このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【塩とごま油】の組み合わせは絶品!さまざまな活用方法を紹介!

【塩とごま油】の組み合わせは絶品!さまざまな活用方法を紹介!

投稿者:ライター 管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

塩とごま油の組み合わせは、言葉で聞いただけでは少し地味に感じ、美味しさが伝わってこないだろう。しかし、この組み合わせが美味しいということを知ってもらいたい。どの家庭にもだいたい置いてあるであろう塩とごま油を使って、さまざまな活用方法を紹介していくので注目してもらいたい。

  

1. シンプルだけど万能!塩とごま油でタレを作ろう

塩とごま油のタレの作り方を紹介し、さらに食べ方も提案していくので、参考にしてもらいたい。

塩とごま油のタレ

独断、難しいことはしない。塩とごま油を混ぜるだけで完成だ。ごくごくシンプルなタレである。

塩とごま油のタレの刺身漬け丼

マグロ、サーモン、かつおなどの刺身の漬け丼を作るときに、上記で紹介した塩とごま油のタレを漬けダレとして使うとよいだろう。醤油に飽きてきたら、ぜひ試してみてもらいたい。

塩とごま油のタレの野菜サラダ

ざく切りにしたキャベツや白菜を、塩とごま油のタレに5~10分程度漬けたら完成となる。もう少し味をはっきりとさせたいときには、タレを作る際におろしにんにくや鶏ガラスープの素を加えるとよいだろう。

2. 保存がきくから便利!ネギ塩ごま油ダレ

ネギ塩ごま油ダレの作り方を紹介し、使い方を提案するので参考にしてほしい。

ネギ塩ごま油ダレ

長ネギはみじん切りにしておく。ボウルに切った長ネギ、ごま油、塩コショウを入れて、混ぜ合わせたら完成だ。

ネギ塩ごま油ダレの冷奴

絹ごし豆腐を食べやすい大きさに切って皿に盛りつけて、ネギ塩ごま油ダレをかけたら完成となる。いつもの冷奴より少しこってりしていて、旨みたっぷりである。

蒸し鶏のネギ塩ごま油ダレ

鶏むね肉はフォークを使って全体的に穴をあけてから、耐熱ボウルに入れて酒と塩コショウをふり、ラップをかける。レンジで600Wで5分ほど加熱して、しっかりと火を通す。食べやすい大きさに切ってから皿に盛り、ネギ塩ごま油ダレをかけたら完成となる。

3. 和風サラダに!塩とごま油でドレッシング

塩とごま油を使ったドレッシングの作り方と、それを使った和風サラダを紹介しよう。

塩ごま油のドレッシング

ボウルに、醤油、塩、レモン汁、ごま油、白ごまの順に入れて、よく混ぜ合わせたら完成だ。

オクラの和風サラダ

オクラは茎を切り落として板ずりしてから、輪切りにしてサッと下茹でしておく。豆腐は水切りしてから一口大に切り、トマトも食べやすい大きさに切っておく。オクラ、豆腐、トマトを塩ごま油のドレッシングで和えたら、完成となる。

水菜と大根のサラダ

水菜をよく洗ってから根元を切り落として、3cm程度に切る。大根は皮をむき、細切りにしておく。水菜と大根を塩ごま油のドレッシングで和えて、かつおぶしを散らしたら完成となる。

4. 具なしでも旨い!塩ごま油でおにぎり

具がなくても美味しい!と評判の塩とごま油を使ったおにぎりの作り方を紹介していく。

塩ごま油おにぎり

温かいごはんにごま油と塩を混ぜ合わせて、好きな形に握る。定番の三角形や丸型や俵型、なんでもよいだろう。海苔を巻いたら、完成となる。

絶品!アレンジ

ごま油と塩と一緒に鶏ガラスープの素を加えることで旨みが増す。また大葉を混ぜ込むと、さわやかさが出る。かつおぶしや白ごまなどを加えても美味しく食べられるので試してみてほしい。チーズを具材として握るのも意外と美味しいので、おすすめしたい。

5. 旨み凝縮!ネギ塩ごま油鍋

寒い日にはネギで温まり、暑い日にはレモン汁でさっぱりと食べられるおすすめのネギ塩ごま油鍋。一年を通して楽しめる味だ。

材料

鶏もも肉、白菜、長ネギ、にんにく(すりおろし)、鶏ガラスープの素、酒、ごま油、塩、レモン汁、黒コショウ、いりごま

作り方

白菜はざく切り、長ネギは小口切りにして、鶏もも肉はそぎ切りにしておく。鍋に湯を沸かして、アクを取り除きながら鶏もも肉を煮る。白菜と長ネギを加えてしんなりしてきたら、鶏ガラスープの素、酒、ごま油、塩、すりおろしにんにくを入れて、フタをして弱火で20分程度煮る。全体にレモン汁、黒コショウ、いりごまをかけたら完成となる。ネギの風味が広がる、美味しい鍋を味わってもらいたい。シメには、ぜひうどんをおすすめしたい。

6. 簡単ランチにも!塩ごま油うどん

塩ごま油を活かしたうどんの食べ方を2つ紹介しよう。いつもの食べ方に飽きたら、ぜひ試してほしい。

鶏ネギ塩うどん

長ネギは斜め薄切りにして、 鶏もも肉は一口大に切る。鍋に水、酒、鶏もも肉を入れて煮立たせてアクを取り除く。長ネギ、塩、鶏ガラスープの素を加えて、フタをして煮る。うどんを加えて、柔らかくなったら完成となる。器に盛り、ごま油と黒コショウをかけていただく。

釜玉うどん

うどんを茹でて水切りしてから器に盛り、卵、ごま油、塩を入れてかき混ぜる。白ゴマを散らしたら、完成となる。ポイントは、うどんが茹で上がったら熱いうちに、卵や調味料などとしっかりとかき混ぜることである。

結論

本記事では、塩とごま油の組み合わせに特化した活用方法を提案してきた。タレやドレッシングとして使うほか、おにぎり、鍋料理、うどんにも適したものになっている。まさに、万能調味料といっても過言ではないだろう。ぜひ、塩とごま油を使って、日々の料理に役立ててもらいたい。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月 7日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング