このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【雲丹醤油】はもったいない精神から生まれた!?誕生秘話と食べ方

【雲丹醤油】はもったいない精神から生まれた!?誕生秘話と食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

日本の食卓に欠かすことができない醤油。最近では醤油にもさまざまなアレンジが加えられており、贅沢な味わいを楽しめる醤油も増えている。ここで紹介する雲丹醤油も贅沢な味わいが楽しめると人気を集めている醤油の1つだ。そもそも雲丹醤油とはどのような醤油か、どんな食べ方がおすすめかといった疑問にここでは答えていく。

  

1. 贅沢な味わい:雲丹醤油とは?

雲丹といえば高級魚介類の1つで、特別なときしか食べないという人も多いだろう。雲丹醤油とはその名の通り、雲丹が入った醤油だ。ここでは、雲丹醤油が生まれた理由や雲丹醤油ならではの風味について紹介する。

雲丹醤油は客の声から生まれた!

いまではさまざまなメーカーで作られている雲丹醤油だが、誕生のきっかけは客からの声だった。雲丹の瓶詰は美味しいが、底に残った雲丹がなかなか取れないことが多い。そのときにある客が醤油を加えて雲丹を取り出し、雲丹を溶いた醤油を刺身につけて食べてみたところ非常に美味しかったというのだ。この声を受けて下関の雲丹屋と醤油屋が共同開発して生み出されたのが「うにのやまみ」の雲丹醤油だ。その美味しさは下関から全国に広がり、いまでは美味しい醤油として注目を集めている。

雲丹醤油は本当に雲丹の味がする?

雲丹醤油には粒雲丹が使われているため、しっかりと雲丹の風味を感じることができる。普通の醤油はサラっとしているが、粒雲丹が溶かれた雲丹醤油はドロッとしており、見た目からも雲丹の存在感が分かる。気になる味わいだが、一口食べるとまず雲丹の濃厚な香りが口いっぱいに広がる。醤油と組み合わせることで、雲丹と組み合わせて食べることがないような食材とも一緒に食べることができる。雲丹醤油をいろいろな食材と組み合わせて、新しい美味しさを発見するのも面白い。

2. 市販でおすすめの雲丹醤油

さまざまなメーカーから雲丹醤油が販売されているため、いざ雲丹醤油を購入しようと思っても、どの雲丹醤油を購入したらよいか迷ってしまう。ここでは、おすすめの雲丹醤油を紹介する。ぜひ参考にしてほしい。

下関水陸物産株式会社(うにのやまみ)「雲丹醤油」

雲丹醤油を開発したうにのやまみの雲丹醤油は外せない。スーパーでは購入できないが、ネット通販で購入することができる。1本120mlと入っている量は少ないため、あっという間に1本使い切ってしまう。そのため、まとめ買いするのがおすすめだ。また、有名な雲丹醤油であるためプレゼントに贈っても喜ばれる。

小浜海産物「濱乃雲丹醤(はまのうにひしお)」

濱乃雲丹醤はカルディで売られている雲丹醤油だ。カルディといえば輸入食品のイメージが強いが、ぜひ濱乃雲丹醤も探してみよう。鮮度のよい雲丹を使って作られているため、濃厚な雲丹の旨みと風味を楽しむことができる。カルディのネット通販でも購入することができるため、店舗にない場合はネットで購入しよう。

株式会社ロコファームビレッジ「雲丹醤油」

株式会社ロコファームビレッジでは2種類の雲丹醤油が売られている。その名も、黒の雲丹醤油と白の雲丹醤油だ。どちらも北海道産丸大豆醤油を使っているが、黒の雲丹醤油では練り雲丹を、白の雲丹醤油では蒸し雲丹を組み合わせている。ネット通販ではセットで売られているため、食べ比べをするのも面白い。

3. おすすめはTKG:雲丹醤油の使い方

雲丹の風味がたっぷりと詰まった雲丹醤油。せっかくならその風味を最大限に活かした食べ方をしたい。ここでは、雲丹醤油のおすすめの食べ方を紹介する。

定番はTKG

TKGという略称で親しまれている卵かけごはん。シンプルな料理だからこそ、雲丹醤油の風味が引き立つ。少し手間をかけて白身をメレンゲ状にし、白身をふわふわにするのがおすすめだ。トロトロの黄身とふわふわの白身のそれぞれに濃厚な雲丹醤油がよく絡み、贅沢な味わいを楽しめる。

誕生のきっかけ!刺身にも

そもそも雲丹醤油は刺身につけて美味しかったことから商品化された。そのため、一度は刺身につけて食べてほしい。口いっぱいに魚介の風味が広がり、箸が止まらなくなること間違いなしだ。雲丹の濃厚な味わいを堪能したいなら、さっぱりとしたイカの刺身などがおすすめだ。

香ばしい!焼きおにぎり

表面がこんがりと焼けた焼きおにぎりは見るだけで食欲がそそられる。普通の醤油をつけて焼いても美味しいが、雲丹醤油を使えば香ばしい香りのあとに雲丹の風味が口に広がる。雲丹醤油をおにぎりの表面に塗ってフライパンで焼くだけで作れるため、小腹が空いたときに作ってみよう。

パスタの隠し味に!

クリーム系のパスタの仕上げに雲丹醤油をかければ、簡単に魚介風味のパスタが作れる。濃厚なクリームの味わいと雲丹醤油の風味を一緒に楽しむことができるため、満足度はバツグンだ。ちょっと贅沢なパスタを食べたいときにはぜひ、雲丹醤油を使ってみよう。

結論

雲丹醤油は瓶に残っている雲丹を食べようと醤油を入れたことから開発が始まった。偶然のような形で生まれた雲丹醤油だが、いまでは全国的に親しまれている。スーパーではあまり見かけないが、ネット通販で簡単に購入することができる。濃厚かつドロッとしている雲丹醤油は食材に絡みやすく、卵かけごはんや焼きおにぎり、パスタの味付けなど活躍の範囲が広い。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年5月14日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング