このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
生の豚肉のスライス

豚肉の臭いを消す5つの方法!食べてはいけない場合や原因を紹介

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2022年1月29日

炒め物や煮物などさまざまな料理で活躍する豚肉だが、臭いと感じた経験はないだろうか。そこで今回は、豚肉が臭い原因について解説していこう。また、豚肉のにおいを消す方法も合わせて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  

1. 豚肉が臭い原因は?

スライスされた生の豚肉
豚肉が臭い原因にはさまざまな要因がある。ここでは、豚肉が臭い原因について見ていこう。

性別や遺伝によるもの

獣臭い豚肉のほとんどがオスの豚である。大人になるにつれてにおいは増すが、去勢をすることでにおいを軽減できる。また、豚はイノシシを品種改良をして作られた動物だが、稀にイノシシの遺伝子を色濃く受け継ぐ固体も現れる。

餌の種類

豚が食べている餌の種類によって、性別に関わらず臭くなることもある。魚の成分が入った餌を食べて育った豚が、魚臭くなったケースもあるそうだ。

保存時の環境や期間

冷凍庫で長期間保存すると、冷凍庫のにおいが移って臭くなる場合がある。また、豚肉のにおいの種類には脂臭い「2-ノネナール」と、腐ったチーズのようなにおいのする「3-メチルブタン酸」がある。(※1)(※2)

豚肉の劣化によるもの

豚肉が腐ると、酸っぱいにおいやアンモニア臭などがしてくる。このようなにおいがしてきたら、食べないようにしよう。

2. 豚肉の臭い消しは料理に合わせて

焼きスパイス入り生のチキンロール
ここでは、料理に合わせたにおい消しについて見ていこう。

使う材料を確認する

においがあるだけの豚肉なら腐っているわけではないので食べられるが、使う材料によってに臭みをとるようにするのがよいだろう。たとえばにんにくや生姜を入れた生姜焼きがおすすめだ。

3. 豚肉の臭いを消す5つの方法

まな板の上の生豚肉
ここでは、豚肉のにおいを消す方法を紹介しよう。

ドリップを取り除く

豚肉のにおいを軽減するなら、解凍時に出るドリップをキッチンペーパーで拭き取るのがおすすめだ。

乳製品に漬ける

豚肉のにおいを消すなら牛乳やヨーグルトなどに漬け込むのもおすすめだ。ボウルに豚肉を入れてスライスなら半日、ブロックなら1日漬ける。その後、よく洗い流しキッチンペーパーで水気をよく拭き取る。

香辛料やスパイスを使う

生姜やにんにく、カレーなどの香辛料やスパイスを使ってにおいを消すのもおすすめだ。

お酢に漬ける

豚肉のにおいを取るなら、ボウルにお酢を入れて漬けるのもよいだろう。また、お酢に漬けるとにおいが消えるだけでなく、お肉が柔らかくなるのでおすすめだ。

湯通しする

鍋にお湯を沸かして湯通しするのもおすすめだ。生姜やネギを一緒に入れてアクを取れば、より臭みが軽減される。

結論

豚肉は腐っていなくても獣臭いにおいがすることがある。獣臭い豚肉のほとんどが、もオスの豚である。また、魚などの成分が入った餌を食べて育った豚の肉が魚臭くなったケースもあるそうだ。しかし、乳製品に漬けたり、生姜やネギなどを使って調理したりすればにおいを軽減できる。この記事を読んで、豚肉を調理する際の参考にしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2022年1月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧