このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏肉の焼き方を紹介!皮はパリッと身をジューシーに仕上げる方法

鶏肉の焼き方を紹介!皮はパリッと身をジューシーに仕上げる方法

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年11月18日

皮がパリッとして、身がジューシーな鶏肉は絶品だ。そんな鶏肉も焼き方1つで簡単に作ることができる。今回は、鶏肉を美味しく焼くコツを詳しく紹介していくので、いつもの鶏肉をより美味しく焼き上げてみてもらいたい。

  

1. 鶏肉を美味しく焼くための下処理

鶏肉
鶏もも肉を美味しく焼き上げるには、下処理が大切だ。鶏もも肉を焼く前に行ってもらいたい下処理の方法を紹介するので、実践してみよう。

脂肪を取り除き、筋切りする

鶏もも肉には皮と身の間に黄色い脂肪がある。まずは、それを取り除き、筋切りをしておく必要があるのだ。余分な脂肪や筋切りを行っておくことで、身がふっくらと焼き上がる。

肉の厚みを均等にする

鶏もも肉の厚みを均等にすることで、熱が均一に入るので、ジューシーな焼き上がりになる。厚みがある場所は切れ目を入れて開いて、均一の厚さにしてみよう。

味付けをしてから室温に戻す

鶏もも肉の場合は、味付けをしてから室温に置いておくことで、味付けが鶏もも肉に浸透する。さらに肉の温度が常温になるので、熱の通りがよくなる。

片栗粉をまぶしてもOK

片栗粉を鶏モモ肉の全体にまぶすと、肉汁を閉じ込めることができ、皮も縮まずパリッとした焼き上がりになる。
皮をむいた柿を食べやすいサイズにカットすれば完成だ。

2. 鶏肉の焼き方

鶏肉を焼く
下処理が終わったら、鶏肉の正しい焼き方をマスターしよう。ポイントを抑えれば、誰でも鶏肉を美味しく焼くことができる。

油をたっぷりとひく

鶏肉を焼く際は、鶏肉はひたるぐらいの多めの脂を入れて焼くのがおすすめだ。たっぷりの油で焼くことで、揚げたようなパリッとした食感に仕上がる。

皮目を下にして焼く

鶏肉は、皮目から弱火で焼くのがいだろう。加熱時間は10分ほどで、皮目から焼くことで脂肪分と水分がしっかりと抜けるので、皮がパリッとした食感に仕上がる。

裏返してさらに焼く

鶏肉の皮目が焼けたら、裏返して中に火が通るまで弱火で5分ほど焼く。

3. 美味しく焼き上げるコツ

鶏肉を焼く
下処理や焼き方をマスターしたところで、美味しく焼き上げる最後のコツをチェックしてみよう。ちょっとしたコツを抑えるだけで、劇的に鶏肉が美味しく焼き上がる。

蓋は使わない

鶏肉を美味しく焼くには、水分をしっかりと飛ばす必要がある。そのため、ふたを使わず焼くことが大切だ。

水分は拭き取る

鶏肉を焼いていると、水分が出てくるものだ。出てきた水分は、臭みのもとになるので、キッチンペーパーなどを使い拭き取りながら焼くことが大切だ。

冷凍した鶏肉は事前に解凍しよう

冷凍した鶏肉は、事前に解凍してから焼くことが大切だ。冷凍した鶏肉からはドリップといわれる水分や旨み成分が出やすくなるので、事前に解凍してから焼くといいだろう。解凍する際は、細菌の繁殖を防ぐために、低温解凍する。この時、保存袋に入れた鶏肉を氷水に浸す解凍方法や冷蔵庫で自然解凍するのがおすすめだ。

結論

鶏肉は正しい下処理と焼き方を覚えておくことで、パリッとジューシーな焼き上がりを再現することができる。また、多めの油で水分を飛ばすように焼き上げることも大切だ。今まで、何となく鶏肉を焼いてきた人も、この方法で焼きてみることでいつもの鶏肉を劇的に美味しく焼き上げることができるだろう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年11月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧