このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ハッシュドビーフ】の絶品リメイク法!知っておくと助かる!

【ハッシュドビーフ】の絶品リメイク法!知っておくと助かる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年5月17日

牛肉の煮込み料理としておなじみのハッシュドビーフ。作りすぎて余ってしまった場合にリメイクすることで、飽きることなく最後まで美味しく食べることができる。そこで今回は、ぜひおさえておいていただきたいとても簡単なハッシュドビーフのリメイク方法を、いくつか紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ハッシュドビーフの主食リメイク

ハッシュドビーフをドリアにリメイク

ハッシュドビーフは、通常、ごはんの上にかけて、主食と主菜を兼ねて食べることが多い。同じハッシュドビーフとごはんの組み合わせでも、ドリアにリメイクすることで、全く違った味わいを楽しむことができる。グラタン皿のような耐熱容器に、ごはんを入れ、その上からハッシュドビーフをかけ、さらにピザ用チーズをのせる。あとは、オーブントースターで焼くだけと、リメイクの方法もとても簡単だ。

ハッシュドビーフをグラタンにリメイク

グラタン皿に、ハッシュドビーフ、茹でたマカロニ、 牛乳、卵を加え、よく混ぜ合わせる。その上にピザ用チーズを敷き詰める。あとは、オーブントースターで焼き色がつくまで焼くだけで、グラタンへのリメイクが完成する。

ハッシュドビーフをパスタにリメイク

ごはんの代わりに、茹でたパスタにハッシュドビーフをかけるだけと、詳しく説明するまでもないほど簡単なリメイクになる。茹でたパスタと一緒にハッシュドビーフをオリーブオイルで炒め、ケチャップを加え、ナポリタン風にしてもOK。

ハッシュドビーフをオムハヤシにリメイク

オムライスを作り、ハッシュドビーフをかけるだけで、とても簡単にオムハヤシにリメイクできる。ごはんの上に、薄く焼いた卵焼きをのせ、包まないオムライスにハッシュドビーフをかけるという方法もありだろう。

2. ハッシュドビーフをおかずにリメイク

ハッシュドビーフをコロッケにリメイク

茹でたじゃがいもにハッシュドビーフを加え、じゃがいもをつぶしながらよく混ぜ合わせる。それに、小麦粉、卵、パン粉をつけて、あとは油で揚げるだけで、いつもとはひと味もふた味も違ったコロッケを堪能できる。

ハッシュドビーフを煮込みハンバーグのソースにリメイク

ハッシュドビーフにハンバーグを加え、少し水を足して一緒に煮込むだけと簡単なリメイクだ。簡単だが、味わいはとてもゴージャスなものになる。市販の冷凍ハンバーグなどを使うとさらに簡単にできる。

ハッシュドビーフをチーズ焼きにリメイク

ドリアのごはんなしバージョン。耐熱容器にハッシュドビーフを入れ、上からピザ用チーズをのせ、オーブントースターで焼けばできあがり。ボリュームが足りない場合は、好みの野菜やきのこを加えてみよう。

3. ハッシュドビーフをスープにリメイク

ハッシュドビーフをスープにリメイクするという方法は、鍋にほんの少しハッシュドビーフが残っている場合などにとくに、おすすめできる。スープにリメイクすることで、鍋にこびりついたハッシュドビーフのルウなどもすべて活用することができるし、洗う手間も大幅に省ける。
ハッシュドビーフが入っている鍋に、水と好みの野菜とコンソメスープの素を加え、塩コショウで味を調えればできあがる。使用する具材を変えることで、それこそ数限りない種類のスープを作ることができる。

4. ハッシュドビーフをカレーにリメイクできる?

ハッシュドビーフは、何の問題もなくカレーにリメイクすることができる。しかも方法は、市販のカレーのルウを加えるだけと、とても簡単だ。簡単だが、いつもとは趣の違った味わいが楽しめる。
作り方は、ハッシュドビーフに水を加えて火にかける。煮立ったら、いったん火を止めて、好みのカレールウを加え、再び火をつけ、とろみがつくまで煮込めばできあがり。なお、加えるカレーのルウの量は、ハッシュドビーフの量に合わせて適宜調整しよう。

結論

ぜひおさえておいていただきたい、簡単にできるハッシュドビーフのリメイク方法を紹介した。どれもとても簡単にできる方法ばかりなので、今後、ハッシュドビーフを作りすぎて余ってしまったときなどに、ぜひ、実践してみてほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月17日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ