このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ホタテとアスパラで作るメニューとは?レストラン顔負けの料理3選!

ホタテとアスパラで作るメニューとは?レストラン顔負けの料理3選!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年12月11日

ホタテとアスパラは色合いもよい食材である。この2つを利用して家族が喜ぶ豪華な食事を作ることができる。バターやチーズ、ニンニクを活用すれば、食べ盛りの子どもが喜ぶだけではなくワインやビールのお供にも最適の一品ができあがる。本記事ではホタテとアスパラを使った洋風の料理について紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ホタテとアスパラのレモンバターソース

ホタテとバターの好相性は万人の知るところであるが、今回はそれに醤油ではなくレモンでより洗練された味付けで楽しみたい。ホタテの身でも貝柱でも美味しくできるこの料理、キュッと冷えた白ワインに合うのも嬉しいところである。

バターの香りが食欲を刺激!

ホタテとアスパラのレモンバターソースを作る場合、ホタテは刺身用でも問題ない。コツとしては炒める前のホタテの水分はよく除去しておくことである。アスパラは炒める前に火を通すレシピもあるが、シャキッとした食感が好きならば、下部を切り落として食べやすい大きさに切っておこう。フライパンにバターを落とし、先にホタテに軽く焦げ目がつくくらいに火を通しておく。フライパンからホタテを取り出し今度はアスパラを炒め、最後にホタテを加えてレモン汁を加えればバターの濃厚な香りとレモンのさわやかさが好相性である。

別の野菜を加えてもOK!

ホタテとアスパラだけでも色合いはよいのだが、パプリカや玉ねぎを加えるレシピもある。いずれも火を通しすぎず、歯ごたえのよさを残す程度に炒めるとそれぞれの食材の美味しさを実感できるだろう。パーティーなどで供するときには、輪切りにしたレモンを添えて好みで酸味を加えても粋である。

2. ホタテとアスパラのモッツァレラグラタン

寒い季節にとくに美味しく感じるグラタン。ホタテとアスパラはもちろん、グラタンの食材としても一役買ってくれる。さらにお腹を満たすためにモッツァレラチーズも使用して豪華なグラタンを作ってみよう。

ベシャメルソースから丁寧に

グラタンの味を決めるのはベシャメルソースである。難しそうに見えるベシャメルソースであるが、必要なのはバターと小麦粉と牛乳だけである。バターと小麦粉に火を通し、ゆっくりと牛乳を加えていけばできあがる。慣れると自家製のベシャメルソースの美味しさにはまることまちがいない。

ホタテとアスパラは軽く焦げ目をつけて

耐熱容器に入れる前に、ホタテとアスパラはフライパンで炒めて軽く焦げ目をつけておくと美味しくなる。より濃厚にしたければバターで、またオリーブオイルで炒めても問題ない。黒胡椒を挽いて味にアクセントをつけてみよう。

モッツァレラチーズと粉チーズで濃厚に

耐熱容器にアスパラとホタテを入れ、ベシャメルソースと一口大に切ったモッツァレラチーズも投入する。最後に上から粉チーズを盛大にふりかけてオーブンへ。220℃前後の高温で10分強加熱すれば熱々のグラタンができあがる。

3. 焦がしニンニクが決め手!ホタテとアスパラのパスタ

子どもも大人も喜ぶホタテとアスパラのメニューの極めつけは、なんといってもパスタであろう。ニンニクをきかせてシンプルに仕上げるとより食材の旨みを実感できる。

ニンニクは弱火でゆっくりと焦がす

パスタを茹でるには大量のお湯が必要なので、あらかじめ塩を入れた水を沸騰させる準備をしておくと楽である。フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火でゆっくりと香りを出そう。大人だけならば、唐辛子も入れてピリッとさせるのもよい。ニンニクに焦げ目がついてきたら、ほどよい大きさに切ったホタテとアスパラを投入し、塩と白ワインも加えて火を通しておく。鍋で茹でたパスタを絡めればできあがる。パサパサする感じが苦手な場合は、茹で汁をとっておき一緒に絡めるとよいだろう。

白出汁で和風にも

ホタテとアスパラを炒める際に、白ワインではなく白出汁を使用すると和風感覚でも楽しめる。この場合は、味付けにわずかに醤油をたらしても美味しくなる。

結論

ホタテとアスパラを使うだけで、かなり見栄えのする料理がいくつもできあがる。それぞれの食材は淡白なのだが、バターやチーズとも相性がよい特徴を生かして家族で楽しめるレシピがたくさん存在するのである。彩りも美しい2つの食材を使用して、自宅でレストランの味を堪能してほしい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2020年12月11日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ