このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
子供の日にはどんな料理を作る?子供が喜ぶメニューを紹介

子供の日にはどんな料理を作る?子供が喜ぶメニューを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年5月 5日

子供の健やかな成長を願う子供の日は、端午の節句とも呼ばれる。祝日でもあるので、子供の喜ぶ料理でお祝いする家庭も多いだろう。お祝い行事も毎年のこととなると、今年はどんな料理にしようか悩んでしまう人もいるかもしれない。そこで、子供の日にちなんだおすすめの料理を紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子供の日に作りたい!鯉のぼりモチーフの料理

子供の日といえば鯉のぼりを思い浮かべる人も多いだろう。鯉のぼりがモチーフの料理のレシピを紹介する。

オムライス

チキンライスを卵で巻くときに楕円形にせず、上と下だけ卵を折りたたんで形を整え、お皿に盛り付ける。尾の部分は「く」の字に切る。ケチャップでうろこの模様を描き、チーズと海苔で目を作ったら鯉のぼりモチーフのオムライスの完成だ。小さめに作って2つ上下に並べたり、アスパラガスで支柱を作ったりするのもおすすめ。

カレー

カレーのポイントは、皿にごはんを盛り付けるときに鯉のぼりの形にすること。スライスチーズやハム、海苔などを使ってうろこや目を作っていく。最後にごはんのまわりにカレーを流し込めば、子供の日にぴったりの一品の完成。茹で卵をトッピングしてもかわいく仕上げることができる。離乳食期を終えた1歳以上の子供も食べることができる料理だ。

ちらし寿司

具材を混ぜた酢飯で鯉のぼりの形を作る。牛乳パックを使って抜型を作り、ごはんを詰めると形が作りやすいのでおすすめだ。トッピングには錦糸卵やそぼろ、きゅうり、カイワレ大根、サーモンやいくら、まぐろなどの刺身を使うとよい。彩り豊かなかわいい鯉のぼり型のちらし寿司ができあがる。

握り寿司

お寿司は、自宅で作ってもスーパーや寿司屋さんのテイクアウトを使ってもよい。ネタに切り込みを入れて尾を作ったり、海苔やチーズで目やうろこをデコレーションしたりすれば完成だ。たくさんの鯉が泳いでいるような華やかな料理が仕上がる。

ロールケーキ

ロールケーキは、子供と一緒に作っても市販のものを買ってデコレーションしてもよい。薄切りにしたイチゴやオレンジ、キウイでうろこをつける作業を子供と一緒にしても楽しいはずだ。見た目がとてもかわいいので、子供の日のデザートやおやつにぴったりだ。

2. 子供の日に作りたい!かぶとモチーフの料理

五月人形として、子供の日にかぶとを飾っている人もいるだろう。そんな人には、かぶとモチーフの料理もおすすめ。かぶとの形を春巻きの皮で作る料理を紹介しよう。子供の日なので、具材は子供の好きなものを用意するとよい。えびやひき肉、ハムやチーズ、ポテトサラダなどを使ったおかず系はもちろん、もちやあんこを入れたデザート系もおすすめだ。春巻きの皮は、折り紙でかぶとを作るのと同じ方法で折っていく。折り目を作るごとに水をつけてのり付けをすると、崩れにくいかぶとができあがる。皮が正方形ではなかった場合、 端を切って形を整えてから作るとよい。具材を中に入れたら、最後にのり付けをしてしっかり閉じて、フライパンできつね色になるまで揚げたらできあがり。子供の日の食卓を彩る、かわいい料理の完成だ。

3. 子供の日に作りたい!簡単ごちそう料理

子供の日のお祝いにおすすめの簡単ごちそう料理を紹介しよう。

柏餅

子供の日といえば、柏の葉で餅を包んだ柏餅を食べる風習がある。柏の葉は新芽が出るまで落ちないため、子孫繁栄の縁起を担ぐとして、子供の日に食べるようになったといわれている。市販のものを買うことが多いかもしれないが、子供に日には親子で手作りに挑戦してみてはいかがだろう。白玉粉と上新粉、砂糖を混ぜて電子レンジにかければ、簡単に作れることができる。

押し寿司

角型に整えた酢飯に、ホタテやサーモンなどの刺身を使ってうろこを作り、うずらの卵の目をつければ見た目にもかわいい鯉のぼり押し寿司の完成。一品でおかずとごはんが揃う豪華な料理だ。

ワンプレートでお子様ランチに

子供はワンプレートに盛り付けられたお子様ランチが大好き。から揚げやハンバーグなど子供に人気のメニューを揃えれば、簡単に子供が喜ぶごちそう料理が完成する。1歳や2歳といった小さな子供ほど、ワンプレート料理にすると食べきった喜びも感じることができるのでおすすめだ。鯉のぼりやかぶとの旗をごはんに刺せば、子供の日らしいお子様ランチに仕上がる。

結論

いつものメニューに少し手を加え、デコレーションをするだけで、簡単に子供の日らしい料理にすることができる。子供の喜ぶ顔を見るために、今年の子供の日にはぜひかぶとや鯉のぼりモチーフの料理に挑戦してほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月 5日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ