このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豚肉の薄切りの人気料理11選!お弁当のおかずにもおすすめ

豚肉の薄切りの人気料理11選!お弁当のおかずにもおすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年10月 3日

今回紹介するのは豚肉の薄切りでいろいろな料理を作りたい人におすすめのレシピだ。豚肉の薄切りは厚さによって肉巻きや炒めもの、しょうが焼き、しゃぶしゃぶのような料理に向いている。お弁当のおかずや作り置きに便利な料理を紹介するので、ぜひ参考にしてもらいたい。

  

1. 豚肉の薄切りの定番人気料理4選

豚肉の醤油煮込みご飯
最初に豚肉の薄切りの定番人気料理を紹介しよう。

1:豚肉の薄切りで生姜焼き

まずは、生姜焼きだ。生姜の香りが食欲をそそる一品で、タレがからんだ肉は、ごはんはもちろんアルコールと合わせて食べるのもおすすめ。肉のみで調理するのもありだが、玉ねぎを加えて食感を楽しんだり、厚揚げの上にのせてかさ増ししたり、いろいろとアレンジを楽しむのもありだ。

2:豚の薄切りで肉巻き

甘じょっぱい味付けが人気の肉巻き。お弁当に入っているとテンションが上がるという人もいるだろう。とくにインゲンやにんじんを巻くと彩りがよくなるので、おすすめだ。

3:豚ロースの薄切りでトンカツ

トンカツと聞くと厚めのロース肉を使って調理するイメージをもつ人も多いだろう。豚ロースの薄切りを重ねて、ミルフィーユ状のトンカツにして食べるのもありだ。薄力粉や卵の代わりにマヨネーズを使えば衣付けが簡単にできるうえ、肉と肉の間に薄く塗れば下味は不要である。

4:豚肉の薄切りの味噌漬け

味噌漬け焼きは、ポリ袋の中に豚ばら肉の薄切りと調味料を入れて、もみ込んで焼くだけの簡単レシピ。しっかりめの味付けでがっつり食べたいときにおすすめ。そのまま食べるのもありだが、ごはんにのせて丼スタイルで味わっても美味しい。

2. 豚肉の薄切りと好相性の人気食材4選

エンドウ豆の苗と豚肉のソテー
次に豚肉の薄切りと好相性の人気食材を紹介しよう。

1:豚肉の薄切りとチーズ

豚肉の薄切りと好相性の食材のひとつがチーズだ。豚バラ肉の薄切りに大葉を敷いて梅肉をぬり、ピザ用チーズをのせてくるくると巻き、竹串に刺して焼鳥風に焼けばOK。人気の理由は食べごたえがあり、アルコールと相性がいいからだ。

2:豚肉の薄切りと玉ねぎ

豚肉と玉ねぎも相性がいい。玉ねぎを輪切りにして豚肉の薄切りをくるくると巻きつけ、薄力粉をまぶして焼けばよい。ドーナツのような形で食べやすく、子どものおやつにもおすすめ。焼いたあとに好みの味付けにできるのもおすすめのポイントだ。

3:豚肉の薄切りとキャベツ

キャベツを使った豚肉料理も人気だ。千切りにしたキャベツを豚肉の薄切りで巻いてレンジで加熱し、好みのタレをかければよい。人気の理由はかさ増しできるうえ、火を使わずに作れるところだ。とくに長ねぎとミョウガの風味をきかせたごまダレをかけると、サッパリと味わえるので食欲のないときにおすすめ。

4:豚肉の薄切りと大根

皮をむいて薄切りの輪切りにした大根と豚肉の薄切りを炒めて調味料でサッと煮込むだけでOK。時短で作れるうえ、季節を問わず作れるのが人気の理由だ。煮込めば煮込むほど、豚肉の旨みが大根にしみて美味しい。

3. お弁当におすすめ!豚肉の薄切りを使ったおかず3選

木製ボードの上のロールした豚肉
ここでは、お弁当向けの豚薄切り肉を使ったおかずを紹介しよう。

1:オクラとチーズの豚薄切り肉巻き

オクラとチーズの豚薄切り肉巻きの味付けのおすすめは、マヨネーズとオイスターソースのみ。しっかりと味が付いており冷めても美味しく、お弁当のおかずにぴったりだ。お弁当には、すき間を埋めるように入れるとよい。

2:豚薄切り肉のから揚げ

お弁当のおかずにから揚げは欠かせないという人もいるだろう。豚薄切り肉でも片栗粉をまぶしてかためて揚げれば、鶏肉のから揚げ風に仕上がる。お弁当に入れるときはレタスやレモンを添えると、彩りがよくなるのでおすすめだ。

3:豚薄切り肉のはちみつやわらか焼き

豚薄切り肉のはちみつやわらか焼きは、片栗粉をまぶして作るので、冷めてもやわらかでお弁当のおかずにぴったり。とくに甘めのおかずがほしいときにおすすめだ。ただし、ボツリヌス菌が原因の乳児ボツリヌス症の発生を防ぐため、1歳未満の乳児にははちみつを食べさせるのはNGである(※1)。

4. 豚肉の薄切りは作り置きにも便利

タッパーに入った生姜焼
豚肉の薄切りは作り置きにも便利な食材だ。たとえば、豚肉の薄切りのしぐれ煮は常備しておくと、お弁当のおかずのすき間をうめたいときに重宝する。また、水菜と豚肉の薄切りのうま煮も作り置きしておくのにおすすめのおかずだ。冷蔵庫で保存すれば2~3日もつので、多めに作っておくとよい。さらに、豚肉の薄切りとしめじのめんつゆ炒めも作り置きにおすすめだ。時短でできるうえ、あと一品ほしいときのおかずにぴったり。

5. 豚肉の薄切りを美味しく便利に使うコツ

豚薄切り肉
最後に豚肉の薄切りを美味しく便利に使うコツを紹介しよう。

豚肉の薄切りを冷凍する方法

豚肉の薄切りを購入しても、すぐに使わないこともあるだろう。そんなときは冷凍保存がおすすめだ。豚肉の薄切りの美味しさをキープして冷凍保存するポイントは、持ち帰ってすぐに冷凍することと、パックから取り出して冷凍すること、急速冷凍することの3つだ。まずラップの上に豚肉の薄切りを薄く広げて包む。次にジッパー付きの保存袋に入れて空気を抜き、袋の口を閉じる。あとはアルミやステンレスのトレイ、バットの上に置いて冷凍室で急速冷凍すればよい。保存期間の目安は3?4週間ほどだ。
冷凍した豚肉の薄切りは凍ったまま煮物や炒め物に加えて調理してよい。または200Wの電子レンジで80gにつき1分ほど加熱して半解凍状態で使っても構わない。あるいは冷蔵室で自然解凍もありだ。使うときはペーパータオルで水気を拭き取ること。

豚肉の薄切りを柔らかくする方法

豚肉の薄切りで生姜焼きを作ると、なぜか仕上がりが硬くなってしまう場合もある。豚肉の薄切りがパサパサや硬くなってしまう原因のひとつが筋繊維だ。脂肪と筋繊維からできている豚肉は、筋繊維が強い部分は食感が硬くなるため、繊維を切っておくと柔らかく仕上がる。方法は豚肉の薄切りの赤身と脂肪の境目の白く半透明にはしっている筋の3~4ヶ所に、包丁の刃先で突き刺す感じで切り込みを入れるとよい。

結論

豚肉の薄切りの定番人気料理や相性のいい食材、おすすめのお弁当のおかず、保存方法、解凍方法、柔らかくする方法を紹介した。定番の生姜焼きで食べるのも美味しいが、今回紹介した料理にチャレンジして新たなレパートリーを増やしてみてはいかがだろうか。
(参考文献)
※1出典:農林水産省「養蜂について」
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年10月 3日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング