズケーキのようなさわやかなホイップクリームにすることもできる。さっぱりとした感じを出すにはレモン汁を入れることがポイントだ。

3. ケーキ型で作る!はちみつ香るカステラケーキ

手作りとなると難しい印象のあるカステラであるが、特別な材料は必要なく、手順さえ守れば家にあるもので意外と簡単に作ることができるので紹介したい。ケーキ型にはさまざまな形や素材のものがあるが、ここでは100均などでも手軽に用意することができる紙製の丸型のものを使用する。
作り方は、まず、小麦粉を2回ふるい、卵は常温に戻しておく。卵をボウルに割り入れて混ぜ、砂糖を加えたら、湯煎にかけながらハンドミキサーで混ぜる。生地を垂らして字が書ける程度まで泡立てたら、低速に切り替え泡を均一にする。
生地にはちみつとサラダ油を加え混ぜたら、2回ふるった小麦粉をさらにふるいながら加え、底から持ち上げて切るように混ぜる。型に生地を流し入れたら、型を軽く持ち上げて数回落として空気を抜く。
予熱したオーブンで焼いて、竹串に生地が付かなければ焼き上がりだ。焼けたら粗熱を取り、型から出してラップで包む。冷蔵庫で1日置くと、よりしっとりとした仕上がりになる。

結論

ケーキはスポンジを焼くのが難しいが、カステラを使ったケーキならば簡単に失敗なく作ることができる。スコップケーキやドームケーキは見た目も華やかにすることができ、シロップを使うことで本格的な味わいにすることも可能である。カステラケーキは自宅にある材料で作ることができるので、一度チャレンジしてみてほしい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年4月13日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ