このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホタテの焼き方を紹介!殻付きホタテはそのまま焼いても大丈夫?

ホタテの焼き方を紹介!殻付きホタテはそのまま焼いても大丈夫?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年11月26日

今回紹介するのはホタテの焼き方だ。旨みの強いホタテの食用部分は、おもに貝柱だ。バーベキューで殻付きホタテがあると、見ためが豪華でテンションが上がるという人もいるのではないだろうか。 この記事では、ホタテの貝柱の焼き方や下処理方法を紹介するので、ぜひ参考にしてもらいたい。

  

1. 殻付きホタテの基本の焼き方

バスケットのホタテ
最初に殻付きホタテの焼き方を紹介しよう。バーベキューの鉄板や七輪の網を使って焼く方法だ。

殻をはずす

殻付きホタテは、ナイフで殻をはずす。まず、指がはさまれないように注意しながら、両端を支えて持つ。次に貝の平らなほうを上に向け、上側の殻に沿ってナイフを差し込む。貝に沿って左右に動かせば、貝柱がはずれて開く。殻をはずしてホタテの下にナイフを差し込み、下を切り離す。貝柱と黒い内臓の境に指を入れ、貝柱のみをはずす。まわりにあるヒモと肝は加熱調理に使えるが、それ以外は使えないため取り除くこと。

ホタテをよく洗う

貝柱は海水と同程度の濃度の塩水(水2カップに対して塩小さじ1弱)でさっと洗い、ペーパータオルで水気を拭き取る。次にホタテの殻をしっかりと洗う。

平らな面から焼く

ホタテの殻の平らな面を下にして置き、貝柱をのせて焼く。強火で一気に焼くのがおすすめだ。

ひっくり返して焼く

汁が沸騰しはじめたら、貝柱を殻の上でひっくり返して反対の面を焼く。汁が熱いため、ヤケドしないように軍手やトングを利用すると安心だ。

焼き上がりの目安

焼き上がりの目安は、貝柱が両面白くなり、汁がぐつぐつとと沸騰すればOK。焼き上がったらすぐに火を止める。中が少し生かなと思えるくらいの焼き加減が、最もプリプリな状態だ。

2. 調理器具を使った殻付きホタテの焼き方

白のホタテ
ここでは、調理器具を使う殻付きホタテの焼き方を紹介しよう。先述の下処理したホタテの下側の殻と貝柱を使う方法だ。

魚焼きグリルを使った調理方法

ホタテの貝柱は魚焼きグリルを使用して焼くことも可能だ。グリルに殻をおき、その上に貝柱をのせる。好みでバターを入れて焼いてもOK。火加減は中火で、汁が出はじめたら身を裏返して焼く。焼き時間の目安は5~8分程度だ。途中で焦げないよう、様子をみながら焼くのがポイント。

フライパンを使った調理方法

次にフライパンを使う焼き方を紹介しよう。お酒のおつまみにおすすめな、バターじょうゆで味付ける方法を紹介する。フライパンに殻をおき、貝柱をのせてふたをする。火加減は強火で、焼き時間は5分ほどだ。貝柱から汁が出はじめたら身を裏返し、弱火で3分ほど焼く。貝柱に火が通ったら醤油をかけ、バターをのせて火からおろせば完成だ。

オーブンを使って焼く方法

ホタテはオーブンで焼くこともできる。具体的な焼き方を紹介しよう。オーブンはあらかじめ200℃に予熱しておく。殻にホタテをのせ、好みでバターをのせて天板におく。10分ほど焼けば完成だ。かなり熱いため、オーブンから取り出すときはヤケドに注意すること。

3. 殻なしホタテの焼き方

ホタテ
ここでは、殻なしのホタテの貝柱のみの焼き方や、冷凍ホタテの貝柱の調理方法を紹介しよう。

冷凍ホタテの解凍方法

冷凍ホタテの貝柱を使うときは、あらかじめ解凍しておくこと。解凍方法は、冷蔵室に移せばよい。ホタテの大きさにもよるが、解凍に半日くらいかかることもある。急いで解凍したいときは、ポリ袋に入れて流水にさらせばよい。直接水に浸すと水っぽくなりやすいため、必ずポリ袋に入れて解凍すること。解凍したホタテの貝柱は、ペーパータオルで水気を拭き取る。
ちなみに刺身やカルパッチョのように生食するときは、塩と氷を使ってじっくりと解凍するのがおすすめだ。塩を使うと0℃前後の低い温度を長時間保てるうえドリップが出にくく、浸透圧の働きで水っぽくなりにくい。
解凍するホタテと同じ量の氷を用意し、塩を混ぜる。その氷で、冷凍のホタテ貝柱を覆い、3時間ほどおいておけば解凍される。冷凍前に近い旨みや食感を楽しむことができるのでおすすめだ、ただし、必ず生食用の冷凍ホタテの貝柱を使うこと。

ホタテの貝柱の美味しい食べ方

ホタテの貝柱の美味しい食べ方のひとつが、香ばしい香りが食欲をそそるバター醤油焼きだ。少ない材料で作れるうえ調理時間が短く、思い立ったときに作れるのが嬉しいポイント。次におすすめの食べ方が、ホタテとアスパラガスのにんにくバター炒めだ。ホタテの旨みと、やわらかで甘みのあるアスパラガスの相性がよく、ごはんのおかずはもちろん、お弁当のおかずにもおすすめできる。

結論

今回は、ホタテの焼き方を紹介した。殻付きホタテを購入することはあまりないかもしれないが、もし入手できることがあれば、紹介した方法で焼いてみるのもありだ。ただし汁が熱いため、くれぐれもヤケドに注意して焼くようにしよう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年11月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧