このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ボンボンショコラに適した型を紹介!詳しく知って上手に活用しよう

ボンボンショコラに適した型を紹介!詳しく知って上手に活用しよう

投稿者:ライター 管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2021年5月25日

ボンボンショコラを作る際は、型を上手に活用していきたい。型にはさまざな種類や形があるので、適した型を選ぶこともキレイに作るポイントとなる。また型は洗うことで何度も使うことができるので、ぜひ自分に合った型を見つけて愛用してみてはいかがだろうか。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ボンボンショコラ型の種類や選び方

ボンボンショコラの型について紹介していく。種類や特徴をはじめとして、選び方やおすすめしたいタイプも紹介していこう。

ポリカーボネート製

ポリカーボネート製のチョコレート型は薄いプラスチックのように硬い素材であり、メリットはチョコレートを流し込んでも形が安定していることである。さらに、ポリカーボネート製には型からチョコレートを抜くと、店の高級チョコレートのようにツヤツヤに仕上がるという特徴がある。反対にデメリットとして挙げられることは、ほかのチョコレートの型と比較すると高額である点だ。日常的にチョコレート作りを仕事にしている人に向いている型といえるだろう。

シリコン製

シリコン製は柔らかい素材のため、固まっているチョコレートを簡単に取り出せるというメリットがある。底の部分を押し出せばチョコレートが簡単に外せるので、固めたチョコレートを傷付けることなくスムーズに取り出せるのが大きな特徴といえる。また、上記に紹介したポリカーボネート製と比べて、手頃な価格で購入できるので、チョコレート作り初心者の人にもおすすめである。

2. おすすめのボンボンショコラ型

おすすめしたいボンボンショコラの型について、特徴とともに紹介していくので、知ってもらいたい。

cotta「シリコンモールド うさぎ&くま」

かわいらしいうさぎとくまの型は、ギフトチョコレートを作る際にもぴったりである。大きめのサイズで存在感があるチョコレートを作りたい時に、ぜひ活用してもらいたい。型離れしやすいシリコン製で、ひっくり返せば中までしっかりと洗えて衛生的である。

Elome「ハート シリコンモールド」

6.2×5.4cmの大きめのハートモチーフがとてもかわいいチョコレート型となっている。深めの作りなので、厚みのあるチョコレート作りに向いている。

貝印「ふち&抱っこチョコ型 クマ」

少し個性的なチョコが作れる12体のクマ型である。クマの腕の隙間に好みの食材をのせることで、おやつを抱えているようでかわいらしいのが特徴的である。扱いやすいシリコン素材となっている。

富澤商店「silikomart イージーチョコ ナチュレ」

柔らかくとても扱いやすいシリコン製のチョコレート流し型である。リーフの種類は4タイプで、とてもオシャレである。くっつかずに簡単に素早く取り出せるので、とても便利である。
上記紹介したほか、100均でもさまざまなチョコレート型が販売されている。また、店頭で売られている物や、Amazon、楽天、ヤフーショッピングといったオンラインで購入できる商品が多くあるので、いろいろ試してほしい。

3. ボンボンショコラの型を代用する方法

ボンボンショコラの型がなくても、ほかのもので代用することができる。代用品のアイデアや、代用品を使う際の注意点について紹介していくので、留意してもらいたい。

シリコン製氷皿

代用品として、100均などで手に入るハート型や丸型のシリコン製氷皿が適している。製氷皿にチョコレートを流し込む際は、欲張って入れすぎないように注意する。

バット

代用品として、適当な大きさのバットを活用する。チョコレートをバットに流し入れて、固まってから包丁などでカットする方法になる。この場合、チョコレートがしっかりと固まってからバットから取り出すようにする。

絞り袋

チョコレートを絞り袋から絞る際に、クッキングシートを敷いておき直接形を作りながら絞る方法である。この場合、間隔をあけながら絞るように注意する。

クッキー型

クッキングシートの上にクッキー型を並べて、そこにチョコレートを流し入れていく方法になる。流し入れる際にクッキー型が動かないように、テープなどで固定しておくとよいだろう。

4. ボンボンショコラが型から外れない場合

ボンボンショコラが型から外れない場合の傾向と対策について解説していくので、必要に応じて実践してもらいたい。

ボンボンショコラが型から外れない原因と対処法

基本的にはチョコレートがしっかりと固まっていないと、型から外れにくくなる。その場合は、もう少し時間が経ってから再度チャレンジするとよいだろう。また、デザインや型の形も重要である。デザインが複雑すぎるものや、壺のように入り口が狭く底が広い型は避けるようにしたほうがよい。それらの少し扱いにくい型を使用する際は、薄く油を塗ってからチョコレートを流し入れることで、外しやすくなるので試してみてもらいたい。

外しやすいor外しにくい型のタイプ

外しやすい型

シリコン製の型は、柔らかい素材であることから固まっているチョコレートを簡単に取り出せるというメリットがある。底の部分を軽く押すだけで簡単にチョコレートが外せたり、型を少し折り曲げてみたりすることも可能なので使いやすいだろう。

外しにくい型

上記のシリコン製の型と比較して、プラスチック製の型はチョコレートを外しにくいといえるだろう。

結論

本記事では、ボンボンショコラの型について紹介してきた。さらに、型を使った時のトラブル解消方法や、型がない場合の代用品についても紹介しているので、ぜひ取り入れてもらい美しい形のボンボンショコラを作ってもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月25日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ