このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
なます

紅白なますに込められた意味とは?作り方や保存方法も解説!

投稿者:ライター 佐々木このみ(ささきこのみ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2022年1月 1日

紅白なますは、お正月のおせちに入る定番料理である。おせち料理には1つひとつに意味や願いが込められているが、紅白なますにはどのような意味があるのだろうか。本記事では、紅白なますをおせちに入れる意味を解説する。作り方や保存方法もあわせてチェックしよう。

  

1. 紅白なますをおせちに入れる意味とは

おせち
紅白なますとは、千切りにした大根と人参を調味酢で和えた料理である。どのような意味が込められた料理なのか見ていこう。

一家の幸福を願う縁起物

紅白なますには、一家の幸福や平和への願いが込められている。紅白なますを食べることで、幸せで平和な1年がもたらされるという縁起物なのだ。

紅白なますが表すものは?

紅白は、お祝いごとの象徴である。人参の赤色と大根の白色で、縁起をかつぐ紅白を表している。さらに、細く切られているのは水引を表現するためといわれる。大根と人参を千切りにした紅白なますは、紅白の水引に由来しているのである。

かつては肉や魚だった?

紅白なますは大根と人参で作られるが、かつては生肉や生魚などを刻んだものをなますと呼んでいた。なますの語源には諸説あるが、生(なま)と肉(しし)から「なましし」という名称になり、変化してなますとなったとする説が有力だ。紀元前、中国で食べられていた料理が由来とされる。
日本でも昔は生肉が用いられていたが、平安時代後期に魚と野菜で作られるように変化した。室町時代からは酢が用いられるようになり、やがて現在のように野菜と酢で作るなます(精進なます)へと発展したそうだ。紅白なますも、精進なますのひとつである。

2. 紅白なますの作り方

大根千切り
紅白なますは、大根と人参、自宅にある調味料で簡単に作れる料理だ。特別な食材を用意する必要がないため、気軽に作ってみてはいかがだろう。紅白なますの基本の作り方を紹介する。

大根と人参を千切りにする

大根と人参の皮を薄く剥き、それぞれ5~8cmほどの長さの千切りにする。大根は4mm幅、人参はやや細めの3mm幅ほどに切りそろえると見た目がよい。また、大根と人参の量の割合は、6:1を目安にするのがおすすめだ。

塩を和えて水気を切る

千切りにした大根と人参をボウルなどに入れ、塩を加えて和える。5~10分ほど置き、水気を絞る。

甘酢を作り、漬け込む

甘酢は酢と砂糖を3:2の割合で合わせ、塩を少々加えて作る。割合は目安のため、好みで調整しよう。大根と人参を甘酢に漬け、冷蔵庫に入れて1時間ほど置いたら完成だ。酢の種類としては米酢や穀物酢がよく合う。

3. 紅白なますはどれくらい日持ちする?

なます
紅白なますには酢が使用されているため日持ちしやすいといわれている。冷蔵庫での保存が最適で、冬季でも暖房の効いた部屋での室温保存はあまりおすすめできない。冷蔵庫に入れた紅白なますの保存期間の目安は、下記の通りである。
  • 一般的な紅白なます:5~7日程度
  • きゅうり入りの紅白なます:3日程度
  • 五目なます(煮付けた干し椎茸や油揚げ入り):1週間程度
使用する具材によっても保存期間は異なる。とくに、きゅうりのように水分の多い野菜を加えると、保存期間が短くなるため注意が必要だ。

冷凍すればもっと長持ち

紅白なますを長期保存したい場合は、冷凍庫に入れる方法がおすすめである。正しく冷凍保存すれば、1か月ほど日持ちさせることができる。おせち料理で余ったものを保存するだけでなく、お正月前に早めに作って保存しておくという方法もある。
小分けにした紅白なますを甘酢ごと冷凍用保存袋に入れて密閉し、冷凍庫で保存しよう。解凍方法は、食べる前日に冷蔵庫に移し自然解凍させればOKだ。
この記事もCheck!

結論

紅白なますは、人参の赤色と大根の白色で紅白の水引を表した縁起物である。おせち料理の1品として食べられており、一家の幸福や平和を願う意味が込められている。大根と人参を千切りにして甘酢で和えるというシンプルな料理のため、自宅でも作りやすい。塩を振った後にしっかりと水気を絞るのが、作る際のポイントだ。冷蔵保存または冷凍保存して、美味しく食べきろう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2022年1月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧