このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【焼豚のタレ】の作り方とアレンジ!常備しておくととても便利!

【焼豚のタレ】の作り方とアレンジ!常備しておくととても便利!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年5月16日

ラーメンやチャーハンの具をはじめ、さまざまな料理に使える焼豚。そんな焼豚を家で手作りするのに、面倒で難しく感じるのが焼豚のタレ作りのようだ。タレ作りがネックとなり、焼豚を手作りするのを断念してしまうケースは、決して少なくないようだ。しかし、焼豚のタレは驚くほど簡単に作ることができるし、残ったタレもアレンジして、さまざまな料理に使うことができる。今回は、焼豚のタレについて詳しくお伝えしよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼豚のタレの市販品はある?

焼豚のタレの市販品は、いくつかのメーカーから販売されている。主に焼き肉のタレなどを販売しているメーカーから販売されているようだ。ただ、商品名は、それぞれのメーカーによって異なり、商品名が「チャーシューのタレ」や「煮豚のタレ」となっている場合もあるが、焼豚のタレとしても使える。
商品名が「焼豚のたれ」であるメーカーとしては、 泉万醸造株式会社がよく知られているようだ。泉万醸造株式会社の「焼豚のたれ」は、通販サイトを利用して入手できる。泉万醸造の商品は、1.8Lとかなり大容量だが、焼豚のほかに、煮豚や筑前煮、肉じゃがなどの調味料としても使用できる。
また、市販の焼豚の多くは、専用のタレが付いているが、この専用のタレだけが別途販売されている場合もあるようだ。

2. 簡単焼豚のタレの作り方

焼豚のタレは、醤油、みりん、砂糖、酒を使って簡単に作ることができる。鍋にそれぞれの調味料を加え、火にかけ、煮詰めるだけでできあがる。加えるそれぞれの調味料は、醤油、みりん、砂糖、酒を、2:2:1:1の割合を基本に、好みで調整可能だ。
砂糖の代わりにはちみつを使ってもよいし、風味がアップするので、生姜やにんにくのすりおろしを加えるのもおすすめ。
鍋の代わりに電子レンジを使うこともできる。耐熱容器に、上記の割合で調味料を入れ、ラップをかけたあと、電子レンジで加熱し、よく混ぜ合わせればできあがる。加熱する時間は、レンジの機種や分量によって異なるが、醤油大さじ2程度の少量なら、1分程度が一応の目安になる。

3. 焼豚のタレの残りを保存する方法

焼豚のタレは、醤油、みりん、砂糖、酒と、もともと保存がきく調味料を使って作るため、比較的長い間、冷蔵庫で保存できる。焼豚の煮汁をタレとして保存する場合は、肉や香味野菜などを取り除いてから冷蔵庫に入れるのがおすすめだ。保存期間は5日〜1週間程度を目安に、なるべく早目に使い切ろう。
焼豚のタレは、冷凍保存することもできる。冷凍用の密閉保存袋あるいは密閉容器に入れ、あとは冷凍庫に入れればOK。およそ1ヶ月程度は保存できる。

4. 焼豚のタレの残りは再利用できる?アレンジいろいろ

焼豚のタレの残りは、再利用することが可能だ。とくに、タレを使って作った焼豚の煮汁には、豚肉の旨味がたっぷりとしみ込んでいるので、どんな料理に使っても、その料理の味を確実に格上げさせることができる。
たとえば、炊き込みごはんやチャーハンの味付けに加える、ラーメンのスープに混ぜるなどは、おすすめできる焼豚のタレの残りの再利用方法になる。
また、味玉のつけダレに使用することもできる。このほか、肉じゃがなどの煮物に加えてもよいし、唐揚げや焼き鳥の味付けにもおすすめ。

結論

焼豚のタレの作り方や、保存方法および再利用法などについてお伝えした。作り方がいかに簡単であるか、おわかりいただけただろうか?お伝えしたように焼豚のタレは、保存もきくので、最初から焼豚だけでなく、さまざまな料理の調味料として使うという目的で、多めに作っておくという方法も一案だ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月16日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ