このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハッシュドビーフには何を合わせる?相性抜群のおすすめの献立!

ハッシュドビーフには何を合わせる?相性抜群のおすすめの献立!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年5月 1日

牛肉の煮込み料理の中では定番中の定番のハッシュドビーフ。市販のルーも数多くのメーカーから販売されているので、カレー同様に簡単に作ることができるのも魅力。ただ、ハッシュドビーフに何を合わせたらよいのか?献立に頭を悩ませることも多いようだ。そこで今回は、ハッシュドビーフに合う献立について、これから詳しくお伝えしよう。

  

1. 【献立】ハッシュドビーフに合う副菜

主菜となるハッシュドビーフは、味が濃厚なので、全体の味のバランスをとるためには、薄味でさっぱりした味のものを選ぶのがポイント。また、副菜によって、ハッシュドビーフだけでは不足しやすい、食物繊維やビタミン、ミネラルなどを補えるようにすることも欠かせないポイントになる。
たとえば、野菜のマリネ、野菜のサラダ、海藻サラダなどが副菜としてはおすすめできる。

野菜のマリネ

野菜のマリネは、さっぱりとしていて、味が濃厚なハッシュドビーフにとても合う。マリネに使用する野菜は、パプリカ、にんじん、ピーマンなどの緑黄色野菜がおすすめ。魚介類を加えてボリュームアップするのも可。

野菜のサラダ

野菜のサラダも野菜のマリネ同様にさっぱりとしていて、ハッシュドビーフとの味のバランスをとりやすいため、重宝する。ドレッシングは好みのものでOK。緑黄色野菜を使用し彩りよく仕上げよう。

海藻サラダ

海藻類は、各種ミネラルと食物繊維が豊富なので、ハッシュドビーフだけでは不足しやすい栄養を補える。

2. 【献立】ハッシュドビーフに合うスープ

スープも副菜と同様に、濃厚な味のハッシュドビーフとの味のバランスをとるために、あっさりした味のものがおすすめできる。ただ、トマトベースのミネストローネは、同じくトマトベースのハッシュドビーフと見た目がかぶるので避けたほうが賢明だ。

野菜のコンソメスープ

使用する野菜は、冷蔵庫にあるありあわせのものでOK。どの野菜も同じ大きさに切るのがポイント。あとは、コンソメスープの素で煮込み、塩コショウで味を調えればできあがる。ワカメなどの海藻類やしめじなどキノコ類を加えてもOK。

キャベツとベーコンのスープ

キャベツとベーコンを煮込み、塩コショウで味を調えるだけのシンプルなスープ。スープに溶け込んだキャベツの甘みとべーコンの塩味が絶妙なコンビネーションを醸し出し、ハッシュドビーフとの味の相性もとてもよい。キャベツの代わりに白菜を使っても美味しくできる。

3. ハッシュドビーフの日のおすすめ献立例

ハッシュドビーフの日のおすすめの献立は、たとえば、主菜=ハッシュドビーフ、 副菜= 海藻サラダ、スープ=野菜のコンソメスープといったように、上記のハッシュドビーフに合う副菜とスープを組み合わせるだけでも、6通りのパターンの献立を作ることができる。さらに野菜のサラダや野菜のコンソメスープは、使用する野菜と使用する調味料の組み合わせをいろいろと変えることで、バリエーションをどこまでも広げることができる。
その点を踏まえつつ、ハッシュドビーフの日のおすすめ献立例を紹介しよう。

献立例1

主菜 ハッシュドビーフ
副菜 ごぼうとにんじんのサラダ
食物繊維が豊富なごぼうとβカロチンが豊富なにんじんを使ったサラダ。茹でたごぼうとにんじんをマヨネーズで和え、塩コショウで味を調えればできあがる。
スープ キャベツとベーコンのスープ

献立例2

主菜 ハッシュドビーフ
副菜 コールスロー
キャベツを使ったサラダの定番。細切りにしたキャベツをマヨネーズと酢で和え、黒こしょうで味を調えればできあがる。市販のコールスロードレッシングで和えればさらに簡単だ。
スープ 野菜のコンソメスープ
副菜でキャベツを使ったので、キャベツ以外の野菜を使って作るのがポイント。

結論

ハッシュドビーフの日の献立として、おすすめの副菜やスープをいくつか紹介した。献立づくりの参考にしていただければ幸いだ。もちろん、今回紹介したのは、あくまでも一例にすぎない。献立作りのポイントを踏まえつつ、家族ひとりひとりの好みなども考慮して、みんなが満足できる献立をぜひ考案してほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング