このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【スクランブルエッグトースト】を作ろう!忙しい朝の味方!

【スクランブルエッグトースト】を作ろう!忙しい朝の味方!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年8月17日

何かとバタバタしがちな朝は、朝ごはんをゆったり作ったり食べたりする時間が取れなかったりする。そんな時は、ふわふわのスクランブルエッグがトーストにのったスクランブルエッグトーストを作ってみてはいかがだろうか?レンジで作れたり、アレンジしたりいろいろあるので、毎日の朝食に重宝するだろう。

  

1. レンジ使用!忙しい朝でも作れるスクランブルエッグトースト

忙しい朝は電子レンジで作ったスクランブルエッグをトーストにのせてみてはいかがだろうか?火を使わず作ることができるので、子どもでもチャレンジできるだろう。

作り方

ボウルに卵を入れて溶いたら、牛乳とマヨネーズを加えて混ぜる。レンジで加熱して一度取り出し軽く混ぜたら、さらに加熱するとふわふわのスクランブルエッグが完成する。レンジは二度に分けて加熱することで、ほどよい固まり具合になるだろう。トーストした食パンの上にのせて完成だ。好みでバジルやオレガノなどをふりかけると香り高い本格的な仕上がりになる。

2. スクランブルエッグトーストはアレンジ自在!

スクランブルエッグトーストはほかの具材を合わせることで、いろいろなアレンジが楽しめる。おすすめのスクランブルエッグトーストのアレンジ方法を紹介しよう。

手軽にチーズをプラス

手軽なアレンジを楽しむのなら、とろけるチーズをスクラングルエッグにプラスしてみるのがおすすめだ。とろけるチーズはパンとの相性もバツグンだ。好みでケチャップやマヨネーズをかけてもいいだろう。

野菜をプラス

ミニトマトやアボカドなど火を通さなくても食べられる野菜をプラスしてみるのもいいだろう。スクランブルエッグの黄色にトマトの赤やアボカドの緑が加わることで、彩りもよくなる。

ベーコンでボリュームアップ

朝食の定番でもある卵とベーコンの組み合わせをスクランブルエッグトーストで再現しよう。トーストした食パンにふわふわのスクランブルエッグとカリカリに焼いたベーコンをのせれば、ボリューム満点で食べごたえ十分の朝食が完成する。

新感覚のスクランブルエッグトースト

スクランブルエッグトーストに納豆をプラスしてみるのもいいだろう。意外な組み合わせに思われるが、卵と納豆の相性はバツグンだ。作り方は、スクランブルエッグを作ったら火からおろして納豆を混ぜるだけだ。食パンにのせてとろけるチーズをのせてトースターで焼くと、チーズのトロトロ感と香ばしさが加わって絶品だ。

3. ふわふわスクランブルエッグのトーストサンド

ふわふわのスクラングルエッグはトーストにのせるのではなく、サンドしても美味しい。サンドする場合は、ほかの具材と合わせてボリューム満点のトーストサンドにしてみるのもおすすめだ。

スクランブルエッグとベーコンのトーストサンド

スクランブルエッグトーストを作るのなら、一緒にベーコンとレタスをサンドしてみるのもおすすめだ。作り方は、トーストの上にレタスをのせ、カリカリに焼いたベーコンをのせる。さらにマヨネーズを敷いたらスクランブルエッグをのせ、もう1枚のトーストをのせて完成だ。ナイフで半分にカットするといいだろう。

スクランブルエッグのポケットサンド

スクランブルエッグを2枚のトーストでサンドするのではなく、食パンに切れ込みを入れてその中にスクラングルエッグを入れたポケットサンドも食べやすい。作り方は、厚切りの食パンを用意して厚さの半分に切り込みを入れてポケットを作ってからトースターで焼く。そこにスクランブルエッグとマヨネーズを入れたら完成だ。
ほかにもホットサンドメーカーを使用したホットサンドにしてみるのもいいだろう。

結論

スクランブルエッグトーストは、スクランブルエッグとトーストを一度に味わえるので、忙しい朝でも食べやすい。さらに、スクランブルエッグは電子レンジでも調理可能なので、火を使わず作れる朝食としてもおすすめだ。また、ベーコンや野菜などほかの具材と合わせてボリュームを出すことも可能なので、いろいろなアレンジを加えたスクランブルエッグトーストを楽しんでみてもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年8月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング