このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【さより】の旬は春だけじゃない?春を告げる魚の本当の旬はいつ?

【さより】の旬は春だけじゃない?春を告げる魚の本当の旬はいつ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 鈴木亜子(すずきあこ)

2021年4月 7日

さよりは高級魚であるため、とくに旬の時期が重要となる。なぜなら旬の時期には出回る可能性が高いからだ。さよりを一度は食べてみたいという人は要チェックだ。逆にあまりおすすめできない旬の時期以外のさよりについても紹介する。また、釣り好きの人のために釣りに最適な時期についても併せて紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. さよりの旬は秋冬から春にかけて

魚も養殖や輸入によって旬を問わず食べられるようになっている。そのため、旬を気にしない人も多いだろう。しかし、旬の時期に獲れた魚は美味しいだけではなく、季節感も一緒に味わうことができる。ここでは、高級魚であるがゆえに意外と知られていないさよりの旬を紹介する。

さよりは春の象徴

さよりは日本の広い地域で獲れる魚で、1年を通して獲ることができる。しかし、さよりは「春を告げる魚」として知られている。その理由の1つがさよりの産卵時期だ。魚は産卵前が一番脂のノリがよく美味しい。さよりは夏に産卵を迎えるため、産卵直前となる春になるとさよりが大きくなり脂ものっている。そのため、春になるとさよりの漁獲量が増え、春を告げる魚として親しまれるようになった。

秋や冬も美味しい

さよりの旬は春だけだと思いがちだが、実は秋冬も旬に含まれる。産卵を終えたさよりも秋頃になると再び脂がのり始める。春に獲れたさよりは魚卵が入っていることが多いが、秋冬のさよりはまだ卵が育っていないため、シンプルに身を味わうことができる。地域によって多少のずれはあるが、さよりの旬は秋、冬、春と長いため、シーズンごとの味わいの変化を比べてみるのも面白い。高級魚であるため、なかなかスーパーに並ぶことはないが、寒くなってきたころから少しずつチェックしてみよう。

2. さよりの旬:夏は産卵を終えて身の質が落ちる

さよりは1年中獲ることができ、旬も秋から春と長い。しかし、逆に夏だけ旬に含まれていないことを疑問に思う人もいるだろう。夏はさよりの産卵シーズンだが、産卵することが旬でないことと関係してくる。ここでは、さよりの旬に夏が含まれない理由について紹介する。

産卵を迎えるとやせ細る

さよりは夏に産卵を迎える。産卵したさよりは魚卵がなくなるだけではなく、産卵に体力を使うため、身もやせ細ってしまう。産卵してもさよりの味自体は大きく変化しないが、身の質が落ちるため、さよりの透き通った身や食感を楽しむことができない。また、脂のノリも悪いため味気なく感じる。このように、さよりのもつ風味や食感を味わうことができないことから、夏だけさよりの旬から外れている。

旬でなくても獲ることはできる

夏はさよりの旬ではないが、獲ることはできる。脂のノリや身の大きさは旬の時期と比べると劣ってしまうが、食べることもできる。ただし、食べ方には工夫が必要だ。さよりといえば透き通った身を活かして刺身や寿司にするのが一般的だが、夏に獲れたサヨリは身がやせ細っているため刺身や寿司には向かない。しかし、みりん干しや塩焼きといった料理にすれば美味しく食べることができる。

3. さよりの旬を釣りで楽しむ

さよりは1年を通して釣ることができる魚だ。しかし、とくに釣りやすい時期、いわゆる釣りの旬というものがある。ここではいつ、どんなさよりが釣りやすくなるかなど釣りの旬について紹介する。

釣りの旬は秋と冬

さよりを釣りたいなら秋と冬がおすすめだ。春を告げる魚といわれているため、春にも釣ることができるが、秋と冬のほうが釣りやすい。ただし、さよりは回遊魚であるため、秋冬でも近くに来ていなければまったく釣れない。地域によっては前後にずれ込むこともある。また、その年の天候などにも左右されるため、あくまで目安として考えよう。

大型さよりの旬は秋以降

狙うさよりのサイズによって、釣りの時期は変わる。20~30cmまたはそれ以上のさよりを狙うなら秋以降(11~5月)がおすすめだ。産卵を終え、やせ細ったさよりも秋以降になると脂がのり、身が大きくなる。さよりの釣りの旬とも重なるため、初めてさより釣りに挑戦する人はぜひ秋以降に挑戦してみよう。

小型なら夏から秋が旬

夏はさよりが産卵を迎えるため、身が小さくなってしまう。いわゆるエンピツサイズと呼ばれる小型のさよりであるため、大型のさよりを釣りたい人には不向きだ。しかし、小型のさよりならではの食べ方もできるため、興味のある人は夏から秋にかけて、とくに9月と10月に釣りに出かけてみよう。

結論

さよりは春を告げる魚として知られているが、実際の旬は秋冬、春と長い。秋以降はさよりが大きくなり始め、脂ものり始める。旬が長いさよりだが、産卵を終え身がやせ細る夏だけは旬から外れる。釣りの旬はさよりの大きさによって変わるため、手に入れたいサイズのさよりが釣れる時期を狙って釣りに出かけてみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年4月 7日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ