このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏レバーはどうやって食べる?美味しい下処理とおすすめ料理を紹介

鶏レバーはどうやって食べる?美味しい下処理とおすすめ料理を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年9月21日

鶏レバーを美味しく調理するためには、下処理が大切になってくる。正しい下処理を行うことで、鶏レバーを美味しく味わうことができる。さらに鶏レバーを使ったいろいろなアレンジ料理も紹介するので、鶏レバーを美味しく味わってみよう。

  

1. 鶏レバーを美味しくする下処理方法

鶏レバーを美味しくするには、下処理が大切だ。鶏レバーの下処理方法にはさまざまな方法があるので、いろいろな下処理方法を見てみよう。

基本の下処理方法

一番簡単な鶏レバーの下処理方法は、水に浸けて血抜きをする方法だ。まず、鶏レバーの周りについている汚れを流水で洗い流す。鶏レバーには、白い筋や血管、色が変わっている部分があるので、包丁などを使って取り除き、食べやすい大きさにカットしておこう。水を入れたボウルに鶏レバーをつけて血抜きをする。この時、水は数回交換しながら15分ほど浸けておこう。最後に、流水で鶏レバーを洗い流して水気を拭き取る。

牛乳を使った下処理方法

鶏レバーの臭みがとくに気になる人は、牛乳を使った下処理方法がおすすめだ。鶏レバーの汚れなどを取り除いたら、一口大にカットしボウルに水と一緒に入れる。かき回しながら流水で洗い流したら、水気を切っておく。次はボウルに牛乳と鶏レバーを入れてラップをして冷蔵庫で漬け込む。ザルにあげたらキッチンペーパーで水気を取る。牛乳には、臭みを吸収する成分があるので、水よりも鶏レバーの臭みを取ってくれるだろう。

2. 鶏レバーの人気レシピは甘辛煮

鶏レバーを使った人気レシピは、鶏レバーの甘辛煮だ。甘辛い味付けは食欲をそそる味わいで、ごはんがすすむこと間違いなしだろう。

鶏レバーの甘辛煮の作り方

下処理をした鶏レバーを用意したら、鍋で茹でてザルにあげておく。鍋に鶏レバーと生姜の薄切り、醤油、砂糖、酒、みりんを入れたら、落としぶたをしながら火にかける。アクを取りながら味をしみ込ませら完成だ。

美味しく作るコツ

鶏レバーの臭みを取るためにも、生姜を多めに入れるのがおすすめだ。さらに鶏レバーの甘辛煮は水を少なめにして煮詰めると柔らかく仕上がる。

3. 鶏レバーのいろいろアレンジ料理

鶏レバーは甘辛煮以外にもさまざまなアレンジ料理にして味わうことができる。低温調理にすれば、レバ刺しのような味わいが楽しめる。さらに赤ワインで煮込めば、深いコクが味わえる大人の鶏レバー煮が味わえるだろう。

鶏レバにらもおすすめ

鶏レバーとにらを合わせて鶏レバにら炒めにするのもおすすめだ。鶏レバーはあっさりした味わいだがコクがあるので、レバにら炒めにもよく合う。味付けは醤油や砂糖を合わせて甘辛く仕上げることで、食欲をそそってくれる。

結論

鶏レバーは、下処理をしっかり行うことで、臭みもなくさまざまな料理に活用することができる。下処理をする際は、鶏レバーの汚れをしっかり取ったり洗ったりすることが大切だ。鶏レバーはあっさりとした味だがコクがあるので、煮込み料理や炒め物にもよく合う。下処理方法を理解していろいろな料理にチャレンジしてみてもらいたい。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年8月16日

  • 更新日:

    2021年9月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング