このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ショウガの保存方法は農家に学べ!鮮度を保って長期保存するコツ!

ショウガの保存方法は農家に学べ!鮮度を保って長期保存するコツ!

投稿者:食生活アドバイザー 吉田昌弘

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2022年9月 6日

薬味・飲み物などさまざまな使い道がある「ショウガ」。そんなショウガは適切に保管すれば数か月程度美味しく食べることができる。特にショウガ農家では厳格にショウガを保管しているため、収穫から1年程度は出荷できるという。そこで今回はショウガを長持ちできる保存方法を紹介する。

  

1. ショウガが長持ちする農家の保存方法

生姜の保存
ショウガは、適切な方法で保存すれば1年ほど美味しく食べられる。また、この方法を使うことでショウガ農家は、1年中美味しいショウガを出荷しているという。ショウガを長期保存する際に重要になるのは温度と湿度であり、「気温13℃・湿度65%」という厳格な環境で保存するのが望ましいとされる。定温・定湿の貯蔵庫で保管することから「囲ショウガ」とも呼ばれている。(※1)

【ショウガの最適温度と湿度について】

ショウガの最適温度・湿度にはいくつか考え方があり、一般的には「気温13℃・湿度65%」と「気温15℃・湿度90%」という2つが主流となっている。ここでは農研機構などが提供している情報をもとに「気温13℃・湿度65%」を最適温度・湿度として紹介している。(※2、※3)

2. 家庭でできるショウガを長持ちさせるコツ

生姜の保存
農家の保存方法にならい、ショウガを長持ちさせるなら「気温13℃・湿度65%」という厳格な環境で保存するのが良い。しかし、一般的な家庭でこのような貯蔵庫を用意するのは難しいだろう。そこでショウガを家庭で長持ちさせるために、以下のようなコツを意識してみるのがおすすめだ。

1.基本的には冷蔵保存は避ける

家庭でショウガを保存するときは、できる限り冷蔵保存を避けるのが望ましい。ショウガは寒さに弱い野菜であり、冷蔵庫などで保管すると低温障害を起こしやすくなる。(※3)夏場などの高温になる場合は冷蔵保存のほうが適しているが、それ以外の季節は常温下で保存するほうが良いだろう。

2.乾燥対策をしてから保存する

家庭でショウガを保存するときは、乾燥対策をしてから保存するのが望ましい。ショウガは乾燥にも弱く、乾燥対策をしないで保存するとすぐに劣化してしまう。そのため、新聞紙やキッチンペーパーで包むなどの乾燥対策が必要になる。なお、直接濡らすのも劣化が早くなるためNGとなっている。

3. ショウガの常温保存の2つのやり方

生姜の保存
夏以外の時期であれば、ショウガは常温保存するのがおすすめだ。常温保存のやり方には2週間程度日持ちする「新聞紙で包む方法」と、最長6か月ほど保存できる「発泡スチロールを使う方法」の2種類がある。以下で、ショウガを常温保存するやり方を2種類確認しよう。

1.新聞紙で包んで保存する方法

1.ショウガの表面の水分を拭き取る
2.ショウガを1個ずつ新聞紙で包む
3.霧吹きを使い新聞紙を軽く湿らせる
4.ショウガを冷暗所に置いて保管する

2.発泡スチロールを使って保存する方法

1.ショウガの表面の水分を拭き取る
2.ショウガを1個ずつ新聞紙で包む
3.霧吹きを使い新聞紙を軽く湿らせる
4.新聞紙を敷き詰めた発泡スチロールに入れる
5.ガムテープで発泡スチロールを密閉して保管する

4. ショウガの冷蔵保存の2つのやり方

生姜の保存
ショウガは常温保存が基本だが、気温が高くなる夏の時期には冷蔵保存のほうが適している。冷蔵保存のポイントは、低温障害を防ぐために「野菜室で保管すること」と乾燥対策として「新聞紙などに包むこと」の2つ。以下で、ショウガを1か月程度保存できる冷蔵保存のやり方を2つ確認しよう。

1.アルミホイルで包む方法

1.ショウガの表面の水分を拭き取る
2.ショウガを1個ずつキッチンペーパーで包む
3.(2)のショウガをアルミホイルで包む
4.ショウガを野菜室 に入れて保管する

2.水に浸ける方法

1.ショウガを丁寧に水洗いしておく
2.保存容器に洗ったショウガを入れる
3.保存容器にたっぷりの水を入れる
4.フタをしてから野菜室に入れた保管する
※1週間に1回の頻度で水を取り替えるようにする

5. ショウガの冷凍保存と乾燥保存のやり方

生姜の保存
時期を問わずショウガを長持ちさせたいなら、冷凍保存や乾燥保存などもおすすめだ。冷凍保存であれば1か月程度は美味しく食べることができ、乾燥保存であれば半年程度は美味しく食べることが可能だ。以下で、それぞれの保存方法のやり方を確認しておこう。

ショウガの冷凍保存のやり方・手順

1.ショウガを用途に合わせてカットする
2.カットしたショウガの水気を拭き取る
3.1回分に分けて食品用ラップで包む
4.保存袋に入れてから冷凍庫で保管する

ショウガの乾燥保存のやり方・手順

1.ショウガを丁寧に水洗いしておく
2.ショウガを薄切りや千切りなどにする
3.竹ザルなどに広げて3~5日天日干しする
4.カラカラになるまで乾燥したら出来上がり
※清潔な保存瓶や保存容器などに入れて保管する

結論

ショウガは、適切な温度・湿度で貯蔵することで1年ほど保管できる。しかし、一般的な家庭では厳格に温度と湿度を管理するのが難しいため、寒さと乾燥に気を付けて保存するのがおすすめだ。時期や目的に合わせて常温保存、冷蔵保存、冷凍保存、乾燥保存を上手に使い分けるようにしよう。
(参考文献)
この記事もCheck!
インフォメーションマークアイコンオリひとを楽しむための注意事項はこちら
  • 公開日:

    2021年11月29日

  • 更新日:

    2022年9月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧