このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
黄金桃

甘くてジューシー「黄金桃」とは?黄桃や白桃との違いも確認!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2022年2月21日

知る人ぞ知る「黄金桃」という桃の品種をご存じだろうか。名前からしてとても美味しそうなのだが、知っている人は意外と少ない。今回は、黄金桃について多くの人に知ってもらうために、特徴や魅力について紹介していく。まだ食べたことがない人は、ぜひ一度味わってみてほしい。

  

1. 黄金桃とはどんな桃?

黄金桃
黄金桃の読み方は(おうごんとう)と読み、英語でgolden peach(ゴールデンピーチ)とも呼ばれている。まず、黄金桃とはどのような桃なのか、その味わいや特徴を見てこう。

マンゴーの香り!黄金色の甘い桃

黄金桃とはその名の通り皮から果肉まで黄色く、そのキラキラとした美しさは、まさに黄金の輝きをもつ桃の品種。桃でありながら、マンゴーを思わせるトロピカルな香りが特徴だ。上質な甘みと酸味のバランスがよく、果汁が多くてジューシーな味わい。しっかりとした果肉だが柔らかく、噛みごたえのある食感と、とろけるような食感の両方を楽しむことができる。

黄桃だけど白桃から生まれた品種

桃は大きく分けて黄桃と、白桃の2種類があり、黄肉種と呼ばれる黄桃と白肉種と呼ばれる白桃のことをいう。黄金桃の発祥は白桃だが、黄桃の一種であるのをご存じだろうか。黄桃と聞くと缶詰やシロップ漬けをイメージする人も多いが、黄金桃も黄桃に分類される。

2. 黄金桃と白桃・黄桃の特徴の違いとは

黄桃と白桃
桃の種類は、上記で紹介したとおり大きく分けて2種類である。ここでは、黄金桃と白桃・黄桃の見た目や味、香りなどの違いを説明する。

黄金桃と白桃の違い

黄金桃と白桃の見た目は、白桃は皮・果肉とも白に淡いピンク色が加わり重さは250~300gであるのに対して、黄金桃は皮・果肉とも濃い黄色が特徴だ。重さは白桃と同じくらいの250~300gである。白桃の味はジューシーで食べやすく、なめらかな食感と甘さに対し、黄金桃は白桃に比べるとやや果肉がしっかりとした食感で、濃厚な甘さを持つ。白桃は、フレッシュな桃の香りがし、黄金桃はまるでマンゴーのようなトロピカルな香りがするので、ぜひ手に取って比べてみてほしい。

黄金桃と黄桃の違い

黄金桃は黄桃の仲間だが、ここでは缶詰などにも使われている黄桃と黄金桃の違いを比べていく。缶詰でおなじみの黄桃。その見た目は、艶やかなオレンジ色に近い黄色の果肉が特徴だ。大きさは品種によって変わるが、黄桃も黄金桃と白桃と同じく手のひらいっぱいに乗せられるくらいのサイズだ。黄桃の味は黄金桃より甘さは控えめで果汁も少なめ。黄金桃はなめらかな食感だが黄桃はぷりぷりとした果肉の食感が楽しめる。とても香りがよく、桃特有の香りは皮をむかなくても豊かに香ってくるのも魅力だ。

3. 黄金桃の旬や産地とは

黄金桃
黄金桃の収穫時期は産地にもよるが8月中旬~9月下旬頃であり、8月中旬~9月中旬頃が旬といわれている。白桃は7月頃から手に入る品種が多く、比べると少し遅い傾向があるので、先に白桃を楽しんだあとに、黄金桃を味わうのもおすすめだ。黄金桃の主な産地は長野県で栽培されている。桃の王様と呼ばれている川中島白桃(かわなかじまはくとう)から偶然生まれた品種がはじまりといわれているそうだ。

4. 黄金桃の選び方とは

黄金桃
ここでは、美味しい黄金桃の選び方と値段の目安を紹介していく。ほかにもスーパーや通販の値段の目安など、それぞれのポイントをおさえておこう。

黄金桃の選び方

桃の食べごろは、ずっしりと重く、ふっくらと丸みを帯びてきたものがおすすめとされているが黄金桃も同じだ。全体的にキレイな黄色にそまり、香りが強く果皮の張りとうぶ毛が果皮全体にしっかり生えているものが新鮮な黄金桃である証拠。桃は傷みやすい果物なのでなるべく新鮮なものを選ぼう。店頭などでチェックする場合、軽く押しただけでも傷がつきやすく、変色の原因にもなるため力加減には十分気をつけてほしい。

黄金桃の値段の目安

品種により差はあるが、店頭と通販どちらもあまり差はなく似たような価格帯で黄金桃の1玉の相場価格は1,000円前後。1kg箱に3~5玉入っており、だいたい3,000~5,000円程度のようだ。通常の桃だと、同じ1kg箱でも2,000~3,000円前後で購入できるので、黄金桃のほうが高価格で取引されていることも多い。理由としては、黄金桃をはじめとする黄桃が白桃よりスーパーや青果売り場で売られることは稀であるため、なかなか手に入りにくく希少価値の高い品種だからと考えられる。確実に入手したい場合は、通販で取り寄せると自宅まで届けてもらえるので店頭で探す手間が省けるだろう。

5. 黄金桃の美味しい食べ方とは

黄金桃
黄金桃は生食に適しているといわれており、そのまま生で食べるのがおすすめだ。美しい黄金色の甘酸っぱい果肉は、とてもジューシーであり濃厚な甘みと香り高い果汁がなんとも贅沢な一品。一口食べれば、とろけるような口どけで幸せを感じられることだろう。黄金桃は冷蔵庫で長時間冷やすと香りや風味が落ちてしまうので、食べる1~2時間前に冷蔵庫に入れておくのがポイント。皮から果肉までキレイな黄色が特徴な黄金桃は、生のままフルーツタルトのうえにのせたり、さまざまな料理のトッピング用として使ったりすると、お菓子やデザートの見栄えをより鮮やかにしてくれるだろう。

6. 黄金桃の栄養やカロリーとは

黄金桃
皮をむくだけで美味しく食べられる黄金桃。最後に桃に含まれる栄養素やカロリー、糖質を紹介しよう。桃には、ビタミンE、C、カリウム、ナイアシンなどの栄養成分や食物繊維も豊富に含まれている。水分を多く含む黄金桃や桃の主成分は甘さの素となっている果糖である。果糖と聞くと糖質やカロリーが高そうなイメージがあるが、桃(生)100gあたりの糖質は11.5g、カロリーは48 kcalとやや控えめ(※1)。しかし、控えめだからといって、食べすぎはNG。黄金桃や桃は口あたりがよく食べやすいが、食べ過ぎに気をつけて味わいたいフルーツといえる。

結論

今回は、黄金桃の特徴や魅力を紹介した。一般的な桃より、価格は高めだがこだわって栽培された贅沢な味わいは、やみつきになること間違いなし。自宅だけでなく、贈答用にも喜ばれる黄金桃。まだ食べたことがない人は、ぜひ一度味わってみてほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2022年2月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧