このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
カレーの保存は常温・鍋ごとNG!冷蔵や冷凍で上手に保存するコツ

カレーの保存は常温・鍋ごとNG!冷蔵や冷凍で上手に保存するコツ

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2021年10月15日

大量に作ってしまいがちなカレーだが、正しい保存方法はご存じだろうか。一晩ぐらいなら常温でも大丈夫だと思う人も多いはずだが、実はそれは間違いである。今回はカレーを常温で保存する危険性や冷蔵、冷凍保存の方法について紹介する。ぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. カレーの常温保存は危険!

カレーは一晩寝かせると美味しいといわれているが、常温で寝かせすぎると菌が増殖する可能性が高い。とくに夏場はカレー保存の仕方に注意が必要だ。

カレーの常温保存はウェルシュ菌の危険大

カレーを常温保存するとウェルッシュ菌という菌が繁殖する可能性があるといわれている。ウェルシュ菌は下水などの自然界に多く生息しており、腸内に入ると食中毒を起こしてしまう。カレーなどの粘度の高いものを好むため、常温保存したカレーは菌が繁殖しやすい環境である。また、ウェルッシュ菌の芽胞は熱に強いためカレーを温めても死滅しないので、菌をなるべく増やさないようにしよう。

鍋ごとの保存も危険大

鍋ごとは冷めにくく菌が繁殖しやすい条件になってしまうため、小分けにして冷蔵庫で保存するのが望ましい。

2. カレーの保存方法:冷蔵庫

カレーの常温保存の危険性が分かったところで、今度は冷蔵庫でカレーを保存する方法をみてみよう。

カレーは素早く冷ます

カレーは素早く冷ますと菌が繁殖しにくいため、鍋などを小分けにして素早く冷ますようにしよう。また、粗熱をとるのも2~3時間までにするのがよい。

ときどき混ぜる

ウェルシュ菌が嫌気性細菌といわれ、酸素がないところを好む細菌である。空気を入れるために温めているときや、冷ましている最中にも混ぜるようにしよう。

中心部までしっかり再加熱する

カレーは焦げやすく加熱が不十分になりやすい。ウェルシュ菌を完全に死滅させるのは難しいが、ほかの菌を減らすことはできるので中心部までよく加熱をしよう。

カレーの冷蔵保期間は何日?

カレーを冷蔵保存できる日数は、1日ぐらいが目安だ。ウェルシュ菌が増殖しても味や見た目では分からないため、保存方法や保存時間で判断しよう。

3. カレーの保存方法:冷凍庫

カレーの冷蔵保温の方法が分かったところで、今度は冷凍保存について見てみよう。

カレーの冷凍保存方法

カレーを長期保存する場合は冷凍保存がおすすめだ。にんじんやジャガイモなどの根野菜は、冷凍すると食感が悪くなるので取り除くか潰してペースト状にしてから、1回分ごとに保存袋に入れて冷凍しよう。

冷凍したカレーの解凍方法

カレーを焦がさずに解凍するにはレンジで半解凍してから、鍋で加熱するのがよいだろう。湯煎に対応した保存袋で冷凍した場合は湯煎で解凍するのもおすすめだ。

冷凍カレーの保存期間

冷凍カレーの保存期間は1ヶ月ぐらいが目安だ。また、カレーの表面が白くなったりすっぱいにおいがしたりしたら食中毒になる可能性があるので、期限内でも食べないようにしよう。
この記事もCheck!

4. カレーの保存におすすめの容器

カレーを冷蔵や冷凍で保存する方法が分かったところで、今度は保存容器についてみてみよう。

ジップロック

ウェルシュ菌などの細菌を繁殖させないためには早急に冷やすこと重要だ。そのためジップロックのような保存袋は、厚みをおさえて入れられるので素早く冷ますのに適している。しかし、耐熱温度が100℃以下のものが多いので解凍する際は、鍋などほかの容器に移してから温めるようにしよう。

タッパー

タッパーのようなプラスチック容器はカレーのにおいや色が移りやすい。しかし内側にラップを敷いてカレーを包むとにおいや汚れが付くのを防ぐことができる。解凍する際は、レンジで半解凍状態にしてから鍋で温めよう。

ガラス容器

ガラス容器はカレーの色などの汚れが残りづらいのでおすすめだ。しかし、ふたなどにはゴムのパッキンがついているものもあるのでラップをかけた上からふたをすると汚れを防ぐことができる。解凍する際は、タッパーと同じようにレンジで半解凍してから鍋などに移して加熱するのがよい。

5. カレーの保存方法:カレー粉

カレー粉は密閉容器に入れて保存すれば基本的には常温で長期保存が可能だ。しかし、夏場などに常温で置いておくと高温になるため不安に思う人もいるだろう。そんなときは、冷蔵庫で保存するのがよい。カレー粉の保存期限は未開封で約1年で、開封済でもしっかり保存すれば賞味期限までは使うことができる。
この記事もCheck!

結論

カレーを常温保存するとウェルシュ菌が繫殖し食中毒になる危険性がある。また、ウェルシュ菌は加熱しても完全に死滅させるのが難しいので、菌を繁殖させないように冷蔵庫や冷凍庫ですばやく保存するのが望ましい。このことを参考に、カレーを保存する際に役立ててはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年10月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧