このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カリカリの鶏皮せんべいを自宅で簡単に!豊富なアレンジ方法も紹介

カリカリの鶏皮せんべいを自宅で簡単に!豊富なアレンジ方法も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年4月13日

普段鶏肉を使った料理をするときに、鶏皮は取り除いて捨ててしまっている人も多いだろう。今回はその鶏皮を使った、美味しい鶏皮せんべいの作り方やアレンジ方法を紹介しよう。酒のつまみやおやつにもピッタリで、アレンジ次第で食卓にも並べられる一品ができる。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フライパンやレンジでOK!カリカリ鶏皮せんべいの作り方

はじめに鶏皮せんべいの作り方を紹介しよう。鶏皮せんべいは、フライパンやレンジで作ることができて簡単だ。用意する鶏皮はもも肉、むね肉どちらでも構わないので好みのものを用意しよう。

フライパンでの作り方

鶏皮の下処理は、余分な脂を取り除いて塩をもみ込む。このとき鶏皮についている黄色い脂肪は指で丁寧に取り除くことがポイントだ。そしてフライパンに鶏皮同士が重ならないように広げる。この時に落としぶたなどの重しを乗せて、フライパンに接する面を大きくすることが全体をカリカリに仕上げるコツだ。そして、弱火でゆっくり焼いていく。10分くらいして、両面焼き色がついてパリッとしたら完成だ。

レンジでの作り方

鶏皮の余分な脂を取り除き、耐熱平皿に鶏皮を重ならないように広げよう。塩コショウと好みでハーブをふりかけて、ふんわりとラップをする。レンジで5~7分様子を見ながら温めて、こんがりとカリカリになったら完成だ。

オーブントースターでの作り方

下処理した鶏皮を、アルミホイルを敷いた天板の上に並べて、塩コショウなどで味付けをする。10分くらい様子を見ながら加熱していく。カリカリに焼けたら完成だ。

2. 甘辛アレンジの鶏皮せんべいの作り方

鶏皮せんべいにぴったりな少し変わった甘辛い味付けのアレンジ方法を紹介しよう。

北京ダック風甘辛ソース

甜麺醤、はちみつ、しょうゆを混ぜて作る北京ダック風ソースを、鶏皮せんべいにかけて、好みでネギときゅうりも添えて完成だ。

エスニック風甘辛ソース

酢、みりん、砂糖、豆板醤、にんにく、塩をレンジで30秒加熱する。そこに水溶き片栗粉を加えてソースの完成だ。市販のスイートチリソースでも代用できる。鶏皮せんべいとスイートチリソースに、パクチーとトマトを添えて食べるとよりエスニックな味わいが楽しめる。

3. コンビニやスーパーで人気の鶏皮せんべい

コンビニやスーパーで購入できる鶏皮せんべいは、温めずに食べられるスナック感覚のもの、手作りしたようにしっかり鶏皮の食感のあるものがある。いくつか紹介しよう。

セブンプレミアム「鶏皮揚げ ガーリック」

ガーリックの風味豊かな鶏皮せんべいだ。衣に米粉を使用しているので、温めなくても食感よく食べることができる。

ネオフーズ竹森「おつまみ鶏皮」シリーズ

柚子コショウ風味やわさび風味などさまざまな味わいが楽しめる商品だ。香辛料が効いているので、酒のつまみにピッタリだ。

ニチレイ「鶏皮せんべい」

これは冷凍保存で、食べるときは凍ったままの状態で油で2分揚げる。1つ1つが大きめのため、おかずにも充分だ。

4. 鶏皮せんべいのカロリーは高い?

カリカリの食感で酒のつまみにも、おやつにもよい鶏皮せんべいだが、ついつい食べ過ぎてしまうためカロリーが気になるところだ。鶏皮のカロリーは100gで492 kcal(※1)と高い。皮つきの鶏もも肉100gは204kcalなので、鶏皮だけで食べるともも肉よりもカロリーを多く摂取してしまうことがわかる。鶏皮せんべいの調理後、カロリーは約半分になり多少抑えることが可能だ。鶏皮に含まれるビタミンA(※2)は脂溶性のため、油と一緒に摂ることで吸収率がアップする。鶏皮は脂質(※3)が多いので、そのままフライパンで揚げ焼きするだけでも栄養価は上がる。
体重管理中の摂取はメリットとデメリットがあるので注意が必要だ。メリットとしては、糖質(※4)が少ないため糖質を制限しながら、脂質の多い鶏皮でお腹が満たすことができる。ビタミンが豊富なこともメリットだ。デメリットとしては、カロリーが高いことと先述したように脂質が多いことだ。鶏皮せんべいは体重管理中であれば、たまに楽しむくらいに抑えたほうがよいだろう。

5. 鶏皮せんべいの食べ方アレンジや保存方法

最後に鶏皮せんべいを使ったアレンジ料理を紹介しよう。鶏皮せんべいはサラダのトッピングとして使っても美味しく食べることができる。食べやすい大きさに切った鶏皮に塩コショウをふりカリっとするまで揚げて、好みのサラダにのせるだけで完成だ。和風のドレッシングや柑橘系の柚子やレモン風味のドレッシングが合う。また、鶏皮せんべいに、カレー粉をまぶしてカレー風味にするのも、酒のつまみになるアレンジだ。
鶏皮せんべいはカリっとした食感がよく、揚げた状態で保存するよりは食べる分だけ作るほうが食感もよく、美味しいだろう。皮を冷凍保存しておけば、凍った状態なので包丁で切りやすく、さらにそのまま調理ができる。平たく伸ばしてラップに包み、冷凍保存袋に入れ、冷凍庫に入れれば3~4週間の保存が可能だ。鶏皮せんべいを作りすぎてしまった場合は冷蔵庫保存で5日程度、冷凍保存も可能で2週間程度を目安に食べきろう。

結論

これからは鶏皮部分を捨てずに冷凍保存して、サッともう一品、鶏皮せんべいを作ってみよう。パリパリで美味しいつまみがあっという間に作れる。アレンジ方法は紹介した以外にも多数あるだろう。市販の鶏皮せんべいから味付けのヒントを得て、自宅で挑戦してみても楽しめそうだ。
(参考文献)
※1鶏皮 鶏もも肉のカロリー運営元:文部科学省該当ページ名:第2章 日本食品標準成分表 PDF(日本語版):文部科学省
※2ビタミンA
運営元:厚生労働省
該当ページ名:ビタミン | e-ヘルスネット(厚生労働省)
※3脂質
運営元:厚生労働省
該当ページ名:脂肪 / 脂質 | e-ヘルスネット(厚生労働省)
※4糖質
運営元:厚生労働省
該当ページ名:炭水化物 / 糖質 | e-ヘルスネット(厚生労働省)
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年4月 5日

  • 更新日:

    2021年4月13日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ