このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
牛テールを使ったカレーを味わおう!気になる作り方やレトルトを紹介

牛テールを使ったカレーを味わおう!気になる作り方やレトルトを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 岩切千晃(いわきりちあき)

鉛筆アイコン 2021年12月16日

牛テールは、煮込めば煮込むほど旨みが溢れる部位の1つだ。そんな牛テールの美味しい味わい方としておすすめなのが、カレーだ。じっくり煮込んだ牛テールカレーはいつものカレーとはひと味違った味わいが楽しめる。そんな牛テールを使ったカレーの作り方や手軽に食べられる店、レトルトカレーなど幅広く紹介しよう。

  

1. まるでプロの味!自宅で作る牛テールカレー

牛テールを使ったカレーは、煮込むことで牛テールからエキスが溢れコクが出てプロのような味わいになる。最初は固い牛テールは、煮込むことでトロトロの食感が楽しめるだろう。

牛テールの下ごしらえ

牛テールの周りに白い脂がついているので、そぎ落としておく。圧力鍋を用意して、牛テールの表面を油をひいて焼き色をつけたら、水を入れて煮込んでアクを取る。牛テールはアクが出やすいので、しっかり取るのがいいだろう。あとは、圧力鍋のふたをして1時間ほどじっくり煮込む。圧力鍋が終わったら、鍋に浮いた脂やアクを取っておこう。そして、牛テールは一度、皿に取り出しておく。

牛テールカレーの作り方

牛テールを煮込んだ鍋に、骨をはずした牛テールと、食べやすく切った野菜を入れてアクを取りながら煮込む。この時も野菜の固さに合わせて圧力鍋を使うのもいいだろう。最後にカレールーを入れて味を調えたら完成だ。隠し味としてケチャップやソース、はちみつなど好みの調味料やスパイスを加えてみるといいだろう。

2. 美味しい牛テールカレーが食べられる店2選

牛テールカレーを自宅で時間をかけて作るのもいいが、店に足を運んでこだわりの牛テールカレーを味わってみるのもおすすめだ。牛テールカレーが味わえる店を2選紹介しよう。

幸正(東京)

新橋駅から徒歩7分の場所にある幸正は、ミシュランガイドにも掲載された人気カレー店だ。名物のビーフカレーは、牛テールをじっくり煮込んだ牛テールスープを使っているのが特徴。さらに、醤油で甘じょっぱく味付けされた牛テール肉がトッピングされている。牛テール肉の旨みを余すことなく使ったカレーは、ほかではなかなか味わえないコクの合う味わいが楽しめるのだ。

串焼きホルモン みかん(大阪)

大阪市にある串焼きホルモンみかんでは、なにわ黒牛のホルモンを使った料理をさまざまな提供している。その中でも、隠れた人気メニューが、牛テールカレードリアだ。さまざまなホルモンを食べたあとの、〆として注文する人も多い一品で、じっくり煮込んだテールカレーは深いコクのある味わいが楽しめると人気がある。

3. レトルトもおすすめ!牛テールカレー2選

より手軽に牛テールカレーを楽しむのなら、レトルトがおすすめだ。温めるだけで自宅でじっくり煮込んだ絶品牛テールカレーが楽しめる。買い置きしておけば、食べたい時にすぐ食べられるのも魅力だろう。

牛テールカレー「ゴロット」

長崎豊味館が販売している牛テールカレーゴロットは、牛テールを骨付きのまままるごと使用しているのが特徴のレトルトカレーだ。牛テールにさまざまなスパイスを合わせた欧風カレーで、深い味わいが楽しめる。大きな牛テールが入っているので、湯煎時間が通常のレトルトカレーよりも長いが、それだけしっかりと牛テールの肉感が感じられる。

たむら屋「短角牛テールカレー」

焼肉たむら屋が販売する短角牛テールカレーは、周年放牧により育てられた短角牛の貴重なテールを使用しており、牛テールとともに三陸あわびだけが入っているのも特徴だ。このテールカレーはごはんだけではなくパスタとも相性がいいので、いろいろな食べ方が楽しめるだろう。

結論

牛テールカレーは、じっくり煮込むことで、牛テールのコクがカレーと合わさって絶品の味わいば楽しめる。牛テールカレーは自宅でコトコト煮込んで作るのもいいが、店に足を運んだり、レトルトで楽しむこともできる。牛テールは煮込むことで、肉質もホロホロになり、口に入れると、とろけるような食感になるのも特徴だ。ぜひ牛テールカレーを味わってみてはいかがだろうか?
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年12月16日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧