このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ダージリンの意味とは?ダージリンの旬の時期や美味しい飲み方を紹介

ダージリンの意味とは?ダージリンの旬の時期や美味しい飲み方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年4月18日

ダージリンは世界三大紅茶の1つとされ、紅茶のなかでも高級感があふれる茶葉だ。また、ダージリンという名前には面白い意味があるようだ。ダージリンについて説明するとともに、旬の時期や美味しい飲み方、おすすめの市販品を紹介しよう。

  

1. ダージリンの意味は?

ダージリンの意味とは?

ダージリンは華やかで芳醇な香りがするため、紅茶のシャンパンと呼ばれるくらい有名だ。また、世界三大紅茶の1つにも入っている。
ダージリンはインドの山岳地方に位置している。ダージリンの名前はチベット語で雷が落ちた場所という意味がある。なぜなら、ダージリンは標高が高いため、気候が変わりやすい。茶園は標高600〜2500mの山の斜面に広がり、早朝や夜間の寒暖差が激しく、霧が発生しやすいのである。この気温の変化がダージリン特有の香りや深みを生み出している。

品種

品種の多くはアッサム種と中国種を交配したものだが、交配していないアッサム種や中国種もあり、多様性がある。
水色は淡いグリーンから濃いオレンジ色までさまざまな色あいだ。これは季節や発酵の強度によっても違いがある。茶葉の形態はフルリーフタイプが多いが、なかにはブロークンタイプやCTCやガンパウダーのタイプも少量出回っている。
茶の芯芽の部分でシルバーティップといわれる産毛のある茶葉が、高価で良質な茶葉に分類される。

2. ダージリンの旬の時期

ダージリンには1年の間に春、夏、秋の3回の旬の時期がある。

ファーストフラッシュ

春に摘まれたダージリンの新茶のことをいう。初めて飲む人が驚くのが茶の浸出液の水色だ。一般的にイメージされる紅茶の色はオレンジ色だが、ファーストフラッシュは淡く黄金色に近い。みずみずしさがあり、さっぱりした味わい。また、ほのかな渋みもあるため、羊羹などの和菓子にも合うようだ。

セカンドフラッシュ

5月下旬〜6月下旬くらいまでに摘まれる夏摘み紅茶だ。独特のマスカットフレーバーをもっていて、最高峰の茶葉と評価される。シーズンの初めはやや青みを残す紅茶もあるが、6月上旬や中旬にはコクや濃厚な果実の香りが感じられる。その後、雨期なども入り、少しずつ紅茶の香りも弱まっていくのが特徴だ。

オータムナル

秋摘み紅茶と呼ばれ、1年間で最も甘みが感じられる味わいだ。低温と乾いた気候の影響が甘みを引き出している。まろやかな甘みや味わいがあり飲みやすいのが特徴だ。ダージリンを初めて飲む人やダージリン愛好家にもおすすめだ。

3. ダージリンの美味しい飲み方とおすすめの市販品を紹介!

ダージリンのおすすめの飲み方

ダージリンティーを美味しく味わうのにおすすめなのがストレートティーだ。なぜならダージリン特有の繊細で芳醇な香りを、ダイレクトに感じることができるからだ。

ダージリンティーの淹れ方

まず、水道水を強火で沸騰させ、ティーポットも温めておく。次に、茶葉を入れたティーポットに沸騰したお湯を少し高めの位置から注ぐ。2分半から6分くらい蒸らし、ティーカップに注いだらできあがりだ。

紅茶を美味しく淹れるポイント

使用する茶葉の種類によって量も多少は異なるが、一般的にはティーカップ1杯で3〜4g前後が理想的といわれる。適切な量を量ることで風味や味をちょうどよく保つことができる。

おすすめの市販品

  • FAUCHON「紅茶ダージリン」
フォションのダージリンの茶葉は、高級とされる芯芽を多く含んだ茶葉のゴールデンチップをたっぷり使用している。ミルクでもストレートでもどちらにも相性がよいのが特徴だ。
  • 片岡物産「ダージリン」
世界中から選ばれた茶葉のみを使用し、際立つ香りとほどよい渋みがアクセントのフレッシュな味わいだ。ティーバッグやリーフティーなどいくつか種類があり、好みに合わせて選べるのも嬉しいポイントだ。

結論

ダージリンは季節によっても味や風味の違いがあり、いろいろなバリエーションを楽しめる紅茶だ。クセが少なく食事やスイーツなどにも合わせやすい。美味しく淹れるポイントをおさえて、優雅なひと時を味わってみよう。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年4月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング